コンテンツ

ホーム

サイト紹介

はれのくに

の旅

遍路歩き旅

海外旅行

伝統こけし

マイブログ

んげ咲く 菜の花咲く里 吉備の国

 

古代吉備の国

 

岡山市の西部から総社市にかけて広がる地域は、かつて3世紀末の古墳時代から飛鳥時代にかけ中央の大和政権と競うほどに、或は時に敵として描かれるほどの強大な勢力を誇り、高度の技能文化を持つ「古代吉備の国」が栄えたところである。

 

最近の研究では邪馬台国成立前、九州と畿内勢力の中間に位置し、キャスチングボードを握っていた吉備が、畿内勢力と手を結び大和政権の成立を図ったとされている。

然しその後、その力を畏れた大和政権はこの地を、備前・備中・備後の三国に、さらに備前の北部を美作として分割し、しだいにその威光を減じ、勢力を削ぎ、やがては大和政権の支配が及ぶようにしてしまった。

 

5350101.JPG

5350102.JPG

5350103.JPG

 

5350105.JPG

5350106.JPG

5350107.JPG

 

5350108.JPG

5350109.JPG

5350104.JPG

 

「真金(まがね)吹く 吉備の中山 帯にせる 細谷川の 音のさやけさ」(古今和歌集・詠み人知らず)

 

昔から温暖な気候と肥沃な土地、豊かな自然に恵まれたこの地では、古墳が築造された5世紀前半には山間で鉄が生産されていたらしく、当時の古墳からは鉄滓(てつさい・製鉄時に出る鉄の屑)が出土している。

またこの地域は太古の昔、吉備高原のすぐ南まで瀬戸内海が入り込み、「吉備の穴海」と呼ばれる多数の島々が点在する風景が広がっていて、その海浜部では塩の生産も行われていたと言う。

 

 

古代吉備文化センター

 

「吉備の中山」(標高175m)は、「古代吉備の国」の中心に位置し、太古より神体山・神奈備山(かむなびやま)として崇められてきたシンボル的な山である。

 

ここは麓からは遊歩道も有り、車でも気軽に山頂付近まで行かれる山である。

山中のその南の峰には、全長120mの前方後円墳・中山茶臼山古墳がある。

四道将軍の一人として大和政権から派遣され、吉備の国を治めたとされる吉備津彦の陵墓とされ、宮内庁が管理している。

 

5350201.JPG

5350202.JPG

5350203.JPG

 

5350204.JPG

5350205.JPG

5350206.JPG

 

5350207.JPG

5350208.JPG

5350209.JPG

 

 この山のふもとには古来より吉備の国の一宮とされた、吉備津彦命を祀る「吉備津神社」が鎮座している。

しかしここから半里と離れていない地にも、吉備津彦命を祀る「吉備津彦神社」が有る。

これは大和政権により吉備の国が分割されたことにより、この「吉備の中山」が重要な地であることに変わりがない両国が、国にとって最も大切な神社の一宮をその麓に置いたことによるものだ

今では「吉備津神社」が備中の一宮に、「吉備津彦神社」が備前の一宮となっている。

 

5350216.JPG

5350217.JPG

5350218.JPG

 

5350219.JPG

5350220.JPG

5350221.JPG

 

 今日偲ばれる「古代吉備の国」の繁栄ぶりは、この地域に残されたそれら有力者のものとされる巨大な古墳群やその埋葬品、塩・鉄・須恵器などの生産遺跡など、考古学的な発掘で窺い知ることが出来る。

そんな古墳から出土した特殊壺と特殊器台は、弥生時代の「吉備の国」を特徴づけるものとして注目を集めている。

それらは「吉備の中山」にある、「岡山県古代吉備文化センター」で見学することが出来る。

 

5350210.JPG

5350211.JPG

5350212.JPG

 

5350213.JPG

5350214.JPG

5350215.JPG

 

 

吉備路風土記の丘

 

「古代吉備の国」を彷彿させる「吉備路」、その観光のハイライトが「吉備路風土記の丘」である。

春には菜の花やレンゲが咲き誇る長閑な田園地帯が広がり、周囲には大小の古墳が点在し、ここにはかつて備中国の国分寺と国分尼寺も置かれていた。

このエリアには観光の中心となる「県立吉備路郷土館」が有り、近くには「吉備路観光案内所」もある。

 

5350302.JPG

5350301.JPG

5350303.JPG

 

5350304.JPG

5350305.JPG

5350306.JPG

 

そんな吉備路の中心に位置するのが「日照山国分寺」である。

ここは寺域が国の史跡に指定されている「備中国分寺跡」に建つ寺で、境内からは壮大な当時の堂宇や門などの跡地が調査により確認されている。

中世には廃寺となったものの、江戸時代には再興されていて、現在に残る伽藍は全て再興後に建てられたものだ。

 

5350307.JPG

5350308.JPG

5350309.JPG

 

5350310.JPG

5350311.JPG

5350312.JPG

 

その中でも一際目を引くのが、江戸時代後期に建てられたと言う、国の重要文化財に指定されている「五重塔」であり、今では吉備路のシンボルとなっている。

普段は非公開であるが、春の「吉備路れんげまつり」の期間中は、塔の初層が特別に公開される。

 

 近くには国分尼寺跡もある。

南の集落の中に入れば、旧山陽道が通り、その宿場の町並みも残されている。

古い家並みの中には、今も当時の名残をとどめる屋号の残る家が沢山ある。

山陽道を行きかう人々も、聳え立つ塔のこんな美しい光景にホッと一息、旅の疲れを癒されていたのであろうか。

 

5350313.JPG

5350314.JPG

5350315.JPG

 

5350316.JPG

5350317.JPG

5350318.JPG

 

吉備路には、サイクリングロードがよく整備されている。

総社駅から、総社宮、備中国分寺、造山古墳、吉備津神社、吉備津彦神社などを経て備前一宮駅に至る「吉備路自転車道」は、その距離15キロメートル余りの歴史ロマンあふれる歩行者・自転車の専用道路である。

この道は更に数キロメートル先の、岡山市内にある県総合グラウンドまで続いている。

 

5350319.JPG

5350320.JPG

5350321.JPG

 

 コース途中には「国民宿舎サンロード吉備路」が有り、ここには日帰り入浴の出来る天然温泉が人気で、汗を流すには丁度良いだろう。(この場合、備前一宮から総社に向けて走行し、最後に立ち寄るルートがお勧めだ。)

またこの自転車道は、途中高松稲荷や足守地区を巡る「吉備高原自転車道」とも繋がっている。

沿線近くには立ち寄り入浴の出来る粟井温泉・あしもり荘や稲荷山健康ランドなどもある。

 

 

■交通案内

 

 ■ 岡山県古代吉備文化センター

    電車  JR吉備線 吉備津駅下車 南西へ 徒歩 1.9Km

    車   山陽自動車道 吉備スマートIC下車 南へ 6.7Km

 

 ■ 備中国分寺跡

    電車  JR伯備線 総社駅下車 東へ 5.4Km

    車   山陽自動車道 吉備スマートIC下車 西へ 国道180号線等経由 12.1Km

        岡山自動車道 岡山総社IC下車 南へ 4.2Km

 

 



 

| ホーム | はれのくに | このページの先頭 |

 

(c)2010 Sudare-M, All Rights Reserved.

 

inserted by FC2 system