コンテンツ

ホーム

サイト紹介

はれのくに

の旅

遍路歩き旅

海外旅行

伝統こけし

マイブログ

らかべが 川面に映える モダンな町

 

■倉敷美観地区

 

 江戸は寛永年間、幕府の直轄地である天領となった倉敷は、その町中を流れる倉敷川の水路を利用した、物資の一大集積地として発展し、川沿いには、米穀問屋、綿花問屋、砂糖問屋、肥料問屋などの倉庫が建設された。

 

 このため、倉敷川周辺には、多くの人々が集められた。

水路、船を操る船頭、荷降ろしをする人びと、その荷を陸路大八車で運ぶ人びと、それらの人々を目当てに、食事や宿を提供する人びとなどで大そう賑わったと言われている。

そんな当時から、明治、大正、昭和の初期にかけての建物群が、その頃の面影を色濃く残し、町並みを形成したまま残っている倉敷美観地区は、柳の並木や色濃い緑の優しい、心和むところでもある。

 

50254.JPG

50214.JPG

50213.JPG

 

 倉敷紡績二代目社長大原孫三郎が別邸内に開館した大原美術館は、我が国初の西洋美術館で、そのデザインはローマの建築様式を取り入れており、薬師寺主計が設計した。

支援をしていた友人の洋画家児島虎次郎が、西洋名画の購入を願い出て、ヨーロッパにおいて収集した約100点のコレクションを、一般公開する目的で昭和5年に開館した。

エル・グレコ、ゴーギャン、モネなどなど、展示作品は超一級で、見応えがある素晴らしい作品揃いで有る。

 

50216.JPG

50215.JPG

50253.JPG

 

 岸辺の柳が川面に揺れる倉敷の町。

白壁の土蔵や商家、なまこ目地瓦張りの壁、本葺きの瓦屋根の建物群。

先人たちの知恵が秘められた、町屋の倉敷格子や倉敷窓、隙間風の入らない壁などの工夫。

今に残る当時の住宅は、一部一般に公開されているところも有る。

 

 倉敷館は、旧倉敷町役場として大正5年に建てられた尖塔屋根が印象的な建物で、無料の休憩所、観光案内所として開放されている。

その隣が江戸後期の土蔵を利用した倉敷民芸館で、陶磁器や木工品などの民芸品が展示されている。

 

50219.JPG

50218.JPG

50220.JPG

 

50222.JPG

50225.JPG

50226.JPG

 

更にその隣が、国内外の郷土玩具約4万点を収蔵する日本郷土玩具館。

その先には、星野仙一記念館、少し町中を歩くと、いがらしゆみこ記念館などがあり、見所が続く。

倉敷川に架かる中橋の先、対岸には、倉敷考古館が建つ。

江戸後期の米倉を改造した建物で、貼り瓦の壁の幾何学模様が美しい。

美観地区を貫く倉敷川では、船に乗って川面から、両側に立ち並ぶ蔵屋敷を楽しむ事が出来る。

 

50227.JPG

50228.JPG

50229.JPG

 

50252.JPG

50250.JPG

50212.JPG

 

50251.JPG

50223.JPG

50230.JPG

 

50224.JPG

50232.JPG

50233.JPG

 

 人ごみの喧騒を逃れ、メインストリートを外れてみる。

“ひやさい”と呼ばれる狭い路地には、江戸時代大八車のわだちを防ぐ、石畳が敷かれた道が静かに佇んでいる。

商店の店先も、どこか懐かしい匂いがする。

 

50247.JPG

50245.JPG

50246.JPG

 

50244.JPG

50248.JPG

50249.JPG

 

 倉敷アイビースクエアは、旧倉敷紡績の倉敷本社工場の跡地、江戸時代の倉敷代官所跡地に建つ施設で有る。

倉敷紡績の発祥工場と言われるこの建物群は、明治22年に建設されたもので、今日我が国に残る紡績工場の建物としては、最も古く代表的な建物とされている。

 

 赤いレンガ造りの建物に、緑のアイビーが絡み、四季の彩りを演出する素敵な場所だ。

このアイビーは、工場内の温度上昇を防ぐよう、大原孫三郎が従業員のために植えたとされている。

場内には、オルゴールミュージアムや、倉紡記念館、児島虎次郎記念館、手作り体験の出来る工房、ホテル・レストランなどがある。

 

50235.JPG

50236.JPG

50237.JPG

 

50238.JPG

50239.JPG

50240.JPG

 

50241.JPG

50242.JPG

50243.JPG

 

■交通案内

 

■ 新幹線  東海道新幹線岡山駅下車、山陽本線(下り)に乗換(16分)、倉敷駅下車。

          東海道新幹線新倉敷駅下車、山陽本線(上り)に乗換(8分)、倉敷駅下車。

■ JR電車 山陽本線倉敷駅下車、徒歩15分。

■ 下電バス 倉敷駅前から、塩生線・古城池線のJR児島駅行きで、大原美術館前下車(2分)、徒歩すぐ。



 

| ホーム | はれのくに | このページの先頭 |

 

(c)2010 Sudare-M, All Rights Reserved.

 

inserted by FC2 system