コンテンツ

ホーム

サイト紹介

はれのくに

鉄の旅岡山

の旅

遍路歩き旅

東海道歩き旅

海外旅行

伝統こけし

マイブログ

旧帷子橋跡

 

 かつては松並木が続いていたと言う松原商店街から国道16号線、通称八王子街道を越え右手に橘樹神社をみて帷子川を渡る。

この辺りが、保土ヶ谷宿の江戸側の見附が有った場所らしい。

その先で相鉄の天王町駅を避けるように迂回しながら高架の下をくぐり、一旦広い道に出ると、そこに小公園が有る。

戦後川の流域変更が行われ、鉄道の高架化などで消滅した川の跡がこの小公園だと言い、その橋の模型が残されている。

 

この街道に掛かっていた旧橋は、安藤広重の「保土ヶ谷宿」でも新町橋として描かれ、歌や俳句などにも詠まれ、保土ヶ谷の代表的な景観であったと言う。

 

10060101.JPG

10060103.JPG

10060102.JPG

 

10060104.JPG

10060105.JPG

10060106.JPG

 

10060107.JPG

10060109.JPG

10060108.JPG

 

10060111.JPG

10060112.JPG

10060201.JPG

 

 広い県道を暫く歩き、JRの保土ヶ谷駅前あたりで駅西口商店街の通に入ってきた。

何となく旧道の懐かしい雰囲気が感じられる通りである。

 

保土ヶ谷宿は日本橋から89丁(凡そ32キロ)の距離にあり、ここまで歩き続けて来たこと、この先には難所と言われる権太坂が控えている事などから、当時の旅人が少し早いが投宿したところとして賑わった。

ここには本陣1軒、脇本陣3軒、旅篭67軒が軒を連ねていたと言う。

 

 

保土ヶ谷宿

 

保土ヶ谷税務署の近くに助郷会所跡、問屋場跡、高札場跡の標柱が立っている。

問屋場とは公儀御用の書状や荷物、人足や馬の手配、大名の宿泊の世話などを担う、宿場の中では最も重要な施設のことで、主にその町の有力者がその任に当たったと言う。

また宿場で用意された人馬が足りない場合、所謂応援動員が助郷と言われるもので、それには周辺の村が指定されていた。

その対応を担うのが助郷会所で、江戸の中頃にはこれらは制度化されていた。

 

10060201.JPG

10060202.JPG

10060203.JPG

 

10060204.JPG

10060211.JPG

10060205.JPG

 

10060206.JPG

10060207.JPG

10060208.JPG

 

 税務署の先で交差する道が「かなざわかまくら道」で、通称「金沢横丁」と言われ、金沢・浦賀往還への出入り口にあたるところだ。

これらの道が、円海山、杉田、富岡などに至る枝道が有るため、その参拝や観光のためここに古い道標が四基立てられたているのだとか。

右から二番目が立てられた年代が1600年代と最も古く、そこには「かなさわ かまくら 道」の文字が、また左端のものが一番新しく1800年代の建立で「富岡山芋大明神の道」と刻まれている。中には句が刻まれていて、これは極めて珍しいものだそうだ。

 


 

程ケ谷宿 番所

 

 その横に「程ヶ谷宿 番所」と書かれた木札を掲げ、軒下に「宿場通り」の暖簾を下げる施設が有った。

ここは宿場を散策する人々の案内やトイレを提供する施設だそうで、ここには地元のボランティアが交代で数人詰めていて、その人たちの交流の場でもあるそうだ。思い思いにお菓子屋果物、お弁当を持ち込んで、終日話の花を咲かせるのだそうだ。

 

ここには宿場の記念スタンプや、案内のマップも用意されているが、通りから入り込んでいるせいか中々気付かれず、利用者が少ないのが悩みの種だと言う。

 

10060209.JPG

10060210.JPG

10060212.JPG

 

10060301.JPG

10060302.JPG

10060304.JPG

 

 再び旧街道に戻り、東海道本線の踏切を越えると、その先で国道1号線に突き当り、街道はここで直角に右に曲がる。

桝形と呼ばれるもので、敵の侵入に備えるためあえて鉤の手状に道を折り曲げたものだ。

こういった遺構は、注意してみていると結構気付くほど、いたるところに残されている。

 

そんな道路の向こうの角に保土ヶ谷本陣跡がある。

本陣は幕府の役人や身分の高い侍、公家などが泊まる宿泊施設で、その土地の最も有力な名主や庄屋が務めている。

門や座敷を構えたりする高い格式が許される半面、制約も多く、また施設の運営経費が嵩むなどして、決しておいしい役目でもなく、いわば名誉職のようなもので、この刈部家も代々小田原北条氏家臣の家柄だそうだ。

 

10060303.JPG

10060306.JPG

10060305.JPG

 

10060307.JPG

10060308.JPG

10060309.JPG

 

10060310.JPG

10060311.JPG

10060312.JPG

 

 本陣が混雑した際、その代役をなすのが脇本陣である。

この宿場には藤屋・水屋・大金子屋の三軒が控えていて、消防署のあるあたりが跡地らしいが何れも昔の建物は残ってはいない。

現在に残る旅篭・大金子屋の当時の雰囲気を残す建物は、明治初期に造られた家だそうだ。

 

 

街道の松並木

 

 左から今井川が接するあたりに、江戸から数えて8番目と言う、一里塚が築かれている。

文献によると当時の塚は、五間(約9m)四方もの大きさをし、遠くからも目立つ存在で有ったようだ。

 

その先には上方見附跡の石垣が有るが、何れも小さく復元されたものだ。

見附とは宿場の出入り口のことで、東が江戸見附、西が上方見附と呼ばれ、それに挟まれたところが宿内である。

見附は木戸ともよばれ、多くは竹矢来を廻らした門が築かれ、番所が置かれていた。

 

10060401.JPG

10060402.JPG

10060403.JPG

 

10060404.JPG

10060405.JPG

10060406.JPG

 

10060407.JPG

10060408.JPG

10060409.JPG

 

この通りには復元された松並木などもあり、そんな道が300mあまり続いている。

当時はこの辺りから国境の境木まで、3キロにも及ぶ松並木が続いていたと言う。

松並木は、旅人に取って夏は暑さ除けの日陰を提供し、冬は風雪除けとし、また道中の休憩場所として重宝されると同時に、道の土が流出しないようにする地固めであり、遠くからでも道の存在を示す導であり、実に多機能だけに官民挙げて保護に努めてきたと言う。


 



 

| ホーム | 東海道歩き旅 | このページの先頭 |

 

(c)2010 Sudare-M, All Rights Reserved.

 

inserted by FC2 system