旅の思い出

ホーム

サイト紹介

はれのくに

国内の旅

旅岡山

遍路歩き旅

海外旅行

伝統こけし

マイブログ

バリの飼い犬

 

「バリの犬、金持ちのはデカイ。貧乏人のは・・・小さい」

到着の夜見た夥しい数の野良犬の話題を出すと、現地ガイドがこんな事を言った。

「あれは全部飼い犬、野良犬ではない。」「バリでは、どこの家でも犬を飼っているが、繋いでいるところは無い」と言う。

「牛は家畜だからエサを与え大きくして後で人間が食べるが、犬は食べないから大きくならなくても良い、だから犬にはエサは与えない」のだそうな。

 

bali311

307014.JPG

307013.jpg

 

エサをもらえない犬たちは、日がな一日エサを求めて町中を彷徨っているらしい。そして、夜になり寝る時だけは自分の飼い家に戻って寝るのだそうだ。しかし一日中彷徨っても、充分なエサに有り付けないと、ああして夜中でもエサを探し回っているのだと言う。だからバリの犬はエサが充分では無いので「小さい」、すなわち痩せていると言う事になるらしい。

 

確かに街中を彷徨っている犬たちを見ると小型か中型犬が多いようだ。もともと大きくは無いが、それ以上にどの犬も一様に、異様なぐらい痩せ細っている。そして、皮膚病でも罹っているのか、毛がまだらに抜けた犬も結構多いのだ。

ゴア・ガジャで見た子犬は可哀想なくらい毛が抜けていた。

 

307017.jpg

401032.JPG

403031.JPG

 

307042.JPG

307043.jpg

bali321

 

今朝ホテルのエントランスには、ポリスの制服を着た屈強な男の脇にラブラドールレトリーバが座っていた。

聞けば麻薬犬だという。任務中らしい。写真は「駄目だ」とポリスに、断られた。「触って良いか」と尋ねたら、「OK」と答えたので、前に回って体ごと抱え込んでやった。おとなしい犬は、されるがまま目を細めている。

毛並みもよく色艶も良い。何よりも栄養が行き渡っているのかふっくらとしている。

そう言えば、昨夜見たシェパードも黒く艶々と輝いていたように見えた。「金持ちのはデカイ」とはこのことだったのか。

 

 

バリの物売り

 

「鈴木さあ〜ン」「佐藤さ〜ン」突然の日本語で呼ぶ声に、思わず声のする方を振り返って見た。

そこには、店先で土産を売る男がこちらを向いて笑いかけている。バリに来て、観光客、取り分け日本人が良く立ち寄る観光地のみやげ物屋では、こうして比較的日本人に多いとされる“姓”を呼んで、客の気を引こうとすることも多いらしい。

振り返ると極めつけは、「社長さあ〜ン、これ買って!」と来る。

彼らは、“社長”と呼ばれ、悪い気がしない日本人の性癖を見抜いているのだ。

 

403014.JPG

404021.JPG

404022.JPG

 

307057.jpg

307056.jpg

 

立ち寄った観光地では、車を降りると現地の土産売りが纏わり着いて来る。「これ、全部で1,000円」と何本ものブレスレットや、何枚ものTシャツを差し出してくる。こうした観光地に来ると、どうやらお土産は、1,000円単位の纏め売りが多いらしい。

品物の品質はよく解らないが、値段は確かに安い。しかし、現地ガイドは「相手にするな」と言う。

一人でも相手にしようものなら、我も我もと取り巻かれ、終止が付かなくなるからだ。

 

600003.jpg

600008.jpg

600009.jpg

 

306077.JPG

306078.JPG

307078.JPG

 

ヒンドゥー遺跡ゴア・ガジャでは、なにやら大きな木彫りの置物を持った男たちが数人近寄ってきた。

黒っぽい黒檀のような彫り物で、多少興味を引かれた。

が、現地ガイドが全く意に介した様子もなく、先に行ってしまうので、ここは置いてきぼりを食ってもいけないと、横目で未練たらしく見遣りながら、足早にガイドに追いついた。

 

 

パサール・ウブド

 

サレン・アヴン宮殿前に広がるパサール・ウブド(ウブド市場)は、旅行者も気軽に立寄れる市場らしい。

当然日本人客も多いようだ。そのため、売り手も日本語の数字位は理解している人が殆どらしく、買い物で困る事はないと言う。

「この市場の商品には値札が付いていない。値段は交渉で安くなるから決して言い値で買ってはいけない」

それから、「偽物にも注意して」と車を降りる前、現地ガイドが買い物の指南をしてくれた。

 

307062.JPG

307063.JPG

307064.JPG

 

車やバイク、街を歩く観光客で賑わう通りを一歩入るとそこは市場だ。

狭い通路を挟んで両側には、極彩色の民芸品やら織物、帽子、籠から絵画、彫り物、ブランド品の時計やバック(本物かどうかは解らない)など、ありとあらゆる商品がびっしり積み上げられ、その狭い隙間を縫うように売り子や観光客が犇いている。

雨上がりの日差しに立ち昇る湿気と、人の多さとその息遣い、山のように積み上がった圧倒的な品数と商いの熱気が掛け合わされ、それが独特な市場の匂いと相まってむせ返るように通りが暑い。

 

307061.JPG

307011.JPG

307018.jpg

 

bali331

bali332

307033.JPG

 

307022.JPG

bali322

307053.JPG

 

市場で素敵な額に入った絵を見つけた。手にとって「いくら」と日本語で問うと、女は人差し指と中指を顔の前に立てて突き出した。

恐らく20万ルピアの意で有ろう。「高い!」呟いて手の商品を元に戻そうとすると、女はやおらポケットから電卓を取り出し、「18」と打ち込んでこちらに差し出した。私は品物を置いて、代わりに人差し指を一本だけ立てて女に向けた。

女は首をすくめて、「とんでもない」と言いたげに笑った。店を出ようとすると、女が何か言いながら、再び電卓をこちらに向けてきた。

そこには「15」と言う数字が打ち込まれていた。私はその電卓を手に取り、「13」と打って女に返した。

女は、電卓を見ながら現地の言葉でなにやら二言三言呟いた。私には意味の解らない言葉だった。

しかし最後の「OK」と言った言葉を聞き逃す事は無かった。

 

 

バリの買い物

 

こんなやり取りをしながらの買い物は、その物の値、品質とは関係なく大きな満足感が得られる。

こうして地元の人達と触れ合えるのならこれぐらいの買い物は安いものだ。

 

魅力的な小物や洋服、インテリア雑貨や置物、一寸した家具類、銀細工のアクセサリーや手書きの絵画など買い物が楽しい。

バリらしい装いで見る目さえも楽しませてくれる。そんな商品を求めて各地の有名店を尋ねたり、パサールを尋ねたり、行った先々のメインストリートに並ぶ、昔ながらのみやげ物屋サンを、散策がてらひやかして歩くのは良いものだ。

 

303004.JPG

303006.JPG

bali341

 

bali342

303007.jpg

303012.jpg

 

「この店は、値切っては駄目だ」「ここは纏めて買うとぐっと安くなるので、レジでは全員の物を纏めて出せ」とか。

「値札よりは安くなるから、交渉した方が良い」とか、買い物に寄る度に現地ガイドが、お店毎の特徴をこまめに教えてくれる。

 

バリでは商品の値札は、現地通貨であるルピアで表示されているが、中には米ドル表示する店も少なくない。

さすがに円表示の店を見かけることはない。支払いとなると、米ドルでもルピアでも日本円でも“OK”と言う店が多い。

例えば、ルピアで支払うと殆どの場合、合計した結果の小さな端数は切り捨て、まけてくれる。

 

304013.JPG

304014.JPG

bali345

 

304017.JPG

bali343

304006.JPG

 

304008.jpg

304005.JPG

304019.JPG

 

しかしホテル内のリゾート・ブテックではそうは行かない。商品は米ドル表示されているが、ルピアで支払う時は余り問題無い。

しかし、米ドルや円で支払うと、そのおつりはルピアとなる。このおつりが困りものだ。何せ小さな端数が出るから、当然おつりは小額の通貨で貰うこととなる。500ルピア以下の小額コインと成ると、スーパーマーケットにでも行って買い物をするなら別だが・・あまり使い道が無い。

 

bali346

bali347

306072.JPG

 

307072.JPG

307073.JPG

307076.jpg

 

インドネシアにはチップの習慣は無いとされているが、それでもホテルの枕銭やポーターやベルボーイには、5,00010,000ルピアが目安とされているから、彼らへのチップとして使うこともできない。

結局これらの小額コインは、使うことも、両替する事もなく記念に持ち帰る事になる。

 



 

| ホーム | 海外旅行 | このページの先頭 |

 

(c)2010 Sudare-M, All Rights Reserved.

 

inserted by FC2 system