コンテンツ

ホーム

サイト紹介

はれのくに

鉄の旅岡山

の旅

遍路歩き旅

東海道歩き旅

海外旅行

伝統こけし

マイブログ

東海道

 

 天正181590)年8月1日江戸に入った徳川家康は、その後関ヶ原の合戦で勝利し、兵馬の権を握るとこの地に幕府を開き、直ちに伝馬制を制定し東海道の整備に着手した。

これは宿場ごとに公認の人馬を置き、それらを交代しながら引継ぎ、幕府の公用のための書状や荷物などを目的地まで円滑に運ぶための制度であった

 

更に全国を結ぶ道路網にも力を入れ、着々と整備を進めていった。

中でも「東海道、中山道、奥州道、甲州道、日光道」の所謂五街道は重要と位置づけ、幕府道中奉行による直轄管理としたが、それらの整備には20年以上を要したと言われている。

 

10010123.JPG

10010121.JPG

10010122.JPG

 

10010124.JPG

10010125.JPG

10010126.JPG

 

10010127.JPG

10010128.JPG

10010129.JPG

 

10010132.JPG

10010130.JPG

10010131.JPG

 

10010133.JPG

10010134.JPG

10010135.JPG

 

成立当初これらの道は、各地に関所を設け、川に橋を架けることを禁じ、あえて道を曲げたりするなど、軍事上の道路としての機能が最優先されていたそうだ。

やがて三代将軍家光の時代になって参勤交代が制度化され、大名などの行き来が始まると庶民の間でも各地の社寺への参拝、物見遊山などの旅が流行りだし、次第に通行量が増えていった。

 

それに伴って街道沿いには大名などが泊まる本陣・脇本陣、行先を示す道標、一里塚や松並木などが整備され、当初の定めで36疋とされた伝馬の数も大幅に増やされ、更に庶民も泊まれる旅籠や休憩のための茶店などが現れ、道は軍事目的から誰もが行き来できる公道として変貌していったと言う。

とはいえ、当時は庶民にとってまだまだ気軽に歩き回れると言うものでもなかったようだ。

 

10010101.JPG

10010106.JPG

10010107.JPG

 

10010109.JPG

10010102.JPG

10010110.JPG

 

10010112.JPG

10010108.JPG

10010111.JPG

 

10010103.JPG

10010104.JPG

10010113.JPG

 

10010105.JPG

10010114.JPG

10010115.JPG

 

江戸・日本橋から京・三条大橋までの間に、五十三の宿駅を定めた日本随一の幹線道路である近世「東海道」は兎にも角にもこうして整備されたのである。

 

 『大江戸の中央にして、かつて、諸方への行程ここより定。

京三条の橋までの道のり百二十四里二十四丁、駅宿五十三次、これを東海道と言う。』

(「新東海道五十三次」 井上ひさし 文芸春秋社 昭和51年)

 

 

お江戸日本橋

 

 「海端を通るゆえ海道と申す」として名付けられた東の道「東海道」の出発点は、当時町割りが始まりその中心に出来たばかりの「日本橋」であった。

江戸幕府は整備した五街道(東海道、中山道、奥州道、甲州道、日光道)の起点を全てここに定めている。

当然一里(およそ3.6Km)毎に設けられた「一里塚」の基準点もこの橋と定められた。

 

その当時から重要な水運の航路であった日本橋川と交差する地に、橋が架けられたのは慶長8年(1603年)のことだ。

江戸はまだ町割りが出来上がってすぐの頃ではあるが、川岸には高札場が有り、大層な繁昌を見せる魚河岸が有り、当時の町の中心であるばかりでなく、経済活動の中心的な場所でもあったらしい。

 

10010201.JPG

10010208.JPG

10010202.JPG

 

10010203.JPG

10010204.JPG

10010205.JPG

 

広重が描く有名な「東海道五十三次の内日本橋朝之景」には、朝焼けの空の下、丸く沿った太鼓橋のような木橋を渡る大名行列や、橋の袂の高札場、天秤棒に桶をぶら下げて担ぐ町民(魚屋)などの姿が描かれている。

当時この橋の西にはお城が聳え、東に江戸前の碧い海が広がり、北には浅草寺の大屋根が、南には遥か富士山を望むそんな景観が広がっていたと言う。

 

橋は有名な明暦の大火(1657年)で全焼するなど、幾度となく火災などで焼け落ち、そのたびに造り変えられている。

燃えやすい木造橋から石造りに代わるのは明治に入って間のないころで、現在の橋は明治444月に完成したものだ。

これは江戸から数えて19代目と言う。

 

10010207.JPG

10010209.JPG

10010210.JPG

 

10010212.JPG

10010206.JPG

10010501.JPG

 


 

日本国道路元標

 

 日本橋は当時とは比べ物にならないほど広げられ、今では地名としても残り日本の金融・経済や商業の中心的な場所として、その賑わいは400年前の江戸の開府以来変わることなく続いている。

川面には観光船などが行きかい、橋の上を覆う首都高速道路では車が犇めき合って騒がしい。陸の通りにも車が溢れ、慌ただしく行きかう人々の流れは速い。

 

橋の四隅は公園風に整備され、木や花が植えられ、数々のモニュメントが並び、重厚な瓦屋根の高札には橋の謂れや歴史などが刻まれている。

そんな中には魚市場発祥の碑や、江戸幕府最後の将軍・慶喜の筆による「にほんばし」と刻まれた橋柱などもある。

 

10010502.JPG

10010503.JPG

10010211.JPG

 

国の重要文化財に指定された優美な石造り二連のアーチを見せる橋、とりわけ麒麟や獅子が飾られた親柱を背に記念撮影する観光客らしき姿も多く、ここは東京観光のスポットでもあるらしい。

ふと道の中央に目をやれば、「日本国道路元標」と鋳込まれた50センチ四方の銅版が埋め込まれている。

昔の街道の一里塚もここが起点とされた。今も昔もこの地が、日本の中心であることに変わりはないようだ。

 

 

弥次・喜多の旅立ち

 

「お江戸日本橋 七つ立ち・・・♪」

昔の旅人は七つ立ち、今で言う午前4時ころ、まだ夜も明けやらぬ暗い中、小田原提灯に明かりを灯し、日本橋を渡り、ご府内を高輪の木戸(江戸の出入り口)に向け歩き始めたそうだ。

日の出に追いかけられるように歩き、日中日差しの厳しくなる時間帯には休み休み行き、そして日が暮れる前には宿に入っていたらしい。こうして一日10里の道のりを歩き、東海道なら1213日を標準として踏破したと言う。

現在の距離にして500キロ近い道のりには、山越えや川越えなどの難路もあり、毎日連続で40キロを歩き続けるわけではないだろうが、それにしても驚異的な脚力である。

 

10010301.JPG

10010302.JPG

10010303.JPG

 

 『神田の八丁堀に、独住の弥次郎兵へといふのふらくもの、食客の喜多八もろとも、朽木草鞋の足もと軽く、

(中略) はやくも高なはの町に来かゝり、』

『百銅地腹をきつて、往来の切手をもらひ、大屋へ古借をすましたかわり、お関所の手形をうけとり、(中略)

酒屋と米やのはらひをせず、だしぬけにしたればさぞやうらみん、』

(日本古典文学全集49 「東海道中膝栗毛」 昭和5012月 小学館)

 

 有名な「東海道中膝栗毛」の主人公、弥二さん喜多さんの旅立ちである。

意外にも七つ立ちとも、提灯を灯したとも、そんなことはどこにも書かれてはいないが、借金を踏み倒し旅立ったのは神田の八丁堀とあるから、日本橋を渡ったことは確かなようだ。

 

10010307.JPG

10010308.JPG

10010309.JPG

 

10010311.JPG

10010310.JPG

10010312.JPG

 

10010304.JPG

10010305.JPG

10010306.JPG

 

江戸っ子にとって高輪の木戸まではご府内で、これを潜るといよいよ東海道、旅の始まりと言う感覚であったようだ。

日本橋からここまではおよそ1里半、はやる気持ちを抑えゆっくり歩き始めても2時間とはかからない。

ここに着けば夜も明けるころである。提灯の明かりを消して、軽い朝飯でも食べながら、改めて草鞋の紐を結びなおし、木戸が開けられる明け六つ(凡そ現在の午前6時頃)を待ったのであろう。

 

 


 

| ホーム | 東海道歩き旅 | このページの先頭 |

 

(c)2010 Sudare-M, All Rights Reserved.

 

inserted by FC2 system