コンテンツ

ホーム

サイト紹介

はれのくに

国内の旅

遍路歩き旅

海外旅行

伝統こけし

マイブログ

っといき のみこむ黄色の 大じゅうたん

 

■干拓と笠岡ベイファーム

 

 岡山県の西南部、広島県境に近い笠岡市の南部に広がる笠岡湾を埋め立てた“笠岡湾干拓地”は、国営事業として、平成2年3月に竣工した。

比較的浅い海域を堤防で仕切り、海水を抜く干拓で陸地を造成する工事は、昭和41年に着手して以来約22年、事業費300億円を投じて行われ、1,200ヘクタール近い土地となり、それは日本では三番目の広さという。

 

 これらの土地は一部工業地として利用されているが、ほとんどは農業用地として使われ、野菜や果物、花などの栽培の他、乳用牛・食用牛などの飼育もおこなわれている。

 

511001.JPG

511002.JPG

511003.JPG

 

その干拓地を貫く国道2号線バイパスの道沿いに“道の駅・笠岡ベイファーム”がある。

地元笠岡を中心とした食材、海産物、野菜、果物などを販売する直売所や食事処が併設されている。

地元産の海の幸・山の里など、新鮮な食材に拘ったバイキング料理が人気のレストランや、ミルクソフト・ぶどうソフトが美味しいと評判のカフェなどが有る。

また、近くには大型用と小型用に分けられたドックランもある。

 

511016.JPG

511017.JPG

511018.JPG

 

 

■干拓地の菜の花畑

 

511004.JPG

 

511007.JPG

511008.jpg

511009.JPG

 

この道の駅に隣接する広大な農地(5ヘクタール)では、毎年3月から4月中頃にかけて、その数三千万本とも言われる菜の花が咲き乱れる。

花畑には、花を巡る小道が縦横に付けられていて、その中央付近には、高さが1メートル程の小さな展望台も設けられている。

 

511011.JPG

511010.JPG

511012.JPG

 

511013.JPG

511014.JPG

511015.JPG

 

温かい春の日差しを一杯に受けて、一面が“黄色いじゅうたん”を広げたようで、辺りにはほのかな甘い香りが漂い、花に誘われたミツバチなどが飛び交っている。

なおこの地は、夏は十万本のひまわり、秋は百万本のコスモス畑に変貌する。

 

 

■交通案内

 

■ 車:山陽自動車道 笠岡IC下車 

県道34号線等経由 車で約25分(約10Km

■ 電車:JR山陽本線 笠岡駅下車(公共交通なし)

              駅からタクシー(5.6Km)約10

 

 

 



 

| ホーム | はれのくに | このページの先頭 |

 

(c)2010 Sudare-M, All Rights Reserved.

 

inserted by FC2 system