コンテンツ

ホーム

サイト紹介

はれのくに

の旅

遍路歩き旅

海外旅行

伝統こけし

マイブログ

ゅうしんの 思いよ届け 院庄

 

船坂峠

 

 旧山陽道は、播磨の国を抜けると県境に位置する船坂峠を越えて備前の国に入る。

峠とはいえ、標高はさほど高くは無く180mほどである。

そんな峠は今日では国道も鉄道もそれを意識することも無く、トンネルで難なくここを通り過ぎて行く。

 

しかし明治24年の鉄道開通時、峠を貫く1138mのトンネル工事は難渋を極めたらしい。

工期を短縮するため、三本の立坑を掘り、そこから前後に掘り進め、本来の両方の坑口と合わせ8カ所から突貫工事で掘り進めたと言われている。

 

 その後複線化で、下り専用線が開通すると、旧トンネルは上り線専用となった。

更に電化工事に合わせ、新たなトンネルが開通すると、これが上り専用線となり、開業当時のものは廃止されることに成る。

 

5220101.JPG

5220102.JPG

5220103.JPG

 

5220104.JPG

5220105.JPG

5220106.JPG

 

 船坂峠と言えば、児島三郎高徳が兵を挙げた場所としても知られている。

凡そ700年前、元弘の乱に敗れた後醍醐天皇は、鎌倉幕府によって捕らえられた。

隠岐の島に流される事となった天皇は、500名あまりの幕府の兵に守られ京を発ち、播磨を通り過ぎていた。

そんな天皇を「義を見てせざるは、勇無き」と、大軍を起こし奪還し、名を子孫に残そうとしたのが児島三郎高徳である。

 

5220107.JPG

5220108.JPG

5220109.JPG

 

一族郎党を説得し軍備を整えた高徳は、この峠で待ち伏せを図る。

しかし天皇一行は予期に反して山陽道には現れず、これより北の美作街道を粛々と進むことを知るのである。

慌てて軍備を払い、播磨と美作の国境の杉坂峠に駆け付けるが、その時すでに遅く、一行は峠を下り美作を抜け院庄館に入り、高徳の奪還作戦はあえなく失敗する。

 

 

院庄館・作楽(さくら)神社

 

諦めきれない高徳は、せめて志だけでも天皇の耳に入れたいと、一人ご在所に忍び込むものの、警備がことのほか厳しく天皇の寝所に近づくことは叶わない。

思いあぐねた結果高徳は、囚われの身の天皇を慰めようと、館の庭に植えられた桜の木に、あの有名な10字の詩を書き残したのである。

 

 『天莫空勾践。 時非無范蠡。』(天、コウセンを空しくするなかれ、時にハンレイの無きにしも非ず)

 

 翌朝、族の侵入を知った衛士が騒ぐ中、天皇は桜の木に刻まれた10字の詩を見て、一人静かにほくそ笑んだと伝えられている地が院庄館である。

 

5220201.JPG

5220202.JPG

5220203.JPG

 

5220204.JPG

5220205.JPG

5220206.JPG

 

5220207.JPG

5220208.JPG

5220209.JPG

 

 院庄館とは美作の国の守護の住む館のことで、津山盆地の西端、吉井川左岸の微高地に建てられた平城である。鎌倉時代の初め頃にはこの地に建てられていたらしく、その規模は東西200m、南北150mほどと推測されている。

現在この地に館はなく、明治時代に建てられた作楽神社の境内となっている。

 

5220210.JPG

5220211.JPG

5220212.JPG

 

高徳は南北朝時代を題材にした軍記物語「太平記」にしか登場しない人物であることから、その実在を疑問視する声も一部にはあるようだ。

しかしその一方で、幕末から明治に入ると、天皇に対する忠臣として教科書や文部省唱歌などに取り上げられ、その肖像は当時の二円札に用いられるほどに持て囃された。

これは多分に皇国史観を教える手段として、この伝承が使われたとも言われている。

何れにしてもその忠義心を讃えんと創建されたのがここ作楽神社で、後醍醐天皇と児島高徳がご祭神となっている。

 

5220213.JPG

5220214.JPG

5220215.JPG

 

5220216.JPG

5220217.JPG

5220218.JPG

 

 『桜ほろ散る院庄 遠き昔を偲ぶれば 幹を削りて高徳が 書いた至誠の詩がたみ』

 

と忠義桜(詩吟・津山民謡)に謡われているように、境内にはソメイヨシノが100本ほどあり春の桜と同時に、初夏のアヤメ・カキツバタの名所としても知られている。

 

5220219.JPG

5220220.JPG

5220221.JPG

 

 

■交通案内

 

 ■船坂峠

   電車   山陽本線 三石駅下車 北東へ徒歩約2.2Km

   車    山陽自動車道 備前ICから国道2号線経由で 約7.2Km

 

 ■院庄館跡・作楽神社

   電車   姫新線 院庄駅下車 西へ徒歩1.3Km

   車    中国自動車道 院庄ICを出てすぐ 約0.6Km

 

 

 



 

| ホーム | はれのくに | このページの先頭 |

 

(c)2010 Sudare-M, All Rights Reserved.

 

inserted by FC2 system