コンテンツ

ホーム

サイト紹介

はれのくに

鉄の旅岡山

の旅

遍路歩き旅

海外旅行

伝統こけし

マイブログ

土湯温泉

 

福島県の中通り地方、吾妻山の山懐に抱かれた土湯温泉は、福島市の西方16Kmほどのところ、福島駅前からなら路線バスで40分ほどの所に位置している。

周りを山々に囲まれ、町の中心を清流・荒川が流れ、その流れに沿って開けている落ち着いた風情のある、自然豊かな温泉地だ。

 

090101.JPG

090102.JPG

090103.JPG

 

090104.JPG

090105.JPG

090106.JPG

 

土湯温泉の歴史は古く、開湯伝説は遠く神代の昔まで遡る。

その言い伝えによると、陸奥の国に下る国作りの神(大国主命とも言われている)が、この地を流れる荒川の畔を手にしていた鉾で突いたところ、その先から熱いお湯が噴き出した。その「突き湯」が転じて「土湯」と呼ばれるようになったとか。

千年以上も前に遡る伝説の真意は別にして、この土湯の名称は「吾妻鏡」にも見られると言う。温泉は古くから修験者の生活の場として、又湯治場として栄え、江戸時代には会津街道の宿場町としても賑わったと伝えられている。

 

090107.JPG

090108.JPG

090109.JPG

 

090110.JPG

090111.JPG

090112.JPG

 

 土湯には70か所ほどの源泉が有ると言われている。

その中でも最大の源泉が温泉街から2キロほど離れた荒川の源流付近にあり、150度の温泉蒸気と熱水が噴き出ていて、それに吾妻山系の天然の湧水を加えた無色透明の単純温泉を各旅館に供給していると言う。

勿論自家源泉を持つ宿も多くあり、そのため炭酸水素塩泉や硫黄泉などが楽しめるのも土湯温泉の特徴の一つである。

 


三大生産地の一つ

 

そしてここは、「こけし」たちが旅人を優しく迎えてくれる、「土湯系伝統こけし」のふるさとでもある

土湯の温泉街を貫くように、阿武隈川水系の一級河川、荒川が流れている。その中心地、バス停の近くの川岸には、顔出しパネルと共に一際目を引く細長い建家が建っていて、中には巨大なこけしが収められている。

これは毎年4月に開かれるこけし祭りの30周年を記念して、工人が総がかりで作り上げたこけしだ。

材料はイタヤカエデで、その高さは3m、重さ500キロと言われる立派なもので、制作には12人の工人が加わったと書かれている。

 

090201.JPG

090202.JPG

090203.JPG

 

090204.JPG

090205.JPG

090206.jpg

また荒川を少し遡ると、市道に橋が架かっている。

荒川大橋と言い、その袂には巨大な4本のこけしが立っている。ここ土湯温泉は「土湯系こけし」のふるさとで、鳴子、遠刈田と並んで東北地方に伝わる伝統こけしの三大生産地の一つに数えられていて、それを象徴するのが、これらの巨大モニュメントである。

 

090207.JPG

090208.JPG

090209.JPG

 

090210.JPG

090211.JPG

090212.JPG

 

 土湯温泉を中心に発祥した「土湯系こけし」は、最盛期には30名近い工人が制作活動をしていたらしいが、今日では10名程度まで減っていて、しかも専業で製造にあたっているのはその内の3名だけだと言う。

一大生産地とは言え、昭和40年代の爆発的なブームが去った後は、市場が縮小し、製造も販売も思うに任せない状態にあるらしい。

こけし作りは修行に基づいて一子相伝的に技術の伝承が行われてきたが、ここに来てこの地もご多分に漏れず後継者難と言う深刻な問題も抱えているようだ。

 

 

上の町こけし通り

 

土湯温泉のバス停前に有る観光案内所と並んで、一風変わった名前のお店が建っている。

県内産のコンニャクイモで手作りに拘る「こんにゃく工房・金蒟館(きんこんかん)」だ。

土湯のNPO法人「土湯温泉観光まちづくり協議会」が立ち上げた施設で、こんにゃくのブランド化を目指している。

ここではお決まりの刺し身こんにゃく、千切りこんにゃくや珍しいこんにゃくアイスが人気を呼んでいるとか。

その近くにある写真館ギャラリーは、プロのカメラマンであり、こけし店の店主が営むカフェを併設したギャラリーで、沢山のこけしを展示販売する人気の店だ。

 

090301.JPG

090302.JPG

090303.JPG

 

090304.JPG

090305.JPG

090306.JPG

 

 温泉街には「土湯見聞録館」や「土湯伝承館」などの施設も有り、どこも無料で入館できる。

「土湯見聞録館」には、故・阿部荘作氏のコレクションなど、東北のこけしが約1000本も並べられていてその数に圧倒される。

「土湯伝承館」では、東北各地のこけし約800本を展示していて、ここには休憩スペースや工房も併設され、休日には制作の実演が行われる。

 

090307.JPG

090308.JPG

090309.JPG

 

090310.JPG

090311.JPG

090312.JPG

 

090313.JPG

090314.JPG

090315.JPG

 

荒川大橋を背に、温泉街から少し山際の石段を登ったところに土湯山興徳寺がある。

この境内に聖徳太子を祀る太子堂と、土湯こけし工人組合が主体となって昭和4911月に建立した薬師こけし堂があり、温泉の守り神である薬師如来と木地師の始祖・惟喬親王を合わせて祀っている。

赤い屋根の小さなお堂の中には、奉納された沢山のこけしが並べられている。

 

 興徳寺の石段を下りきったところに有るのが「上の町こけし通り」だ。余り広くは無い通りの街灯にはこけしの絵も飾られている。町並みには何軒も伝統こけしの看板を掲げた家が並んでいて、雰囲気は申し分ない。

しかし、どの家にもこけしが並べられたショーケースが有るわけでも無く、ガラス戸が固く閉ざされている。

 

090316.JPG

090317.JPG

090318.JPG

 

090319.JPG

090320.JPG

090321.JPG

 

 近頃では、店頭商いが出来るほど観光客の入り込みが期待できないので、お土産物屋さんとしては成り立たず、制作したものを直接他の販売店や土産物店に卸し、ネットなどで受注生産をする工人も多いと聞いたが、こういった工人のお宅なのだろうか。

元々この地は、地元の日帰り温泉客を増やそうとの戦術を長年取ってきたらしい。そのため温泉に来る観光客も県内や近隣からが多いと言う構造的な問題も有り、特産品などを土産として購入する事に繋がってこなかった。

 

 通りには、二代目・浅之助の看板を掲げた店も有る。

浅之助は明治の初めごろ、土湯でこけし作りを定着させた佐久間一族の一人である。

ここはその血縁の店であろうか。しかし店先を覗いても人気も無くひっそりとしている。

 

090401.JPG

090402.JPG

090403.JPG

 

090404.JPG

090405.JPG

090406.JPG

 


 

土湯系のこけし

 

090407.JPG

090408.JPG

090409.JPG

 

 温泉街に有る民芸品店「会津山根屋」は、こけし工人・渡辺忠雄さんのお店だ。

民芸品・おみやげ品に混じって土湯系のこけしが並べられている。

店先にはガラス張りの工房も有るので、運が良ければロクロ引きの作業風景が見学できるかもしれない。

 

090501.JPG

090502.jpg

090503.JPG

 

090504.JPG

090505.JPG

090506.JPG

 

090704.JPG

090705.JPG

090706.JPG

 

 荒川大橋の袂にある公衆浴場・中の湯の前にある「まつや物産店」は、こけし工人・阿部家五代目・阿部敏通さんのお店だ。

今は主に六代目の国敏さんがお店を切り盛りしているようだ。

訪れた日はその六代目が在宅で、店先で気さくにロクロ回しの実演を見せてくれた。

お母さんの入れてくれたお茶を共にしながら、こけしの話を熱く聞かせてくれた。

 

090601.JPG

090602.JPG

090603.JPG

 

090604.JPG

090605.JPG

090606.JPG

 

090607.JPG

090608.JPG

090609.JPG

 

090610.JPG

090611.JPG

090612.JPG

 

090613.jpg

090701.JPG

90702.JPG

 

 今から160年余り前、文政年間から受け継がれてきた「土湯系こけし」は、比較的頭が小さくて、円柱形の細めの胴は、上部と下部が少し絞られたエンタシス型が多い。

頭の模様は、墨で黒く蛇の目を描き前髪をたらし、その両側に赤い髪飾りを描くのが特徴だ。 

胴の模様はロクロ線の組み合わせが基本で、その色の組み合わせが美しい。

 

 ロクロで描く線模様には、返しロクロと言う技法が有り、単調になりやすい線模様にアクセントを付けている。

昔のロクロは足踏み式であるから、急に回転速度を変え、停止させ、或は反転させることで線模様が乱れ、水紋のような独特の線を描くことが出来た。今は殆どがモーター式のロクロで、一方向への回転だからこの線を描くには、特殊な技法がいるそうだ。

 

090707.JPG

090708.JPG

090709.JPG

 

090711.JPG

090712.JPG

 

写真は、上段 菊池幸太郎(左)、今泉源治(中)、佐藤久弥(右)

    下段 斎藤弘道(左)、陳野原和紀(中・右)

 



 

| ホーム | 伝統こけし | このページの先頭 |

 

(c)2010 Sudare-M, All Rights Reserved.

 

inserted by FC2 system