コンテンツ

ホーム

サイト紹介

はれのくに

鉄の旅岡山

の旅

遍路歩き旅

海外旅行

伝統こけし

マイブログ

わんこそば

 

盛岡は、「三大麺」と言われる麺料理が知られている土地柄だ。

盛岡じゃじゃ麺は、平麺に特製の肉味噌とネギやキュウリを加え、好みに合わせてニンニクやショウガ、ラー油をかけて食べるもので、主に盛岡を中心に岩手県内で食べられている郷土料理と言う。

盛岡冷麺は、所謂ラーメンの冷スープ版で、辛味の調整に大根キムチを使い、口直しには季節の果物が添えられるらしく、これは主に焼き肉屋さんのメニューだとか。

わんこそばは、一口大のそばをお客のお椀に次々と入れ、満腹に成り、お客がお椀の蓋をするまで入れ続けると言う、この地方に伝わるお腹いっぱい食べてもらおうとするおもてなしの郷土料理である。

 

120101.JPG

120102.JPG

120103.JPG

 

120104.JPG

120105.JPG

120106.JPG

 

 駅中の観光案内所で、「40数年前に来た時には、与の字橋のたもとの“わんこや”と言う店で食べた記憶が有る」と話すと「その店はもうなくなった」と言うので、駅前ビルの二階ある店を紹介してもらった。

市内に店を構える有名店の支店らしく、和風のいかにもお蕎麦屋さん風の玄関を入ると、広い座敷があり、テーブルに赤い座布団がそれらしい雰囲気を醸し出していた。

 

120108.JPG

120109.JPG

120107.JPG

 

お椀をかさねるわんこそばは、初めにお刺身や鶏そぼろ、なめこおろしなどの薬味が運ばれてくる。

赤い前掛けをしたお姉さんが、大きなお盆にわんこそばを満載し、側に立てばスタートだ。

一杯食べたら空のお椀を差し出すと、「ハイ、ジャンジャン」と軽妙な掛け声と共に、お椀の中にそばを投げ入れてくれる。

それを間髪入れずにまた「ズルズル」と喉に流し込む。空に成ったお椀を差し出す。そばが投げ込まれる・・この繰り返しである。

 

120110.JPG

120111.JPG

120112.JPG

 

120113.JPG

120114.JPG

120115.JPG

 

 空になったお椀を、目の前に積み重ねるので瞬く間にお椀の山が幾つも出来ていく。今どれほど食べたかが一目瞭然だ。

50杯位までは苦も無く啜り込む事が出来たが、次第にそのペースは落ちて来る。一息付こうにも空いた途端にすかさず投げ込まれるので、休むことも出来ない。椀に満たされたら、残さずすすり込まなければならない。それがルールだ。

 

120116.JPG

120117.JPG

120118.JPG

 

救いはお姉さんの持っている大きなお盆にそば椀が無くなった時だ。厨房へ新たなそばを取りに行く、その僅かな時間でほっと一息つく事が出来る。始めの内は気にはならないのだが、椀を重ねてくると一杯のそばの量まで気にかかりだす。少なければ「よしよし・・・」と、まれに「何これ!」と言うほど沢山のこともあり、こんな時は一口では啜りこめない。

椀のそばの量は一様ではなさそうだ。

 

120119.JPG

120120.JPG

120121.JPG

 

沢山食べるにはコツがあって、そばは噛まずすすり込むこと、つゆは飲まないこと、適度に薬味を添えて気分を変えること、それに余り空きっ腹で挑戦しないことだそうだ。

100杯以上食べればオリジナルの“証明手形”が貰えるのでそれぐらいは・・・と意気込んで見たが、あえなく80杯でギブアップ。

 

 

南部系こけし

 

 南部系のこけしは、岩手県の盛岡周辺や花巻温泉郷を中心に造られている。

旧南部藩(現岩手県と秋田県の一部)と言われる地域には、元々秀衡塗に代表される木地業が室町時代以降栄えてきた歴史が背景にあり、昔から描彩のない「キナキナ」と呼ばれる子供用のおしゃぶりおもちゃが造られていて、それがこけしに転化し発展を遂げたとされている。

 

 そのため形の面白さや素材の美しさを強調した描彩のない物や、頭がくらくらと動く緩いはめ込み式のものが多いが、胴に重ね菊や菱菊などが描彩されたものもあり多彩だ。

南部系確立に働いた中心的な工人が花巻温泉郷に多いことなどから、花巻系と呼ばれ分類されることもあるようだ。

 

120207.JPG

120208.JPG

120209.JPG

 

120201.JPG

120202.JPG

120203.JPG

 

120211.JPG

120212.JPG

120213.JPG

 

写真は、上段 煤孫盛造、 中段 佐藤忠雄、 下段 斎藤斉の各作品 

 



 

| ホーム | 伝統こけし | このページの先頭 |

 

(c)2010 Sudare-M, All Rights Reserved.

 

inserted by FC2 system