旅の思い出

ホーム

サイト紹介

はれのくに

鉄の旅岡山

国内の旅

遍路歩き旅

海外旅行

伝統こけし

マイブログ

最上川の流れる町

 

 かつては舟運の河岸場として繁栄した町大石田には、現在の陸運の雄、新幹線の列車が停車する。

室町時代の頃から始まったとされる舟運は、江戸時代には最盛期を迎え、舟役所がおかれた程の華やかな歴史を秘めている。

 

人口は八千人余りと言うから、さほど大きな町では無い。

環境省の“かおり風景百選”に「大石田そばの里」が認定され、今ではそばの町として知られている。

町中には手打ちそばを売り物にする店も多く、観光案内所にはガイドマップも用意されている。

駅の構内にもそばやさんが有るので、列車の待ち時間でも気軽に大石田のそばを味わう事が出来る。

 

1040101.JPG

1040501.JPG

1040102.JPG

 

1040510.JPG

1040509.JPG

1040103.JPG

 

1040104.JPG

1040105.JPG

1040109.JPG

 

1040106.JPG

1040108.JPG

1040110.JPG

 

低い屋並みの町中を、東に向かい15分ほど歩くと、最上川に行き当たる。

何という名の山なのか、遠くに山並みを望む岸辺に立つと、川面を渡る風がなんとも心地良い。

川岸のみどりは何処までも濃く、その中を今も満々と水を湛え、悠々と流れる最上川は風格さえ感じられる。

その昔奥の細道行脚の芭蕉は曾良と共にこの地を訪ね、船宿・一栄亭に旅装を解いて有名な一句を残している。

 

「さみだれを あつめてすずし もがみ川」

 

1040107.JPG

1040511.jpg

 

 

雪とスイカと花笠のまち

 

 銀山温泉に向かうバスの便は、一日4本しかない。

1610分がその日の最終便で、これに乗り遅れると明日の10時までバスはやってこない。

 

 土地のお年寄り三人のグループと乗り合わせた。どうやら三人とも病院の帰りらしい。

訛りの強い言葉で、「どこに行くのか」と尋ねられたので「銀山温泉に行く」と答えると、「わしら、行ったことねぇなぁ」と互いの顔を見合いながら、欠けた歯を見せ大きな声で笑い合っていた。

珍しがって遠くから訪ねる人は多いが、案外地元の人はこんなものなのかも知れない。

 

1040202.JPG

1040508.JPG

 

 バスは5分ほどで「雪とスイカと花笠のまち」尾花沢の町に到着する。

ここは「花笠踊り」発祥の地として知られた町で、毎年8月には「花笠まつり」が行われている。

全国でも名うての豪雪地帯で、今では冬にやってくる厄介者の雪を逆手に取り、雪景色を売り物に「雪まつり」を開催し、観光にも力を入れているようだ。

 

 乗り合わせたお年寄りのグープが、一人また一人とバスを降りて行く。

バスを降りると振り返り、律儀にもバスが動き出すまでバス停で手を振って見送ってくれる。

やがて最後の一人もバスを降りると、乗客は我々のグループだけに成ってしまった。

生産量日本一と言われるスイカ畑を見ながら、バスは山の懐へと更に入り込んで行く。

 

1040201.JPG

1040203.JPG

 

 

大正浪漫、懐かしい昭和の香り

 

 大石田から40分余り、終点の銀山温泉に到着した。

周りに矢鱈と車庫が多いのは、温泉街の道は車の走行が出来ず、ここから先には入れないからだ。

銀山川のせせらぎに導かれ、緩やかな坂を少し下ると温泉街がある。

 

1040301.JPG

1040302.JPG

 

温泉街の入り口に架かる、しろがね橋を渡る。

石畳の歩道を少し歩いたその先の川沿いに、無料で使える足湯「和楽足湯(わらしゆ)」が有る。

そこから温泉街を振り返ると、緑濃い山肌をバックに銀山川を挟んでその両側に向かい合う木造の旅館群が見える。

ギッシリ軒を接して建ち並ぶ旅館の多くは、大正末期から昭和初期に建てられた洋風の木造多層造りの建物で、その独特の色合いと相まって、大屋根や庇が三層、四層に重なりあう姿や、木造りの窓や手すりの特異な景観が何とも趣のある風情を醸し、そこはかとなく懐かしさが漂ってくる。

 

1040304.JPG

1040305.JPG

1040306.JPG

 

1040308.JPG

 

川にはそんな旅館群を結ぶ多くの橋か架けられている。

道端にはノスタルジックなガス灯が建ち並び、懐かしい景観に一層の色どりを添えている。

そして温泉街に静かな夜の帳が下り始めるころ、宿の窓々に、道辺のガス灯に電燈が灯りだすと、そのオレンジの光で照らされた建物や町並みの雰囲気は一変する。

まさにこれを大正浪漫と言うのであろうか、格調高い建物群がロマンチックな暖か色の昭和の灯りに煌めきを放つ。

 

1040307.JPG

1040310.JPG

1040311.JPG

 

1040312.JPG

1040315.JPG

 

 16世紀に発見されたこの地の銀鉱山は、江戸時代には公儀山として幕府直営の代官所が置かれ、島根の石見、兵庫の生野とともに三大銀山の一つとして栄え、盛時には二万人を超える人夫がいたと言われている。

温泉街を通り抜けた一番奥に有る、国指定史跡の銀鉱山跡には、ハイキングコースも整備されている。

 

1040504.JPG

1040313.JPG

1040314.JPG

 

 

おしんこけし

 

 温泉街の一番奥に、鳴子系のこけし工人、伊豆護さんの「伊豆こけし店」が有る。

黒々としたおかっぱ頭、ぱっちりと見開いた目が愛らしい特徴的なこけしは、系統的には鳴子系であるが銀山こけしと言われている。

 

1040505.JPG

1040401.JPG

 

 昭和584月に始まったNHKの朝の連続テレビ小説「おしん」の中で、奉公に出されるおしんが、銀山温泉で働く母親から買ってもらったこけしがこの銀山こけしだ。ドラマはおしんの生涯を通じて、一本のこけしを心の支えとして描かれている。

今では、そんな生きざまに因んで赤ちゃんが生まれた時に、その体重・身長が同じ大きさの“おしんこけし(誕生こけし)”が造られる事も有ると言う。

 

1040403.JPG

1040516.JPG

1040517.JPG

 

1040404.JPG

1040405.JPG

1040406.JPG

 

写真は、いずれも伊豆護の作品。

 



 

| ホーム | 伝統こけし | このページの先頭 |

 

(c)2010 Sudare-M, All Rights Reserved.

 

inserted by FC2 system