コンテンツ

ホーム

サイト紹介

はれのくに

国内の旅

遍路歩き旅

海外旅行

伝統こけし

マイブログ

ずに浮く 平城悲し 兵糧戦

 

高松城の水攻め

 

 備前地方の戦国時代は、岡山城に移った宇喜多直家・秀家父子によりほぼ終焉した。

その後直家がこれまで同盟関係にあった毛利氏と手を切り、全国統一を目指す織田信長方に付いたことにより、この地は西方をにらむ最前線の基地となったのである。そんな中、「高松城」での攻防が始まった。

 

 備中高松駅の裏手、歩いても10分とはかからないところにその「高松城」はある。

この地は北に吉備高原のなだらかな山並みが迫っている、とは言え辺りは僅かばかりの小高い丘があるのみの平坦地で、一面田畑が広がり小さな沼が点在する、見るからに低湿地帯である。

この城は、こんな地を天然の堀として巧みに利用した典型的な平城で有あったようで、よく見るシンボルとも言えるような壮大な石垣は無く、多くは土塁によって固められていた。

 

5240101.JPG

5240102.JPG

5240103.JPG

 

5240104.JPG

5240105.JPG

5240106.JPG

 

 羽柴軍2万、宇喜多軍1万が合流し岡山に攻め込んだ信長軍は、5千の兵で籠城する城を攻めあぐねていた。

そんな中こんな地勢に着目した羽柴秀吉の軍師・黒田官兵衛は、城を囲むように12日間でおよそ3キロメートルの堰堤を築き、近くを流れる足守川を堰き止め城を水攻めにした。

元々水量は左程多くは無い川であったが、折しも梅雨時で川は増水し辺りは水浸し、城は水中に孤立した。

 

1か月にも及ぶ攻防の結果、城主・清水宗治が城兵の命と引き換えに自刃、城は落城した。

折しも京の本能寺では、織田信長が明智光秀の謀反に倒れ、それを隠しての講和であった。

その後の中国大返しにより、歴史が大きく動いたその端緒となった舞台である。

 

5240107.JPG

5240108.JPG

5240109.JPG

 

5240110.JPG

5240111.JPG

5240112.JPG

 

5240113.JPG

5240118.JPG

5240116.JPG

 

 城跡は今、「高松城址公園」として整備されている。

入口近くには資料館があり、模型やパンフレットなどと合わせ、ボランティアガイドによる説明を受けることも出来る。

 

広場には芝が張られ、その中央には7000平方メートルにも及ぶ広大な堀池が有り、毎年7月中頃ともなると「宗治ハス」が美しい花を咲かすと言う。そんな堀池を巡るようにつけられた遊歩道を歩いてみてもほとんど起伏のない道で、このお城が平坦地に築かれたことが良く解る。

本丸跡には近くの山中から改葬された清水宗治の首塚があり、辞世の句も残されている。

付近には自刃の地や胴塚、築堤跡などと見所も多い。

 

 『浮世をば 今こそ渡れ 武士の名を 高松のコケに残して』

 

5240114.JPG

5240117.JPG

5240115.JPG

 

5240119.JPG

5240120.JPG

5240121.JPG

 

 本丸跡の前に店を構える「清鏡庵(せいきょうあん)」は、老舗の小さな和菓子屋で、この「宗治饅頭」は、城主清水宗治に因んだこの店の名物の一つである。やや小ぶりで、白あんと、小豆あんの二種類有り、何れも「添加物は一切使っていない」と言う。ほんのりと栗色に焼かれた皮は薄く、甘さ控えめの餡がぎっしりと詰まっている。素材の風味をそのまま生かした饅頭で、その飾らない素朴さがよく、とても美味しい。

この店には、漉し餡を透明な薄皮で包んだ「水攻め饅頭」や「水大福」もある。

夏の暑い時期ならこれを味わうのも良いだろう。

 

5240122.JPG

5240123.JPG

5240124.JPG

 

5240125.JPG

5240127.JPG

5240126.JPG

 

 

■交通案内

 

 ■高松城址公園

    車   岡山自動車道 岡山総社ICから東へ 国道180号線経由で 約2.8KM

    電車  JR吉備線 備中高松駅下車 北へ徒歩0.6Km

 

 

 



 

| ホーム | はれのくに | このページの先頭 |

 

(c)2010 Sudare-M, All Rights Reserved.

 

inserted by FC2 system