コンテンツ

ホーム

サイト紹介

はれのくに

鉄の旅岡山

の旅

遍路歩き旅

東海道歩き旅

海外旅行

伝統こけし

マイブログ

川崎宿

 

 川崎は長十郎梨の発祥の地と言い、六郷川沿いには梨畑が続いていた。

江戸時代に始まり、明治に入るとより盛んになった梨栽培で、病害虫に強く甘い新種がこの地の大師河原村で生まれた。

発見者の屋号を取って「長十郎梨」と名付けられた梨は、瞬く間に全国に広がったと言う。

 

旧東海道はその六郷川を渡ると橋のたもとで右折し、町中を道なりに突き抜けていく。

当時は六郷橋のもう少し下流に渡し場があり、それを渡れば川崎大師の門前町として、また江戸に下る旅人には渡しを控え、江戸を七つ立ちし京に上る旅人にはおよそ4里の道のりを歩いた休憩の場所として大いに賑わったと言う。

 

10040101.JPG

10040102.JPG

10040103.JPG

 

10040104.JPG

10040105.JPG

10040106.JPG

 

10040107.JPG

10040108.JPG

10040109.JPG

 

 東海道二番目の宿・川崎は、本陣2軒、旅篭72軒、当時の宿内の人口2500人ほどの規模で、久根崎、新宿、砂子、小土呂の四町で構成されていたそうだ。

 

通りの所々に「旧東海道」と書かれた石柱や、田中本陣跡や中の本陣跡、問屋場跡を示す案内板が立てられているだけで、それを見落としてしまえばこれを旧道と知るすべはないほど古いものは何も残されていない。

飲食店や居酒屋、商店や事務所が並び、その隙間を埋めるようにマンションが幾つも建ち、人や車の行き来が多い通りで、これだけ繁華な町に発展しているのだから当然と言えば当然である。

 

10040110.JPG

10040111.JPG

10040112.JPG

 

10040113.JPG

10040114.JPG

10040115.JPG

 

通りの中ほどに平成25年に開館した「かわさき宿交流館」と言う看板を掲げた場所が有ったが、あいにくとこの日は休館日とかでガラス戸が固く閉じられていた。

ここはお休み所や休憩スペースを併設した、川崎宿の歴史を絵図や模型、映像などで今に伝える施設だと言う。

 

 

市場から鶴見へ

 

 宿場町当時のそんな地名だけが残る交差点を越え進むと、京急の八丁畷駅の手前に芭蕉の句碑が立っている。

かつて八丁畷は「両方 松並木道」と言われた街道であるが、今日その面影はどこにも見いだせない。

 

『麦の穂を たよりにつかむ 別れかな』

 

元禄七年五月に江戸を発ち、古里伊賀へ帰途の途中に川崎の茶店まで見送りに来た弟子とともに詠んだ句で、芭蕉はその年の十月に51歳の生涯を閉じているので本当の別れとなった、曰くの句である。

 

10040201.JPG

10040202.JPG

10040203.JPG

 

10040204.JPG

10040205.JPG

10040206.JPG

 

10040207.JPG

10040208.JPG

10040209.JPG

 

 京急の八丁畷駅前の踏切で線路を越え、鶴見の町中に入ってきた。

少し行くと日本橋から数え5番目の市場の一里塚跡があり、その奥に稲荷社が祭られている。

境内にある「いちばゝし」と彫られた石柱は、かつてこの先の川に掛けられていた市場橋の橋柱を記念に残したものだと言う。

 

10040210.JPG

10040211.JPG

10040212.JPG

 

10040214.JPG

10040213.JPG

10040215.JPG

 

10040216.JPG

10040217.JPG

10040219.JPG

 

10040218.JPG

10040221.JPG

10040220.JPG

 

 そこから300mほどで鶴見川を渡る。

橋を渡ると左の角に、「旧東海道旧鶴見橋」の石柱が建っている。かつてここには長さ二十六間の鶴見橋が架かっていた。

その横には「鶴見橋関門旧跡の碑」と書かれた石碑と説明板も建っている。

それによると横浜港の開港当初、浪人の侵入を畏れた神奈川奉行が警備のため、ここに街道幅と同じ四間(約7m)の黒渋で塗られた関門を設けた跡だと言う。

 


 

よねまんじゅう

 

 鶴見東口駅前通りでJRの駅を右に見て、その先で京急線のガードを潜ると京急鶴見駅の東口で、旧街道は暫くその前から線路と並走するように繁華街をすすむ。がここでは、そんな道を京急駅前で県道104号線に逃れ、近くに店を構える創業90年の「お菓子司・清月」に寄り道をしてみる。

 

10040301.JPG

10040302.JPG

10040303.JPG

 

10040304.JPG

10040305.JPG

10040306.JPG

 

 ここは間の宿として賑わった立場の有ったところで、ここの名物が「よねまんじゅう」である。

民謡『お江戸日本橋』の2番の歌詞で、「鶴と亀とのよねまんじゅう」とうたわれているほど知られていて、江戸初期には浅草門前の名物お菓子であったそうだ。江戸中期にはここ鶴見でも、軒を並べて何軒もの店で売られるようになった。

これが人気を博し「初旅のまず鶴見から喰いはじめ」と言われるなど、東海道での名物第一号とされ、現在は神奈川県の名産百選にも選ばれているそうだ。

 

 ごく薄い口溶けの良い羽二重餅で餡を包み、小さな俵型に丸め片栗粉を塗した和菓子で、一口二口で簡単に頂くことが出来る。

甘すぎず風味の良い、白あん、こしあん、うめあんの三種類が揃っている。

 

10040307.JPG

10040308.JPG

10040309.JPG

 

10040310.JPG

10040312.JPG

10040311.JPG

 

 再び旧道に戻り下野谷町で第一京浜国道15号線を横切るが、江戸日本橋を出て以来、付かず離れずの関係がここでも続いている。

少し旧道らしい雰囲気も感じられる通りに入ると、その先でJR鶴見線の高架を潜る。

右手高架下が国道駅だ。入口周辺には自転車が乱雑に置かれ、この雑然とした雰囲気は懐かし昭和の香りがプンプンとしている。

 

10040400.JPG

10040401.JPG

10040402.JPG

 

10040403.JPG

10040404.JPG

10040406.JPG

 

10040405.JPG

10040407.JPG

10040408.JPG

 


 

鶴見魚河岸通り

 

 生麦魚河岸通りに入ってきたが、何となく閉めている店が多いようにも感じられる。

ここは魚など魚介類を扱う店が犇めく通りで、すし屋や料理屋などプロが通う店が多いとされるが、一般の小売りもしてくれる

そんな店先を覗きながら歩を進め、中ほどにある稲荷社で休憩をしていると、近所の男性が近づいてきて、色々話しかけてきた。

 

10040501.JPG

10040502.JPG

10040503.JPG

 

10040504.JPG

10040505.JPG

10040506.JPG

 

 「この石が一番古い」と言って石仏の建つ台石を指さして、「まだ生麦村だから」と。

そこに記された名前を読みながら、「ここらあたりは同じ苗字ばかりだから、うっかり悪口も言えん」と言う。

見れば確かに同じ姓が並んでいる。

 

 「昔はすぐそこまで海で松並木も続いていて、漁師が多く魚を獲っていた」と言うので、「江戸前の魚で景気が良かったのでは」と水を向けると、「いや、貝ばっか・・・、だから佃煮屋が多かった。それ目当ての醤油やしょうがの店もあった」とか。

「それじゃあの魚屋は・・・」と聞くと、「元々はヤミ市だ」と言う。

 

 「旧道は雨が降るとぬかるんで、歩けたものではなく、そんな時大名が通ると植えてある麦を刈り取ってぬかるむ道に敷いた」のだそうだ。それが生麦の地名の起こりとも教えてくれた。

 

10040507.JPG

10040508.JPG

10040509.JPG

 

10040510.JPG

10040511.JPG

10040512.JPG

 

 魚河岸通りを後にして、さらに先に進み生麦ICに向かう広い通りを越えればキリンビールの横浜工場が見えてくる。

明治初年、米人・コプランドが横浜山手天沼の地で日本最初の麦酒醸造所を開設した。彼は技術者としては一流でも経営のセンスに劣り事業は長続きせず、その事業を承継したのがジャパン・ブルワリーで、これが後の麒麟麦酒である。

その後の紆余曲折を経て、この地に工場が出来るのは昭和元年のことで、それ以来の歴史を秘めたのがこの工場で、近年になってリニューアルされている。

 

周囲は横浜環状北線の工事で、延々と塀が続き、この近くにあったはずの「生麦事件の記念碑」が見つけられない。

ここは薩摩藩の行列を横切ったイギリス人三人が、藩士により殺傷された事件の現場である。

道はほどなく国道15号線に合流し、神奈川宿を目指すことになる。

 



 

| ホーム | 東海道歩き旅 | このページの先頭 |

 

(c)2010 Sudare-M, All Rights Reserved.

 

inserted by FC2 system