コンテンツ

ホーム

サイト紹介

はれのくに

の旅

遍路歩き旅

海外旅行

伝統こけし

マイブログ

いばんは 今も昔も これ三つ

 

きびだんご

 

5320101.JPG

5320102.JPG

5320103.JPG

 

5320104.JPG

5320105.JPG

5320106.JPG

 

 岡山土産も数々あれど、昔から定番として知られているのが「きびだんご」だ。

元祖・広栄堂本店の初代武田浅次郎が、安政三年に吉備津神社境内の茶店で販売したのが始まりだが、今では旭川縁の中納言に、広栄堂武田本店と軒を並べ競うように建っている。

 

岡山地方は古代吉備の国として栄えたところであるが、この地は五穀の一つである黍(きび)の産地でもあったことから、黍(きび)と吉備の国、桃太郎の伝説をイメージして名付けたとされている。

 

5320201.JPG

5320203.JPG

5320205.JPG

 

そのルーツは昔この国に派遣された吉備津彦命に、土地の老人が黍入りの団子を差し出したことだそうだ。

これは黍(キビ)を粉にして形を整え蒸したもので、昔からどこでも日常的に食べられていたが、このままでは美味しくないので、餡を付けたり、味の付いた汁をかけて食べていた。

 

それが次第に味付けの工夫がされ、お菓子に変化を遂げ、江戸時代になって、お茶席でも食べられるように求肥製に作り変えられ、更に日持ちを良くする改良が加えられたのが今日土産物として知られる「きびだんご」である。

明治に入り天皇がこの地に御幸された際献上され、あるいは山陽鉄道が開通すると凱旋兵士などの手土産として喜ばれるようになり、全国的に知れるようになったようだ。

 

5320204.JPG

5320202.JPG

5320206.JPG

 

ある雑誌の「わがふるさとをかたる」と言う企画の中で、岡山出身の作家・吉行淳之介は『岡山名産と言えば、キビ団子だが、あれはそううまいものでない。大手饅頭のほうがよいが、昔の圧倒的な旨さはない』と語っていた。

とは言え最近のキビ団子は、その原料のほとんどはもち米で、それに水飴や砂糖で味付けし、キビ粉を塗すのが主流らしく、昔のそれと比べれば美味しさは格段に向上している。

更に黒糖を使ったり、色々なシロップを包み込んだり、きな粉を塗したりとお土産としての品揃えも豊富で、岡山を代表する土産としての不動の地位を築いていることは間違いない。

 


 

大手饅頭

 

 作家の吉行淳之介が「きびだんご」より美味いと言った「大手饅頭」は、今では多くの岡山県人が県外に持っていく定番お土産として不動の地位を築いている。

 

江戸時代岡山城下大手門近くに構えた店で売り出された饅頭は、時の藩主・池田公がひどくお気に入りになり、茶席などで愛用されたことから「大手饅頭」の名称を賜ったとされている。

明治に入り一時困難な時期もあったと伝えられているが、若くして亡くなった二代目の未亡人・梅は、女手一つで家業を引き継ぎ守り抜いて、今では「大手饅頭」中興の祖と言われている。

その梅の思いは、饅頭が入れられた巾着様の梅柄パッケージに今も生き続けている。

 

5320401.JPG

5320402.JPG

5320403.JPG

 

備前米を材料とした糀から甘酒を作り、それに小麦粉を加え発酵させた生地を極薄く伸ばした皮で、北海道産小豆から作る小ぶりに丸めた漉し餡を包み、蒸し上げた酒饅頭で、そんな饅頭の味を引き立てているのが名水の誉れも高い、「雄町の冷泉」である。

 

出来上がると中の餡が透けて見え、黒と白のまだら模様になった饅頭は、一つ一つ丁寧にセロハンで包まれ、更に梅柄パッケージに入れられ店頭に並ぶ。

夏の時期ならパッケージのまま一晩冷凍庫で凍らせ、冷菓として食べても美味しいし、古くなったものは蒸し直したり、レンジなどで軽く温めたり、変わったところでは油でいためても、焼いても美味しく頂ける。

 

5320404.JPG

5320405.JPG

5320406.JPG

 

5320408.JPG

5320407.JPG

5320409.JPG

 

天保年間の創業以来歴史ある岡山名物として知られてきた「大手饅頭」は、今も本店を京橋付近に構えている。

また「雄町の冷泉」近くには製造工場が有り、その直営店で入手するまだぬくもりの残る出来立ては、豊潤な香り、甘酒のコクと餡の甘さがまろやかに調和する味は最高でこれに勝るものは無い。

 


 

調布(ちょうふ)

 

 「調布」とは、余り聞きなれない珍しい名であるが、ウィキペディアによると「調布 - 律令制下の租税である租庸調のうち、その土地の特産物を納める「調」として納めていた布」とある。

このように岡山銘菓の「調布」は、昔朝廷に献上された手織りの反物にその形が似ているから名付けられたそうで、「しらべぬの」とも読むそうだ。

 

「きびだんご」「大手まんじゅう」ときたら、次は「調布」と来なければ、岡山のお土産を語ることは出来ないほど、昔からよく知られた岡山土産の名物中の名物である。

明治22年初代が製法を受け継いでこれを売り出したのが、表町商店街の中にひっそりと店を構える翁軒であるが、「調布」は県内の他の菓子店でも広く造られている。

 

5320301.JPG

5320302.JPG

5320306.JPG

 

320303.JPG

5320304.JPG

5320305.JPG

 

 岡山の市街地を流れる旭川の清流にさらした布を、折りたたんだ姿を連想した頼山陽が、このお菓子をぞっこん気に入ったと言う話も残されている。(「岡山の味と民芸」 昭和54年 山陽新聞社)

 

 新鮮な卵をたっぷりと使い、焼き上げた香ばしいカステラ生地の薄皮で、白玉粉や餅粉に砂糖などを加えて練った柔らかい求肥を軽く巻いたお菓子である。同様な製法で皮を鮎に見立てた「若鮎」も知られているが、そのルーツとされるのがこの「調布」である。

香ばしいカステラ生地、求肥のもっちりとした食感、まろやかな薄味の快い上品な味わい。

それは雅で、単純で、飾り気のない姿には絶対的な自信が窺える伝統的な名菓である。

 

 

■交通案内

 

■広栄堂本店

■広栄堂武田本店

    電車 山陽本線 岡山駅下車 駅前から路面電車・東山行で中納言下車 徒歩すぐ

 

 ■大手饅頭伊部屋本店

    電車 山陽本線 岡山駅下車 駅前から路面電車・東山行で西大寺町下車 徒歩すぐ

 

■大手饅頭伊部屋雄町工場

    電車 山陽本線 高島駅下車 東へ 徒歩約1.2Km

 

 ■翁軒

電車 山陽本線 岡山駅下車 駅前から路面電車・東山行で西大寺町下車 西へ 徒歩0.2Km

 

 

 



 

| ホーム | はれのくに | このページの先頭 |

 

(c)2010 Sudare-M, All Rights Reserved.

 

inserted by FC2 system