コンテンツ

ホーム

サイト紹介

はれのくに

国内の旅

遍路歩き旅

海外旅行

伝統こけし

マイブログ

っくりと ゆったり揺られて 電車旅

 

■【西大寺】昭和ノスタルジーの町

 

兵庫県の相生と岡山県の東岡山を結ぶ57.4キロの路線が赤穂線である。

岡山を出ると暫く山陽本線を走り東岡山から赤穂線に入ると、最初の停車駅が大多羅、次が西大寺で、ここは毎年二月の裸祭りで知られた町だ。

駅を出て、まっすぐ伸びる広い道を1キロほど行くと、岡山県内を流れる三大河川の一つ、「吉井川」に行き当たる。その少し手前、左側の川岸に「西大寺観音院」がある。

 

5110101.JPG

5110102.JPG

5110103.JPG

 

5110104.JPG

5110105.JPG

5110106.JPG

 

 仁王門を潜ると広い境内が広がり、左手に大床を備えた本堂が建っている。

天下の奇祭と言われる「会陽(えよう)裸祭り」は、この境内と大床を舞台に、厳寒の深夜、「お福窓」から投じられる一対の宝木(しんぎ)を、数千人の褌一丁の裸の群れが奪い合う豪快なお祭りでる。

これが済むと「備前平野に春が訪れる」と言われ、境内では植木市などの後祭りが行われ、春を待つ人々で賑わいを見せる。

 

5110107.JPG

5110108.JPG

5110109.JPG

 

5110110.JPG

5110111.JPG

5110112.JPG

 

 また観音院の山門を出て北に少し歩くと、門前町の五福通りが有る。

江戸末期から明治にかけて作られた古い建物に、大正時代以降の洋風建築が混ざり合う通りは、良き昭和の時代の面影を残していて、映画やドラマの舞台として度々撮影も行われている。

 

5110113.JPG

5110114.JPG

5110115.JPG

 

5110116.JPG

5110117.JPG

5110118.JPG

 

 

■【邑久】夢二のふるさと

 

列車は西大寺を出ると吉井川に架かる鉄橋を渡る。

この川は古くから海運が栄え、ここ西大寺にも川湊が設けられ大いに賑わっていたと言う。

江戸・慶長年間には運行する高瀬舟を見て大いに驚いた角倉了以は「百川皆舟を通すべし」として全国の川浚えを始めたとの逸話も残されている。

 

5110201.JPG

5110202.JPG

5110203.JPG

 

 邑久は、大正浪漫を代表する画家で詩人・竹久夢二生誕の地だ。

夢二は、駅から3キロほど離れた本庄村で、酒の取り次ぎ販売を営む兼業農家の次男として生まれている。

ここには彼が16歳まで過ごした生家がある。

250年の茅葺屋根の伝統的家屋で、夢二の少年期までの思いが一杯詰まった部屋などが生前そのままに残され、作品なども展示され「夢二郷土美術館・分館」として公開されている。

 

5110204.JPG

5110205.JPG

5110206.JPG

 

5110207.JPG

5110208.JPG

5110209.JPG

 

5110210.JPG

5110211.JPG

5110212.JPG

 

周辺は公園として整備されていて、近くには夢二自らデザインを手がけた洋風建築「少年山荘」も復元され、夢二の好んだ雑木林の中に佇んでいる。

(尚、「夢二郷土美術館・本館」は岡山市内の後楽園外苑の旭川畔にある。)

 

5110213.JPG

5110214.JPG

5110215.JPG

 

 

■【長船】刀剣の里

 

 『鍛冶屋千軒うつ槌の音に西の大名が駕籠とめる』

古くは平安時代から刀鍛冶が栄え、特に鎌倉から室町時代にかけては、多くの名匠・名工を輩出し、備前長船や福岡一文字などの名刀が「備前刀」として天下にしられるようになる。

 

ここ長船は刀剣の里である。

駅から3キロほど離れた吉井川に近いところに「備前長船刀剣博物館」が有り、名刀を鑑賞し、刀匠や白銀師、塗り師などの仕事を間近に見ることが出来る。

 

5110301.JPG

5110302.JPG

5110303.JPG

 

C5110304.JPG

5110305.JPG

5110306.JPG

 

 またここから近い福岡地区は、かつては吉井川の水運で大いに栄え、「福岡市」と呼ばれる市場が開け、西日本一の賑わいで有ったと伝えられているところだ。

その当時の様子を、有名な「一遍上人絵伝」で窺い知ることが出来る。

又この地は、戦国武将・黒田官兵衛とかかわりが深い町でもある。

官兵衛の曽祖父・高政らが近江から移住し、父・職隆が生まれたのがこの地である。

 

5110307.JPG

5110308.JPG

5110309.JPG

 

5110310.JPG

5110311.JPG

5110312.JPG

 

5110313.JPG

5110314.JPG

5110315.JPG

 

その後黒田家は播州を治め、更に関ヶ原の合戦で徳川軍に味方して勝利し筑前に封じられ、そこに城を築きこの地を偲んで「福岡城」と命名したと伝えられている。

言わば現在の福岡県・福岡市のルーツがこの地である。その黒田家の墓所は、同地区の日蓮宗妙興寺にある。

 

 


■【伊部】土と炎の芸術

 

備前地方を産地とする陶器は「備前焼」と呼ばれ、日本六古窯の一つに数えられ、その歴史は平安時代まで遡る。現在では、伊部駅の周辺に多くの窯元や作家・陶工が集まり盛んなことから「伊部焼き」とも呼ばれている。

 

 「ひよせ」と呼ばれる当地の田から産する粘土を成型し乾燥させて、千数百度と言う高温で焼き締める。絵付けはされず、釉薬も使わない。松割木で焼き上げる折の窯内での配置や置き方の工夫、火の焚き方の変化などで、緋襷・牡丹餅・桟切り・胡麻・ハゼなどの景色が生まれる。同じものは二つと無い、土と炎の芸術と言われる個性豊かな焼き物に仕上げられる。

 

5110401.JPG

5110402.JPG

5110404.JPG

 

5110405.JPG

5110415.JPG

5110403.JPG

 

 伊部の駅は「備前焼伝統産業会館」の建物の中にあり、そこを出るとすぐ右手に「備前陶芸美術館」も有る。これらの館内では古備前から現代にいたる変遷、作家や人間国宝の作品などの鑑賞が出来、観光案内や即売のコーナーも設けられている。

 

5110406.JPG

5110407.JPG

5110408.JPG

 

5110409.JPG

5110413.JPG

5110414.JPG

 

 駅前の国道2号線を横切り、200mほど進むと旧街道が並行しており、狭い道の両側には備前焼を売る店や窯元が軒を連ね、ウインドーを眺めながらお気に入りの逸品を探すのも良いだろう。

通りには、備前焼の屋根瓦や塀・狛犬などが見られる神社なども有り、焼き物の故郷ならではの佇まいなど見所も多い。

又通りを外れ、細い路地を山に向けて少し上ると、近くには北大窯跡、伊部南大窯跡など古窯の跡や史跡なども点在していて、古の繁栄の跡が偲ばれる。

 

5110410.JPG

5110411.JPG

5110412.JPG

 

5110416.JPG

5110417.JPG

5110418.JPG

 

 


■【日生】港町とカキオコ

 

 伊部を出ると列車は瀬戸内海の片上湾に沿って日生に向かう。が、車窓からはその静かな入り江は見えそうでなかなか見ることが出来ない。

日生は瀬戸内海国立公園に属し、瀬戸内の島々へ向かう航路の拠点で、旅情豊かな港町だ。駅近くには小豆島や日生諸島の小島に向かうフェリー乗り場も有る。

またこの地は瀬戸内海の漁師町でもあり、何と言っても魅力は新鮮な海の幸だ。町内には漁協直営の市場「五味の市」を初め、食事処や海産物を売る店も多い。

 

5110501.JPG

5110502.JPG

5110503.JPG

 

5110504.JPG

5110505.JPG

5110506.JPG

 

5110509.JPG

5110507.JPG

5110508.JPG

 

近年では地元産の新鮮なカキを使ったお好み焼き「カキオコ」が人気を呼び、町内にはこれを売り物にする店が何か所もある。日生の次の無人駅・寒河の駅前にも「カキオコ」の人気店があり、これらの店では休日などは行列が出来る事も有る。

 

 赤穂線の沿線では、瀬戸内海で水揚げされる新鮮な海の幸が人気を呼んでいる。

中でも冬に旬を迎えるカキは人気で、この頃になると毎週のように沿線のどこかの漁協や市場などでは「カキ祭り」が開催され、新鮮な殻つきカキや焼きアナゴが人気を呼ぶ。

 

5110510.JPG

5110511.JPG

5110512.JPG


 

5110513.JPG

5110514.JPG

5110515.JPG

 

 

■交通案内

 

■ JR赤穂線

岡山

     ↓ 15

西大寺  「西大寺観音院」 駅から1.2Km 徒歩20

「五福通りの町並み」 観音院からすぐ

     ↓ 6分

邑久   「夢二郷土美術館・分館(生家・少年山荘)」 駅から3.0Km タクシー又はバス10

     ↓ 3分

長船   「長船刀剣博物館」 駅から2.9Km タクシー10

「日蓮宗・妙興寺」「福岡地区の町並み」 駅から1.5Km タクシー5分

     ↓ 9分

伊部   「備前焼伝統産業会館」「備前陶芸美術館」 駅からすぐ

「旧街道・焼き物の町並み」 駅から0.2Km

     ↓ 8分

日生   「五味の市」 駅から1.4Km 徒歩20

          「カキオコの店」 駅近くや「五味の市」周辺など町内に多数

     ↓ 25

相生

 

 

 



 

| ホーム | はれのくに | このページの先頭 |

 

(c)2010 Sudare-M, All Rights Reserved.

 

inserted by FC2 system