旅の思い出

ホーム

サイト紹介

はれのくに

鉄の旅岡山

国内の旅

遍路歩き旅

海外旅行

統こけし

マイブログ

奥羽山脈越え

 

仙山線は東北地方最大の都市・仙台と、山形県の羽前千歳を結ぶ58.0Kmの路線である。

路線は山形まで乗り入れていて、羽前千歳からは山形新幹線と並走するように、北山形を経て山形まで運行されている。

両駅の近郊では通勤通学などを担う路線と言えるが、その中間では、日本の背骨でもある奥羽山脈を越える山岳路線でもある。

そんな仙山線ではあるが当初は、仙台〜作並間の仙山東線と、羽前千歳〜山寺間の仙山西線とに分かれ営業を開始した。

作並〜山寺の間はその間に横たわる奥羽山脈の県境区間を、面白山トンネル(5361m)で貫く工事の完成を待つ必要があり全通が遅れた経緯がある。

 

090101.JPG

090102.JPG

090103.JPG

 

090104.JPG

090105.JPG

090106.JPG

 

090107.JPG

090109.JPG

 

そのトンネルが完成し、仙山線が全通するのは8年後のことで有る。

しかし、この長大なトンネルの密閉された山道を蒸気機関車で行くには無理が有り、この間は当初から直流電化されたと言う。

その後この線では昭和28年に交流電化の試験が行われ、やがて全線交流電化の営業運転が始まり、それが今日の新幹線で使われる交流電源技術のルーツと成っていて、2014年には60周年の記念の年となっていた。

 

 

作並温泉と作並こけし

 

仙山線の作並駅は、仙台の奥座敷と言われる作並温泉の玄関駅である。

ホームには、仙山線の交流試験発祥の地の記念碑が有る。また平成20年には新しい駅舎が完成したと聞いている。

 

温泉は仙台市内を流れる広瀬川の上流域の渓谷沿いにあり、その発見は養老年間と言う。

古くは源頼朝が奥州不藤原氏征伐の折兵馬を休めたとか、歴代の仙台藩主が隠し湯としたなど歴史ある温泉だ。

この温泉地を中心に製造されるのが、作並系伝統こけしである。

 

090201.JPG

090202.JPG

090203.JPG

 

090205.JPG

1050200.jpg

 

三十数年ほど前、始めてこの作並温泉で一夜の宿を取った折り、温泉街の一角で作並系伝統こけしを製作販売する平賀謙次郎さんのお店に立ち寄った。

何本かのこけしを買って帰った覚えがあるが、今その店が温泉街のどの辺りに有ったのか、定かには思い出せないし、当時の数少ない写真もパソコンのトラブルで消失し何も残ってはおらず、もはや微かな記憶のみになっている。

作並系のこけし工人・平賀一族の工房は、江戸時代末期から始まり150年余り続いていると言う。

ここを訪れた当時は、五代目工人・平賀謙次郎の代で有ったが、現在ではその孫の八代目がその伝統を受け継いでいるらしい。

 

作並系のこけしは、頭に比べ胴はやや細い直胴で下部が少し細くなっている。

頭の頂には水引と言われる赤い模様が有り、胴の上下にロクロ線模様を入れ、その間に単純化した菊の花を描くのが特徴だ。

 

090211.JPG

090212.JPG

90213.JPG

 

090214.JPG

090216.JPG

090217.JPG

 

0902115.JPG

090218.JPG

090219.JPG

 

   写真は、いずれも平賀謙次郎の作品。

 

 



 

| ホーム | 伝統こけし | このページの先頭 |

 

(c)2010 Sudare-M, All Rights Reserved.

 

inserted by FC2 system