コンテンツ

ホーム

サイト紹介

はれのくに

鉄の旅岡山

の旅

遍路歩き旅

海外旅行

伝統こけし

マイブログ

立佞武多

 

110101.JPG

110102.JPG

110103.JPG

 

五所川原の駅前から真っ直ぐに延びる道を5分ほど歩くと、巨大なガラス張りのモダンな建物に行き当たる。

有名な五所川原の伝統行事を紹介する“立佞武多の館”だ。

立佞武多祭りは毎年8月の初めに開催されるお祭りで、その時に町中を引きまわされるのがこの館に展示されている“立佞武多”だ。

高さは約22メートル、幅6メートル、重さ何と18トンと言われる巨大な山車である。

この山車が通る駅前の通は、電線が地中化されて、広々としている。

 

110104.JPG

110105.JPG

110106.JPG

 

110107.JPG

110108.JPG

110109.JPG

 

 館内に入ると、その巨大な空間に先ず驚かされる。

1階から4階までぶち抜いたスペースに、色も鮮やかな“立佞武多“が三台展示されている。

山車はそれぞれテーマが有って、それに因む人物や動物などが表現されている。

館内のエレベータで4階まで上ると、展示空間を取り巻くように作られたスロープがあり、それを歩けば同じ目線の高さで“立佞武多”を見ながら1階まで降りる事が出来る。

 

110111.JPG

110112.JPG

110113.JPG

 

110114.JPG

110115.JPG

110116.JPG

 

 以前は木や竹で骨組みを作りそれに紙を貼り、色付けをし、ろうそくで明かりをともしていて、祭りが終わると解体し燃やしてしまう時期も有ったようだが、最近は鉄骨でベースに成る部分を作り、各部分はそれぞれパーツ化して制作、それを組み上げて行くなど作り方にも変遷が有るようだ。明かりも電灯が使われる事が多いらしい。

 

110121.JPG

110122.JPG

110123.JPG

 

110124.JPG

110125.JPG

110126.JPG

 

110127.JPG

110128.JPG

110129.JPG

 

 

津軽系こけし

 

 津軽系伝統こけしは、青森県の南津軽地方の温湯温泉と大鰐温泉を中心に発達したものであるが、残念ながら未だに当地を訪れる機会はないままである。

 

 温湯温泉を調べてみると、県中部の黒石市にあり、車なら弘前から30分、青森なら50分ほどの距離にある。

開湯は今から400年余り前の江戸初期の頃一羽の鶴が傷をいやしたことに始まり、当地にはそれに因んだ共同浴場「鶴の湯」がある。

また大鰐温泉は、温湯からさらに南に下った奥羽本線沿線の大鰐町にある。

歴史は古く開湯から800年以上を数え、江戸時代には津軽藩の湯治場として賑わいを見せたと言う。

 

 津軽系のこけしの歴史はそれほど古くはなく、大正時代の初期、当地に住み着いた木地師によると伝えられている。

頭は丸か面長で多くはおかっぱ頭だ。胴は直胴やくびれ、裾広がりなど様々な形がある。

胴模様はボタンや達磨の顔やろくろ線が描かれるが、土地柄ねぷた模様やアイヌ模様が描かれることもあると言う。

 

110201.JPG

110202.JPG

110203.JPG

 

110204.JPG

110205.JPG

110206.JPG

 

110211.JPG

110212.JPG

110213.JPG

 

   写真は、上段・中段 阿保六知秀、下段 本間直子の作品

 



 

| ホーム | 伝統こけし | このページの先頭 |

 

(c)2010 Sudare-M, All Rights Reserved.

 

inserted by FC2 system