旅の思い出

ホーム

サイト紹介

はれのくに

鉄の旅岡山

国内の旅

遍路歩き旅

海外旅行

伝統こけし

マイブログ

日本一の飾り山車

 

 「明日は、肘折に行く」と言うと、「随分と山奥ですよ、ビックリされるでしょうね」

昨日、鳴子温泉を訪ねこけし店に立ち寄った帰り際、工人と話をした時の事である。

 

 お昼過ぎ、新庄の駅に降り立った。初めての訪問で、見るものすべてが新鮮だ。

明るくてきれいな駅の構内だが、妙に多くの人出が有り思いのほか賑わっている。

観光案内所で聞けば、それもそのはず折しも町は「新庄まつり」が行われているのだと言う。

国の重要無形民俗文化財にも指定されている、山車が町中をパレードする「本祭り」が昨日済んだところらしく、今日はその「後祭り」が行われているのだと教えてくれた。

(近頃ユネスコの無形文化遺産の指定を受けた。)

 

102101.JPG

102102.JPG

102201.JPG

 

 今から260年余り前の事、凶作に苦しむ領民の志気を鼓舞しようと時の藩主が始めたとされる祭りは、町内の若連が1カ月余りをかけ精魂を込めて作り上げた山車を子供たちが引いて町を練りまわる。

山車の造作は歌舞伎の名場面や歴史上の古事を再現するなど様々で、夜には照明も入り幻想的な歴史絵巻を繰り広げると言う。

今日は、前日パレードを終えた各町内の山車が、中心市街に勢ぞろいし展示山車を見学できる日だ。

 

102311.JPG

102103.JPG

102104.JPG

 

102105.JPG

102106.JPG

102107.JPG

 

 

肘折の温泉街

 

 新庄駅前を出たバスは市街地を抜けると、しだいに山間の道に入り込んで行く。

国道458号を40分ほど走り、やがて肘折トンネルを抜けると車窓からは、遥かに名峰月山を望む山間に小さく開けた盆地に身を寄せるような集落を見下ろす事が出来る。

その集落に向け九十九折のかなり急勾配な道を下って行くと、その先に旅館20軒余りの肘折温泉がある。

 

102209.JPG

102321.JPG

102202.JPG

 

102203.JPG

102320.JPG

 

 バスが温泉街に入って来た。

狭い路地のような通りの両側には、旅館や土産物店が軒を付けあうように犇めいている。

店先には道路にまで迫り出してお土産が並べられ、更に店舗の上廂からはテントが飛び出しているので、通りは相当狭くなっているように見える。おまけに対向の乗用車も多い。「こんな狭いところ、このバスで行かれるの」と心配してしまうほどに道は狭い。

圧巻は旧郵便局前のクランクで、バスは慣れた巧みなハンドルさばきで切り抜け進んで行く。

素人のいらぬ心配を余所に、新庄からはおよそ1時間でバス待合所に到着した。

 

102205.JPG

102207.JPG

102206.JPG

 

102317.JPG

102318.JPG

 

今晩の宿は銅山川に架かる永代橋を渡り、川沿いに少し上った肘折ダムの下にある一軒宿だ。

「日本秘湯を守る会」の会員旅館「葉山館」で、大正2年に創業した木造4階建て温泉自慢の宿である。

ここの内湯は70度の源泉に、山の湧水で温度調整をするかけ流しの湯だ。

ナトリウム塩化物・炭酸水素塩泉は、入り始めは炭酸がピリピリと肌を刺激するが、ゆっくり湯に浸かれば温まり、湯ざめをしないのが特徴だと言う。

 

102313.JPG

102210.JPG

102314.JPG

 

 温泉街には、三つの共同浴場がある。その内の一つ「上の湯」は訪れたこの日は生憎の改装工事中だった。

しかし中の浴槽は大丈夫で入浴は可能だが、浴室には鍵がかけられているというので宿の女将に入口の鍵を借り訪ねてみる。

幸い広い浴槽に入浴客は一人もいず、たった一人の専用風呂だ。思いっきり手足を伸ばして、ゆっくり至福の湯を楽しむ事が出来た。

 

 温泉街では夜明けと共に、朝市が開かれる。

地元でとれた新鮮な山菜やキノコ、野菜や漬物など、旬の味覚が並ぶのはかつては湯治客が多かったことの名残らしい。

浴衣を着た泊まり客や湯治客などが、売り手のお母さんたちと賑やかに声を掛け合って、買い物を楽しんでいる風情に何か暖かいものを感じながら楽しむ事が出来る。

 

102211.JPG

102215.JPG

 

102212.JPG

102213.JPG

102214.JPG

 

肘折こけし

 

 温泉街の外れ、町を見下ろす小高い丘の上に肘折こけしの工人、鈴木征一さんの工房がある。

ここでは、こけしの絵付け体験も出来るらしい。

 

102301.JPG

102302.JPG

 

 胴のどっしりとした形は、鳴子系の血を引いている。

鳴子系と違うのは中央にくびれが無い事、その胴には重ね菊と言われる菊の模様が描かれる。

中にはくり抜かれた頭部に小豆を入れ、振るとカラカラ音がするものもあり、子供の手持ちおもちゃの名残らしい。

顔は優しく、赤い紅を差したおちょぼ口がなんとも愛らしい。

 

肘折温泉の歴史は古く、遥か9世紀ころには温泉が発見されていたと言う。

その昔には、月山への山岳信仰の登山口として大いに栄えた歴史もあったそうだ。

そのため登山者と、湯治場として湯治客が大勢集まった事から、その土産にとここでこけしが作り始められたらしい。

 

102306.JPG

 

写真は、奥山庫冶(左)・鈴木征一(右) 師弟の作品

 

 

 



 

| ホーム | 伝統こけし | このページの先頭 |

 

(c)2010 Sudare-M, All Rights Reserved.

 

inserted by FC2 system