コンテンツ

ホーム

サイト紹介

はれのくに

鉄の旅岡山

の旅

遍路歩き旅

東海道歩き旅

海外旅行

伝統こけし

マイブログ

品川宿

 

 高輪の木戸を抜ければ、いよいよ江戸ともお別れで、その先には京への長い過酷な道のりが待っている。

忠臣蔵で知られる赤穂義士の墓のある泉岳寺を右手に見て遣り過ごし、さらに進めば品川の駅である。

近年新幹線の駅も出来、再開発の進む駅周辺には高層ビルが林立し一昔も二昔も前の記憶しかない身には、まるで別世界である。

 

10030101.JPG

10030102.JPG

10030103.JPG

 

10030105.JPG

10030104.JPG

10030004.JPG

 

10030003.JPG

10030002.JPG

10030001.JPG

 

 八ツ山橋を越え、山手線、東海道新幹線、京急線を越えれば、日本橋からはおよそ2里の品川宿である。

東海道の玄関口、最初の宿場として栄えた宿内には本陣1軒、脇本陣2軒、旅篭93軒、家屋1600軒、人口7000人の規模を誇り、飯盛り女も多く江戸中期には500人余りを抱えていた。

宿は八ツ山口が入り口で目黒川までの間が徒歩新宿・北品川宿、そこから青物横丁・鮫洲の辺りまでが南品川宿で、全長2.4キロにも及ぶ大宿場町であったそうだ。

 

10030106.JPG

10030107.JPG

10030108.JPG

 

10030109.JPG

10030110.JPG

10030111.JPG

 

10030112.JPG

10030113.JPG

10030114.JPG

 

 当時の人々は旅立つ人を見送るのも、江戸に入る人を出迎えるのもこの宿であった。

付近には桜の御殿山、モミジの海晏寺、品川神社や荏原神社、品川寺などの社寺も多く、江戸近郷の遊興地として、また出会いと別れの場としても相当な賑わいを見せていたと言う。

 

10030115.JPG

10030116.JPG

10030117.JPG

 

10030118.JPG

10030119.JPG

10030121.JPG

 

10030122.JPG

10030123.JPG

10030124.JPG

 

 今日の通りは宿内らしく電線が地中化されている。その道幅はほぼ当時とは変わらないそうだ。

ここには当時を彷彿させる古い建物は殆ど残されてはいないが、問答河岸跡の碑、幕末の歴史を刻む相模屋跡、本陣跡などが有り、サインも立てられ往時を偲ばせる松の木も何本か植えられている。

そんな街道筋にはビッチリと隙間もなく現代のお店が軒を連ね、人や車の行き来が多い活気あふれる商店街になっている。

 

 

泪橋(なみだばし)

 

 北品川宿を抜け、南品川宿との境を流れる目黒川に架かる品川橋を渡る。江戸時代には境橋と呼ばれていたそうだ。

当時このあたりで農民が自作の野菜や山菜などの青物を持ち寄って売り捌いていたのが青物横丁で、ここから更に鮫洲の商店街を進む。

その先で立合川が海にそそぐ河口近くに架かる浜川橋を渡る。今は何の変哲もない町中のごく普通の橋である。

 

 橋を渡れば左手には、しながわ区民公園があり、その向こうには大井競馬場だ。そこから右を見れば京浜本線の高架が、また車の往来の激しい第一京浜国道が並走しているのが見える。周りは大小のマンション、飲食店、商店、オフィスなどが混在する今では賑やかな活気ある道だ。

 

10030126.JPG

10030127.JPG

10030128.JPG

 

10030201.JPG

10030202.JPG

10030203.JPG

 

10030204.JPG

10030205.JPG

10030206.JPG

 

しかし江戸時代、この道では罪を犯し処刑される罪人が、身体を縛められ、裸馬に乗せられて府内からこの道を通り、この先に作られた刑場まで引き回されていた。

そんな罪人を家族や知人が手を差し伸べるすべもなく密かに後に続き見送ったのがこの道だ。しかしそんな見送りも許されるのはこの橋までで、ここでは誰もが永久の別れに涙を流したと言う。

そんなことからいつしかこの橋を「泪橋」(涙橋)と呼ぶようになった。

 


 

鈴ヶ森の刑場

 

 さらに進むと東海道品川宿の南入口近く、現在の国道15号線と合流するあたりに、木立が生い茂っている小さな森の中に鈴ヶ森・大経寺が見えてくる。

ここは「夜みち つつしむべき所也」と言われた、慶安四(1651)年に作られたお仕置き場・鈴ヶ森の刑場だ。

この寺はこの地で処刑された者を供養するために建てられたのだと言う。

 

当時はいかにも寂しい道で有ったようで、今では周りは鬱蒼としているわけでもなく、不気味な静寂に包まれているわけでもないのに、なぜか陰鬱な場所である。

国道の拡幅で当時の姿を留めないと言う敷地内には、墓標や供養碑、祠・石仏、石柱、首洗い井戸や供花台、「火炙台」や「磔台」に使われた石などが秩序無く、無造作に置かれていて、それがかえって不気味で、その説明を読めば背筋も寒くなる。

 

10030301.JPG

10030302.JPG

10030311.JPG

 

10030303.JPG

10030304.JPG

10030310.JPG

 

 お仕置き場、鈴ヶ森の刑場が人通りの多い街道沿いにつくられたのは、浪人などによる犯罪が増加傾向にあったことから、刑を見せしめにするためだと言う。ここでは明治に入り廃止されるまでのおよそ220年の間に、10万とも、20万人とも言われる処刑が行われたらしいが、現在これらを証明する記録は残されていないそうだ。

 

 由井正雪の乱で捕らえられた槍の達人丸橋忠弥は、この地で磔にされた最初の咎人で有った。

そのほかにも天一坊、白井権八、八百屋お七など、映画や歌、芝居などで馴染みの者が処刑されている。

中でも哀れを誘うのは、江戸本郷で加賀藩御用達をつとめる八百屋の箱入り娘・お七である。当時はまだ16歳であった。

 

10030305.JPG

10030307.JPG

10030308.JPG

 

10030309.JPG

10030306.JPG

10030312.JPG

 

お七一家は、天和の大火で焼け出された。身を寄せた寺でお七は美男の僧に出会い、一目ぼれしてしまう。

しばらくして家は再建され、戻ったものの「もう一度会いたい」と言う想いは募るばかりで、家が無くなれば寺に行けるのでは、とついには自宅に火をつけた。

 

 当時火付けはその結果の大小を問わず大罪で、捕らえられたお七は市中を引き回され、この地で火炙りの極刑に処せられたのである。悲嘆にくれる両親は表立った供養も出来ず、位牌と想い出の振袖を密かに隠していが、その後縁あって供養を託す上人と出会う。

岡山県久米南町にある誕生寺の第15世通誉上人である。

上人は寺に持ち帰り丁重に供養し代々伝え残したと言い、その振袖は今も同寺の宝物館で大切に保管されている。

 


 

第一京浜国道

 

 鈴ヶ森の刑場跡を見て、京急線の大森海岸駅の手前で国道15号線、所謂第一京浜国道に出てきた。

大森の海水浴場は、明治24年八幡海岸に開設されたのが最初と言う。

当時の海岸線はこの国道近辺まで来ていたそうだから、明治34年に出来た京急の大森海岸駅(当時の駅名は違っていたようだが)は文字通り海岸に面した駅であった。

平和島の埋め立てが始まり、海岸線が後退した今ではこのあたりから海を見ることは出来なくなってしまった。

 

10030401.JPG

10030402.JPG

10030403.JPG

 

10030404.JPG

10030405.JPG

10030406.JPG

 

10030407.JPG

10030408.JPG

10030409.JPG

 

10030410.JPG

10030411.JPG

10030412.JPG

 

 旧東海道を拡張し京浜国道を建設する工事は、大正七年に始まった。

当時人家や商店が密集していた旧街道筋は拡張が困難で、新道はその西側に造られた。

平和島口でその新道を離れ、旧態のまま残された三原の通りに入ってきた。

 

旧字名の南原、中原、北原を総称し三原と言われる通りを、美称して美原と呼ぶようになった、ここは往時の街道の幅員が良く残された通りだと説明板に書かれている。

戦前には映画館、芝居小屋、寄席などが建ち並ぶ活気あふれる繁華街であったようだ。

今はそんな建物を通りで見かけることは無いが、代わりに江戸前の海苔を商うのであろうか、看板を掲げる店が目立つ。

 


 

六郷大橋

 

東海道が整備された折り、この六郷川には徳川家康により大橋が架けられた。

これは両国と千住に架けられた橋と共に、江戸の三大大橋と言われるほどの橋であったが、大洪水で流失してしまい、その後は橋を架けられることもなく、200年もの長きにわたって六郷の渡しと呼ばれる渡し舟の時代が続いたそうだ。

 

渡舟の渡しは当初は、江戸の町人が請け負っていた。

その後は何らかの事情で川崎宿が担当するようになり、その渡し賃は一人十文で、そが宿場の財政の支えになっていたと言う。

新たな橋が架けられたのは明治になってからであるが、しばらくは橋の渡り賃として一人五文を取る有料橋であった。

 

10030501.JPG

10030502.JPG

10030503.JPG

 

10030504.JPG

10030505.JPG

10030506.JPG

 

 広重の描く「川崎 六郷渡舟」には、遥かに富士山が描かれている。

全長443.7mの今橋の中ほどから振り返ってみたが、雲の多い日でもあり、ビルやマンションが見えるばかりで、どこにもその姿を見つけることが出来なかった。

そもそも現在でもこのあたりから富士が望めるのか・・・そこのところは良く解らない。

 

橋の袂には、「明治天皇渡御碑」が立っている。

維新を迎え初めての江戸入りとなったがこの時にはまだ橋がなく、沢山の小舟を並べその上に板を渡した浮き橋を作ってお渡りいただいたそうだ。それより前、将軍・吉宗に献上される象が長崎から来た折は、舟に乗せて渡したとも、同様浮き橋で渡したなどと諸説あるようだ。当時の渡し舟は、人なら30人ほど運べる舟が主流で、ほかにも牛馬を運ぶ船も用意されていたが、これで象が運べたのか興味深いところではある。

 



 

| ホーム | 東海道歩き旅 | このページの先頭 |

 

(c)2010 Sudare-M, All Rights Reserved.

 

inserted by FC2 system