コンテンツ

ホーム

サイト紹介

はれのくに

鉄の旅岡山

の旅

遍路歩き旅

東海道歩き旅

海外旅行

伝統こけし

マイブログ

東京駅

 

 世界で最初の高速鉄道として東海道新幹線が華々しく開通したのは、東京オリンピックが始まる直前の昭和3910月1日のことであった。その後国内には順次新幹線網が整備され、半世紀余りの間に北海道から九州までが標準軌の鉄路で繋がり、随分と便利になり国内が狭くなったが、その中心に位置するのが「東京駅」である。

一日に3000本以上の列車が発着すると言う、日本有数の巨大ターミナルだ。

 

10020101.JPG

10020102.JPG

10020103.JPG

 

10020104.JPG

10020105.JPG

10020106.JPG

 

10020107.JPG

10020108.JPG

10020109.JPG

 

10020110.JPG

10020111.JPG

10020112.JPG

 

 そんな駅も鉄道の歴史から見れば若干出遅れて、東海道本線(新橋・神戸間)の開通から四半世紀を経て、上野と新橋間に鉄路が延伸されたことに伴い、皇居を見据える丸の内に駅舎がやっと作られている。

日本国を象徴する威信をかけた中央停車場として、赤レンガを積み上げた豪壮で華麗な佇まいを見せる洋風三階建て建築の「東京駅」が誕生したのは191412月のことだそうだ。

 

10020113.JPG

10020114.JPG

10020115.JPG

 

10020116.JPG

10020118.JPG

10020117.JPG

 

10020119.JPG

10020120.JPG

10020121.JPG

 

 威風堂々とした姿で旅人を迎え送り出し続けた駅舎も、先の大戦の東京空襲では焼夷弾を受け、多くが破壊され焼失したが、戦後にはいち早く復旧されたもののそれはかつての雄姿を再現するものではなかった。

そんな駅舎が近年、500億円(と言われている)の費用をかけ「赤レンガ駅舎」として現在地に復原され、新しい観光スポットとして注目を浴びている。

 

 

中央通りから新橋へ

 

 東京駅が現在の日本の交通網の起点なら、江戸時代の街道の起点は紛れもなく「日本橋」で有る。

橋の袂の交番前で、国道1号線の道路標識を確認し、旧東海道歩きの第一歩、中央通りを歩き始める。

とは言え1号線はその先の交差点で右に逸れてしまうので、そこからは国道15号線と呼ばれる幹線道を行くことになる。

 

 日本を代表する通りである。テレビや新聞・雑誌などでお目にかかる企業や銀行、商店、飲食店、老舗のデパートなどが軒ならぬ巨大なビルを並べていて、さしずめそのビルの谷間を歩くイメージだ。

そんな中、京橋に差し掛かると「警察博物館」と書かれた5階建てのビルが有った。警視庁の広報施設らしい。

 

10020201.JPG

10020202.JPG

10020203.JPG

 

10020204.JPG

10020205.JPG

10020206.JPG

 

その先で高速道路を潜ると、そこはもう日本一の繁華街・銀座の入口である。

ここにはかつて京橋で使われていた親柱が残されている。

その昔の銀座は四丁目までで、その後尾張町、竹川町、出雲町などが銀座と名を変え、現在では八丁目まであり、何時の頃か流行歌では、銀座九丁目は水の上などと唄っていた。

銀座は江戸時代徳川幕府を支えた銀貨幣鋳造の役所が置かれた場所で、その町名発祥の地碑が2丁目の路上に立っている。

 

とにかく人が多い。横切る道路が多い。信号が多い。気になる店も多い。

通りはスーツ姿のサラリーマンや制服姿のOLに交じり、観光客らしき姿も多いが、大きな塊で行動する一団は、爆買いでもするのか外国人が圧倒的に多い。

 

10020207.JPG

10020208.JPG

10020209.JPG

 

10020210.JPG

10020219.JPG

10020212.JPG

 

しかし一方で、観光バスなどで乗り付ける客への対応であろう、店の前で「大型車の駐停車はお断り」と書かれた紙を掲げる人が見受けられる。今日爆買いは多少収まったと言われているが、銀座通りの外れ7丁目から8丁目あたりの路上には、客を待つ大型の観光バスが何台も停まっていた。

 


 京橋、銀座を抜け、首都高速のガードを潜り、新橋に掛かる辺りで「銀座柳の碑」を見る。

西条八十作詞、中山晋平作曲の銀座を唄った名曲を今日に伝えている。

さすがにこのあたりまで来ると、通りに銀座の喧騒は無くなり、人の流れの雰囲気は今までのそれとは少し変わり、妙な落ち着きすら感じられる。

 

10020220.JPG

10020211.JPG

10020213.JPG

 

10020214.JPG

10020215.JPG

10020216.JPG

 

 『汽笛一声新橋を はや我が汽車は離れたり 愛宕の山に入り残る 月を旅路の友として』

こう歌いだす鉄道唱歌の第一集(東海道編)が発売されたのは明治335月のことであった。

その後評判の良いことに気を良くし、立て続けに第二集(山陽・九州編)、第三集(奥州・磐城遍)、第四集(北陸編)、第五集(関西・参宮・南海編)が売りに出されたと言う。

 

 当時の歌集の表題には「地理教育」と言う文字が書き込まれていて、小学生など低学年への地理や歴史を教える教育的な面もあったそうだ。これらは歌いやすいメロディと、その土地の名物、名所、歴史などを織り込んだ親しみやすい歌詞が受けたのか、ベストセラーとなり、亜流が出たりしながら、それでも今日まで歌い継がれている。

 

10020217.JPG

10020221.JPG

10020218.JPG

 

 新橋と横浜の間に鉄道が開通したのは明治5年の事である。

当時の新橋駅は、後に貨物駅となりその後廃止となった汐留駅に造られた。

木造石張りのモダンな駅舎が建てられたが、この辺りはまだ雨が降るとぬかるむような広大な空き地が広がっていたそうだ。

 


 

高輪の大木戸跡

 

 右手に「東京タワー」が見え隠れし始めている。

大門の交差点からは、芝増上寺であろうか、瓦屋根を被った山門らしき建物が窺えるが、行きかう車や、駐車中の配送車両などに隠されて良く見えない。

 

 その先で金杉橋を渡る。左手奥を流れる芝浦運河に通じる古川らしいが、殆ど高速道路が覆いかぶさっていて、陽が当たらないし、魚も住めないだろうなどと、川がかわいそうに思えてくる。

そんな川にも漁船や釣り船に交じって、提灯を吊るした屋形舟が舫われている。

東京には、今でもこうして江戸の町人のように屋形舟で川遊びをする風流が残っているのであろう。このあたりが日本橋からは丁度4キロ地点である。

 

10020301.JPG

10020302.JPG

10020303.JPG

 

10020304.JPG

10020305.JPG

10020306.JPG

 

田町の道路に面したビル前の植え込みの中に、西郷隆盛の孫の西郷吉之助の力強い揮毫である「江戸開城 西郷南洲 勝海舟 会見の地」の碑が立っている。

この地には旧薩摩藩の屋敷が有り、明治維新の前夜、江戸を火の海から守るため、江戸城の無血開城が話し合われた。

当時このあたりは海に面した砂浜に街道が沿っていたところで、江戸時代の海岸線が最後まで残された場所でもあると言う。

 

10020312.JPG

10020307.JPG

10020308.JPG

 

10020309.JPG

10020310.JPG

10020311.JPG

 

 その先に石垣と大木が茂る小公園のようなものが見えてきた。

道幅約六間に造られたもので、江戸の南の出入り口にあたる「高輪の大木戸跡」である。

木戸と言うのは、治安の維持や交通機能を目的に、街道の両側に石垣を築き、そこに門を構えた場所のことで、開けられるのは明け六つから暮れ六つの間(凡そ現在の午前6時頃から午後6時頃)で、夜間は閉めて通行止めにした。

旅立つ人を見送るのはここまでで、これを越えて進めばいよいよ江戸とはお別れとなる。

当時ここには立場(旅人の休憩施設が集まった場所)と言われ七軒の茶屋があり、水杯を交わす姿が見られたと言う。

 



 

| ホーム | 東海道歩き旅 | このページの先頭 |

 

(c)2010 Sudare-M, All Rights Reserved.

 

inserted by FC2 system