旅の思い出

ホーム

サイト紹介

はれのくに

鉄の旅岡山

国内の旅

遍路歩き旅

海外旅行

統こけし

マイブログ

北山形駅

 

 冬の山形・秋田地方を旅する途中少し時間を工面して、手元の「伝統こけし工人手帳」(平成147月 宮城物産)を頼りに、訪ねて見たい工人があり仙山線(正式には奥羽本線)の北山形駅で列車を下りる。

ここは中々に面白い駅だ。

 

1060201.JPG

1060202.JPG

1060210.JPG

 

1060203.JPG

1060211.JPG

1060212.JPG

 

本来仙山線は一つ北隣の羽前千歳駅が終点だが、山形駅まで乗り入れているのでホームが用意されている。

一方元々の奥羽本線は、山形新幹線が走るようになると山形線の愛称で呼ばれることになるが、これは従来の線路とは幅の異なる標準軌であるため、駅のど真ん中をこれが貫いている。

さらに西側には、この駅を起点とする左沢線のホームが、Y字形に接するように有るが、この路線も山形駅まで乗り入れている。

結果狭軌の左沢線と仙山線が、標準軌の奥羽本線を挟み込む形で山形駅に伸びていて、それぞれが自前の線路を走行するのだ。

 

1060402.JPG

1060403.JPG

 

1060404.JPG

1060405.JPG

1060406.JPG

 

 

雪の中工人宅を探して

 

雪道とは言え15分も歩けば着けるだろうと、地図で大凡の検討を付け歩き始めたものの、市街地とは言え雪の積もった道は、所々凍っていたりして慣れない身にはなかなかに歩きにくい。

それでもようやくこの辺りと思われるところに辿り着いたが、何と辺りの道路が拡幅工事中で、いたるところが掘り起こされ、沿線の建物も立ち退きに成ったのか、少し奥まったところに真新しい家が、パラパラと何軒か建っているのみである。

 

 こんなわけだから、捜すお宅が見つからない。思い余って近くの「たばこや」のガラス戸を開け、尋ねてみた。

「あのぅ〜、この辺りに、こけしを作る・・・小林誠太郎さんのお宅は・・・」と言いかけた途端、火鉢を囲んで茶のみ話をしていたご婦人がたの視線が一斉に一番端のご婦人に向けられた。

 

1060204.JPG

1060205.JPG

1060206.JPG

 

1060214.JPG

1060213.JPG

1060215.JPG

 

 何と言う偶然か、工人の奥さまがその場に居られたのだ。来意を告げると、「誠太郎は死んだので、もう作っていない」と言う。

それでも、「いくらかは残っているから、見て行くか?」との誘いに、有難くお宅を訪ねることにした。

 

 自宅は、そのタバコ屋さんの二三軒先の真新しいものだった。

「寒いのに・・、こんな遠くまで・・物好きに・・」などと言いながら、熱いお茶を勧めてくれる。

「後を継ぐ者もいないので・・・」と言いながら、玄関脇に無造作に積まれていたみかん箱を二つほど持ち込んで、「これだけしか残っていないので、好きなだけ持っていけ」と、くるめた新聞紙をほどきこけしを床に並べてくれた。

 

 長い時間をかけ、何本かのこけしを選んだ。

「いくらでも良い」と言われ少し困ったが、大体の見当をつけ「これぐらいで・・・」とお金を差し出すと、「これも持っていけ」と最後まで迷っていた一本をおまけに付けてくれた。

 

 

山形系のこけし

 

 山形系のこけしは、他の多くが温泉地を中心に作られているのに対して、山形市を中心に米沢・天童・上ノ山などの主に市街地で作られているのが珍しい。この地方では、このこけしの事を”デクノボウ”と呼んでいたらしい。

その特徴は、作並系に似た頭部に輪飾りと放射状の線を描き、単純で細めの棒状の直胴の上下に轆轤線を入れ、そこには梅や桜や菊の模様が描かれている。胴は肩を丸め下方を絞った形のものもある。一般的に頭は差し込みで造られている。

 

1060506.JPG

1060507.JPG

1060508.JPG

 

1060305.JPG

1060505.JPG

1060306.JPG

 

写真は、小林誠太郎(左)の作品と直筆のはがき。

 

1060301.JPG

1060501.JPG

1060304.JPG

 

1060303.JPG

1060503.JPG

1060511.JPG

 

1060509.JPG

1060510.JPG

1060504.JPG

 

写真上段は、小林清次郎(左・中)、小林孝太郎(右) 中段は、大宮安光(左・中)、小林誠太郎(右)

下段は、阿部好(左・中)の作品。



 

| ホーム | 伝統こけし | このページの先頭 |

 

(c)2010 Sudare-M, All Rights Reserved.

 

inserted by FC2 system