コンテンツ

ホーム

サイト紹介

はれのくに

鉄の旅岡山

の旅

遍路歩き旅

東海道歩き旅

海外旅行

伝統こけし

マイブログ

権太坂

 

 神奈川宿の台町で最初の上り坂を経験した旅人には、保土ヶ谷宿を出ると本格的なさらに厳しい権太坂の登りが待っている。

台町の坂が20mほどの標高であったのに比べれば、ここは70m(国土地理院 標高が解るWeb地図)を越える高さまでのぼり、さらに焼餅坂、品濃坂などの上り下りを繰り返す。

 

 岩崎ガードの辺りで国道と別れ、樹源寺の豊かな緑を右に見て、しばらくは住宅やマンション、商店などが混在する町並をいく僅かな上り勾配道であるが、まだこのあたりではそれを実感することは無い。

元町ガードを越え100mほどで右折する道が権太坂の入り口である。見るからに急坂である。

 

10070101.JPG

10070102.JPG

10070103.JPG

 

10070104.JPG

10070105.JPG

10070106.JPG

 

その先の横浜横須賀道路を潜る辺りから道は急勾配にと転じていき、そんな坂の途中に「権太坂改修記念碑」がある。

近くに掲示されていた昭和初期の古い写真を見ると、道幅はざっと3m位であろうか、山裾をただ切り通しただけの未舗装の道がかなりの勾配で登っている。雨でも降れば相当な難路になったであろう、当時の旅人の苦労が偲ばれる一枚である。当時は一番坂、二番坂と言われる坂が連なっていたらしいが、それもかなり緩やかに改修され、その記念に建てられた碑には昭和30年と刻まれていた。

 

 その先に坂の名前の由来を書いた案内板が立てられていた。

それによると昔道端の老人に旅人が坂の名前を尋ねたところ、耳の遠い老人は自分の名前を聞かれたと思い「権太」と答えたと言う。

また名前の由来はもう一説あって、代官の命令でこの道を切り開く作業をした権左衛門と言う人の名を取って呼ばれていた坂の名前が何時しか「権太坂」に転じたと言うものだ。

「あなたはどちらの説を信じますか?」と地元の小学生は問いかけている。

 

10070107.JPG

10070108.JPG

10070109.JPG

 

10070110.JPG

10070111.JPG

10070112.JPG

 

 団地や住宅の立ち並ぶ道の坂を登っていると、突然左側の眺望が開け、市中心部の高層ビル群が見えてきた。

晴れていればここから、富士山を望むことが出来るそうだが、あいにくと今日は無理なようだ。

坂の途中に学校が有ったが、そこの女子高生であろうか、スカートの短い裾をヒラヒラさせながら、この急坂をいとも軽やかな足取りで朗らかな話し声を残し瞬く間に追い抜いて行った。

 

 かなり登って来た。

元町ガードを越えた辺りが標高20mほどで、横横道路を越えた県立高校の辺りが50mほどとなるが、この間距離にすると500mほどであるからこの登りは結構きつい。

この先道は更に72mまで上るが、その境木小学校前までは、距離にして1キロ程だから、勾配は随分と緩くなる。

ここまで来れば頂上まではあと少しの辛抱だ。

 

10070113.JPG

10070114.JPG

10070115.JPG

 

10070116.JPG

10070117.JPG

10070118.JPG

 

 

境木の地蔵尊

 

 境木中学校前のバス停で、その鉄筋の校舎に突き当り旧街道は右に曲がる。

ここを左に160mほど取れば、街道で行き倒れた人馬を葬ったと言う跡に、供養の投げ込み塚の碑が立っている。

旧街道の権太坂もここまで来ると上りもあと僅かで、ほぼ平坦に見える道を暫く進むと、その先の森の中に地元の信仰が厚いと言う地蔵尊が鎮座している。

ここのお地蔵さんは東海道が整備されて間もないころに祀られたと言い、そこにはこんな面白い伝説も残されている。

 

10070201.JPG

10070202.JPG

10070203.JPG

 

10070204.JPG

10070205.JPG

10070209.JPG

 

10070206.JPG

10070207.JPG

10070208.JPG

 

『昔鎌倉・腰越浜に打ち上げられたお地蔵さんが、地元の漁師の夢の中で「江戸に連れて行ってほしい。もし途中動かなくなったらそこに置いて行けばいい。」と頼んだのだそうだ。漁師たちはそんなお地蔵さんを牛車に乗せて運んだが、どう言う訳か、この地に差し掛かると動かなくなり、困り果てた漁師はこの地に置き去りにして帰ったそうだ。

 

 困ったのは境木の村人たちだ。どうするべきか悩んでいると、今度は村人の夢枕にたち、「粗末なものでいいからお堂を建ててくれ。」と懇願されたと言う。村人たちはお堂を造り、そこにお地蔵様をお祀りすると、夢のお告げの通り村にはお参りの人々が大勢押し掛けて、名物のボタ餅を売る店も出来るなど大層賑やかになったと言う。』

 


 

武蔵の国境

 

境木の地蔵尊は、権太坂の難儀な峠道を行き来する旅人に取っては、旅の無病息災、安全を祈願したところでもあるらしく、ここは昔の境木立場の跡である。立場と言うのは宿場と宿場の間に、馬子や人足などの休息のために設けられた場所で、ここにはたくさんの茶屋などが置かれていて、名物の「牡丹餅」や「焼餅」が供せられている。

昔から描かれてきた浮世絵にも、富士山を望む急坂に構える茶店で、しばし体を休める旅人の姿が幾つも描かれている。

そんな茶屋こそ今は無いが、現在の旅人に取っても格好の休憩場所になっている。

 

10070210.JPG

10070211.JPG

10070212.JPG

 

10070213.JPG

10070214.JPG

10070215.JPG

 

周囲は緑濃い森のようなところで、標高で言えば72mほどのサミットで、そこが武蔵の国と相模の国の境である。

かつてはここにはそれを示す木製の傍示杭(ぼうじぐい)立てられていた。国の境に木杭が建てられていたことがこの地の地名の謂れとなっている。今日では「武蔵国境の木」と書かれた角柱のモニュメントがその代役を務めている。

 

 当時からこの地は見晴らしの良い高台で、西を見れば富士山が、東を望めば東京湾の青い海が望め、その素晴らしい景観から旅人が必ず足を止める名所で有ったらしい。今では周りにマンションらしい鉄筋の建物が幾つも建てられていて、そんな視界を妨げていて、昔を偲ぶことは出来ない。

 

東海道最初の難所に向かう保土ヶ谷宿からここ境木まではおよそ一里といい、その半分ほどが権太坂の厳しい上り道で、更にここから戸塚宿までは、凡そ一里九町と言われる下りの坂道が続く。

峠の茶店では名物の「牡丹餅」や「焼餅」が売られていて、この先の下り道をいつのころからか「焼餅坂」(別名 牡丹餅坂)と呼ぶようになったそうだ。

 



 

| ホーム | 東海道歩き旅 | このページの先頭 |

 

(c)2010 Sudare-M, All Rights Reserved.

 

inserted by FC2 system