旅の思い出

ホーム

サイト紹介

はれのくに

鉄の旅岡山

国内の旅

遍路歩き旅

海外旅行

伝統こけし

マイブログ

大噴湯の小安峡へ

 

 新庄で借りたレンタカーで国道13号線を50分ほど走ると、湯沢市に「道の駅おがち 小町の郷」がある。

平安の女流歌人小野小町の生誕地を名乗るこの町の施設で、市女笠をイメージした珍しい形の建物が建っている。

小町ゆかりの町を名乗るところは、全国に何か所も有るようだ。

 

JR湯沢駅の先で国道398号線に入り、川連から稲庭を経て小安峡を目指す。

途中の稲庭には有名な「稲庭うどん」がある。半透明の細い麺は、腰が強いのにつるりと滑りこんで行くような喉越しだ。

昆布・鰹節・シイタケでとるダシを、薄口醤油と味醂で味付けをした付け汁で頂くうどんは、お昼には勿体ない程に美味しい。

 

103101.JPG

103301.JPG

 

103104.JPG

103105.JPG

103312.JPG

 

 小安峡の見どころは、何と言っても「大噴湯」だ。

国道の駐車場から階段を60m程下って、河原の遊歩道を歩くとやがてその先に濛々と立ち上がる湯気が見えてくる。

渓谷の川底からも岩の裂け目からも、ボコボコ、ジューっと激しい音を立てながら、湯気が絶え間なく噴き出している。

近くによると凄まじい熱気と共に、吹きあがって冷やされた生ぬるい湯気が、容赦無くふりかかって来る。

白い湯気でたちまち辺りが見えなくなる、別名地獄釜と呼ばれるスポットだ。

 

103106.JPG

103311.JPG

103314.JPG

 

 

山間の秘湯・泥湯温泉

 

 小安峡から秋の宮温泉郷に向かう真新しい林道を暫く走ると、緑豊かな森が途切れいきなり白っぽい地肌がむき出しの地に出会う。

地の割れ目から幾筋ものけむりを上げ、辺り一面に硫黄のにおいを放つ異様な光景で、この湯けむりの正体は、硫化水素だ。

「危険」「立ち入り禁止」「やけど注意」などの看板がやたら多く、頑丈な柵でバリケードが築かれ人を寄せ付けないようにしている。

何年か前泊り客が雪の中に溜まった硫化水素ガスで、中毒死する痛ましい事故が起きその対応らしい。

 

 林道はその先で本線が枝分かれし、一本の狭い道が集落に入り込んでいく。

その先には低い屋並みの木造家屋が三四軒、チョコレート色に統一されたような家屋を連ねている。

狭い径を挟み込むように佇む集落は、何とも古めかしく大昔にタイムスリップしたようにみえる。

 

103201.JPG

103202.JPG

103203.JPG

 

103315.JPG

103204.JPG

103205.JPG

 

103206.JPG

103317.JPG

103325.JPG

 

ここは秘湯・泥湯温泉、僅かばかり開けた土地に、たった3件の宿が寄り添うように営業を続けている。

今日取った宿は「日本秘湯を守る会」の会員旅館・奥山旅館だ。

この温泉地の中では比較的設備の整った旅館らしく、雪深い真冬でも営業を続けるのもウリの一つらしい。

 

豊富な湯と、ゆったりできる混浴風呂が自慢の宿だ。宿の前の県道を隔てた別棟に混浴の露天風呂がある。

男女別々の入口を入るとその中に内風呂があり、その浴室の奥の扉を抜けると、高松川を望むように造られた混浴の浴槽がある。

余り濁りのない半透明と言った感じの単純硫黄泉で、そこには熱い源泉が惜しげもなく溢れていた。

 

103208.JPG

103318.JPG

103207.JPG

 

103210.JPG

103211.JPG

 

103321.JPG

103322.JPG

103323.JPG

 

宿の隣には、巨大な野天風呂が有る。

元々は混浴であったらしいが、今は中央で仕切って男女別々になっている。

昔病に苦しむ乙女が余りにも透き通る温泉の湯に入れず困っていると、ある日天狗が現れて米の磨ぎ汁のように白く濁らせてくれた。

乙女は喜んで毎日湯に浸かると、病は日に日に癒えていったと言う。これが泥湯温泉に伝わる天狗伝説で、その白濁した硫化水素臭が特徴的なお湯の大浴場は、日帰り客も含め多くの入浴客で賑わっていた。

 

103320.JPG

103209.JPG

 

 

川原毛地獄

 

103212.JPG

103324.JPG

103213.JPG

 

103338.JPG

103331.JPG

103337.JPG

 

103214.JPG

103335.JPG

103334.JPG

 

 宿から車で急坂を5分ほど登ったところに、日本三大霊山の一つ川原毛地獄がある。

白っぽい岩肌がごつごつと露出した地面には、草木が生えていない。所々地面が割れ黄色く成り、そこから白煙が上がっている。

地獄を思わす光景でこのように呼ばれるようになったらしい。昔ここでは硫黄の採掘も行われていたと言う。

 

103215.JPG

103216.JPG

103217.JPG

 

103218.JPG

103219.JPG

103220.JPG

 

103332.JPG

103333.JPG

103339.JPG

 

 

木地山系こけし

 

 川連は800年の歴史を誇る漆器の町、ここで作られる漆器は国の伝統的工芸品に指定されている。

良い漆器が作られると言う事は、この地に良い木地が有ると言う事に他ならない。

こんな地だからこそ、古くからこけしが作られるようになって行った。

国道398号線で湯沢から東南へ16Km、皆瀬川に沿って開けた川連の町や、泥湯温泉の近く秋の宮温泉に抜ける林道沿いの木地山にも、昔から木地師が住みつき今に残った工人が店を構えこけし作りの伝統を守り続けている。

 

103342.JPG

103340.JPG

103341.JPG

 

 木地山の特徴は、頭と胴が繋がった作り付けで、最も素朴と言われる形だ。

頭を黒く塗りつぶしたおかっぱ頭や、前髪が垂れた物、赤いリボン柄などが有り、その姿は幼子の面影を連想させる。

胴模様は井桁や縞模様の着物を着たもの、前掛けのようなものに梅を描いたもの花柄なども有り、これが大きな特徴になっている。

他の系統のこけし工人の多くが、胴の底に自身の名前・年齢・地名などを書き入れるが、この地では胴の裏側に書かれることも多い。

 

103302.JPG

103303.JPG

103304.JPG

 

写真は、阿部平四郎(左)・高橋雄司(中)・小椋久太郎(右)の作品

 

103305.JPG

103306.JPG

 

写真は、鈴木幸太郎(左)・小野寺正徳(右)の作品

 

 

 



 

| ホーム | 伝統こけし | このページの先頭 |

 

(c)2010 Sudare-M, All Rights Reserved.

 

inserted by FC2 system