コンテンツ

ホーム

サイト紹介

はれのくに

の旅

遍路歩き旅

海外旅行

伝統こけし

マイブログ

んびりと 長閑に山里 電車旅

 

因美線の旅

 

5380107.JPG

5380108.JPG

5380109.JPG

 

 因美線は姫新線の東津山と鳥取を結ぶ70.8km19駅で結ぶ路線で、旧国名の因幡と美作を結ぶことから名付けられた。

大正8年に鳥取と用瀬間が開通したのが始まりで、以後因美北線、因美南線として延長がすすめられた。

昭和7年に因幡と美作国境の物見トンネル(3075m)が開通し、それにより智頭と美作河合間が繋がり因美線として全通した。

 

5380103.JPG

5380102.JPG

5380101.JPG

 

かつて山陽方面からは津山で津山線・姫新線と接続し、そこからこの因美線が山陰に向かう主要な連絡線として優等列車も走った時期もあったようだが、山陽本線の上郡と、因美線の智頭の間に三セクの智頭急行線が開通すると、関西方面からの特急列車は智頭急行線を経由し山陰に向かうようになった。

その結果鳥取と智頭の間では辛うじて陰陽連絡の機能を保ち面目を保ったものの、津山と智頭間では優等列車は皆無になってしまったどころか、普通列車の本数も極めて少なくなり、全くのローカル線に成り下がっている。

 

5380104.JPG

5380105.JPG

5380106.JPG

 

 しかし因美線には登録文化財の駅や、近代化産業遺産の指定を受けた施設が多く残されている。

最近ではこんなローカルな状況を逆手に取り、ゆったりとした車窓風景や、取り残された駅舎などが地元の観光と結びつき、そんな沿線を巡るイベント列車「みまさかスローライフ列車」が人気を呼び、この時ばかりは大勢の観光客や鉄道ファンで賑わうと言う。

 

 

高野駅の夕日

 

東津山を出ると列車は、吉井川の支流加茂川に沿って北東に向かう。

津山の町並みが途絶え、車窓には刈り取りの終わった田んぼが赤茶けた色を見せて広がり、所々で人家の密集する集落が後ろに飛び去って行く、そんな長閑なローカル風景が展開する。

やがて列車は何もない広場にポッンと建つ小さな無人駅に停まる。

 

5380207.JPG

5380209.JPG

5380212.JPG

 

5380201.JPG

5380202.JPG

5380203.JPG

 

赤い瓦屋根が印象的な「高野駅」である。

入り口の切妻屋根の鬼瓦に入れられた「JR」の白い文字が珍しい。

駅舎の中は無人駅らしく、何もなくガランとしている。

今では一面一線の駅ではあるが昔は二面二線のタブレット交換を行う交換駅で、そんな往時の面影をあちこちに残している。

 

5380204.JPG

5380205.JPG

5380208.JPG

 

5380206.JPG

5380210.JPG

5380211.JPG

 

 現在使われているホームは、短編成の多いローカル線にしては随分と長い。

かつては長大編成の列車が着いたのであろう。

その向かい側には今は使われなくなったホームがそのままあり、赤錆びた線路も敷かれたまま残されているが、その先のポイント部分で本線とは切り離されている。

構内がやたら広いだけに、錆色のバラストの上に放置されたレールが寒々として痛々しい。

 

5380213.JPG

5380214.JPG

5380215.JPG

 

 『いつもきれいな夕日に染まり、何度通っても決して期待を裏切らない。偶然なのか?と思い、先日久しぶりに訪れてみたが、やはり高野の夕焼けは美しかった。』

(「ローカル線を旅する本」 斉木実・米屋浩二 2001KKベストセラーズ)

 

写真家である著者は、この駅から見る夕日の美しさをこう讃えている。

夕日の美しい場所と言うのは、ただ単に夕日が真っ赤に燃えて西の空に沈むのではなく、空全体を茜色に染めながら暮れなずむ夕景であると言う。こんな駅の夕景をまだ見たことがない。一度はホームから、見てみたいものだ。

 


 

寅さんの美作滝尾駅

 

映画「男はつらいよ」シリーズの「寅二郎紅の花」(1995年公開)のロケ地になったのが美作滝尾駅である。

今は無人駅となったこの駅では、寅さんが冒頭で切符を買うシーンが収録された。

駅前には撮影を記念した石碑も建てられている。

寅さんを演じた俳優の渥美清は、その翌年68歳で亡くなっているので、この時の作品が最終作となった。

 

5380301.JPG

5380302.JPG

5380303.JPG

 

5380304.JPG

5380305.JPG

5380306.JPG

 

5380307.JPG

5380308.JPG

5380309.JPG

 

5380310.JPG

5380311.JPG

5380312.JPG

 

 単式一面一線の駅は、なだらかな中国山地の山々に囲まれた津山盆地の一角にある。

昭和3年の開業で、赤い瓦を葺いた切妻屋根の木造平屋造り駅舎が、当時のまま残されていて、この建物は登録有形文化財に指定されている。

 

木製のガラス戸の嵌った外観はまるで小さな分教場のようにも見え、入口の裸電球と相まって昭和そのもので懐かしい。

切符売り場(出札口)や、手荷物カウンターは頑丈に作られた質感のある木製で、長年使われすり減りって、浮き出た年輪がその歴史を物語っている。

木製の改札場はいかめしく、寒い地域らしくガラス戸が建てられていて、黒ずんだ腰板などと共に良い味を出している。

駅務室には、往時彷彿させる品々が無造作に置かれていて、そんな中の寅さんの顔出しパネルはご愛敬だ。

 

5380313.JPG

5380314.JPG

5380315.JPG

 

5380316.JPG

5380317.JPG

5380318.JPG

 

 駅構内の北側には、行き止まり線の跡がある。

貨物ホームの跡で、そこには上屋が今も完全な形で残されていて、それは今では駐輪場として再利用されている。

昔はこんな片田舎の小さな駅でも、貨物の扱いがされていたのかと思うと、改めて国鉄時代の凄さを思い知らされる。


 

 

大願成就の三浦駅

 

 前を流れる加茂川の河岸段丘なのか築堤なのか、厳しい地勢上にその駅は建っている。

すぐ後ろには山が迫り、その山裾にへばり付くように線路が延び、僅かな隙間にホームが作られている。

目の前の一段と低いところを県道6号線が通り、さらに低い底に川が流れその先にはもう山が迫っている。

 

ここには駅舎らしいものは何もなく、改札もなく僅かにホームにブロックを積み上げ屋根を乗せただけの待合が有るだけだ。

その駅は急坂を降りると、そのままホームに入り込んでしまう、そんな地勢の地に設けられている。

 

5380404.JPG

5380405..JPG

5380401.JPG

 

5380402.JPG

5380406.JPG

5380407.JPG

 

 ここ「三浦駅」の開業は意外に新しく、昭和38年である。

ホーム待合室の奥に、「一致団結大願成就」と大書きされた三浦駅建設記念碑が立てられている。

それによると昭和3年の因美線開通以来地元からの強い請願運動の結果、開業した駅らしくそれを後世に伝えるために建てたとある。

 

 それにしても、こんな状況でよく新駅ができたものである。

確かにこの沿線では珍しく駅周辺には人家が立て込んでいるので、当時はそれなりの需要が有ったのであろう。

しかしモータリゼーションの波はこんな静かな山里へも押し寄せていて、鉄道利用者は随分と減ったようだ。

記念碑は色あせたものへと変わってしまった。

 

5380403.JPG

5380408.JPG

5380410.JPG

 

 ホームに沿って桜の古木が何本も植えられている。

春の花のシーズンには、トンネルを作って咲き誇る桜と、めったにやってこない列車のツーショットが人気で、それを狙う写真ファンの間ではよく知られた駅らしい。

普段は一日の乗客数が二・三十人と言われる駅が、この時ばかりは大いに賑わうと言う。

 

5380409.JPG

5380411.JPG

5380412.JPG


 

 

美作加茂と百々温泉

 

 加茂町は岡山県の北東部、中国山地の真ん中に位置し、四方を急峻な山々に囲まれ、町中を加茂川とその支流の倉見川が流れる林業の町で、その中心となるのが「美作加茂駅」だ。

 

 駅は昭和3年の因美南線開通時に開設され、当時は東津山方面に向かう起点駅であった。

現在の駅舎は2003年に再建・・・と言うか、旧木造駅舎を改築したものらしい。

正面から見るとほぼ左右対称で、屋上の時計塔が印象的な、端正な造りとなっている。

林業の街らしく地元産のスギやヒノキなどの木材をふんだんに使った造りには風格さえ感じられる。

 

5380501.JPG

5380502.JPG

5380503.JPG

 

5380504.JPG

5380505.JPG

5380506.JPG

 

5380507.JPG

5380508.JPG

5380509.JPG

 

 内部は時計塔部分が吹き抜けの明り取りとなっていて、そのせいか随分と明るい。

待合室には畳を貼ったベンチが置かれ温かみを感じる駅でもある。

駅は一面一線のホームが相対した造りで、ここでは列車の交換が可能だ。

 

市街地は駅から1キロほど離れた加茂川を渡ったあたりに開けていて、その一角に温泉が有る。

百々と書いて「どうどう」と読む、難読な地にある「百々温泉」である。

ここにはログハウス風の多目的研修施設「ウッディハウス加茂」や、「百々温泉 めぐみ荘」が有りその湯を楽しむことが出来る。

 

5380510.JPG

5380511.JPG

5380512.JPG

 

日帰り入浴施設の「めぐみ荘」の泉質は、単純弱放射能冷鉱泉で、神経痛、筋肉痛、関節痛などに効能が有ると言う。

浴室はあまり広くはないが、大浴槽のほか歩行浴槽、泡浴槽、薬浴槽、サウナ有り、さらに露天風呂らしくない屋外の浴槽など、5つの浴槽で多彩な入浴が楽しめる。

お湯は無色透明、無臭で負担のないさらっとした軽め柔らかい感じの湯である。

 


 

秘境駅・知和

 

「秘境駅」とは例えば、深い山々に囲まれた山中とか、断崖絶壁の海に面しているとか、荒涼とした原野で辺りには人家どころか道路もないとか、そんなところを一般に秘境と言うが、そんな辺鄙な地に佇む駅のことだ。

 

 とはいえ鉄道沿線にあって、列車で行けるのに「秘境駅」と言うのもなんだかおかしいと思わぬわけでもない。

しかしそこには秘境と言われる様々な事情が秘められている。

その基準は、駅の置かれている地勢的な状況のみならず、駅の持つ雰囲気や古さ、施設の状況・状態、鉄道や道路を使ってのその駅への到達難度などを尺度とし判断されている。

したがって鉄道は通っていてもその本数が極めて少なければ、あるいは駅に向かう取り付け道路がなければ、それだけ駅に到達する難度が高くなり、秘境度も高くなると言うわけだ。

 

5380601.JPG

5380602.JPG

5380603.JPG

 

5380604.JPG

5380605.JPG

5380606.JPG

 

秘境駅のランキング134位に位置付けされている「知和」駅の開業は昭和6年と比較的新しく、ここには開業当時の姿を留める駅舎がそのまま残されている。

木造平屋建て赤いトタンの切妻屋根、外壁は下見板張りで、軒下の部分が白い漆喰壁となっている。

駅の内部には出札口や手荷物預かりの窓口などがそのまま残されている。

何れも手の込んだ木造で、その木組みの意匠と白壁漆喰が美しい。

使い込まれたカウンターは黒光り、風格が感じられる駅舎内である。

 

 駅は県道6号線から100mほど入ったところにある。

その入り口には大きな工場があり、その周りには数軒の人家もあるので、この駅の秘境度はその点では高くない。

この駅が秘境駅と言われる所以は、列車で到達するその難度にある。

 

5380607.JPG

5380608.JPG

5380609.JPG

 

5380610.JPG

5380611.JPG

5380612.JPG

 

 智頭方面に向かう始発列車は1210分である。この駅には朝二便ある智頭行の普通すら通過する。

午後は15時台からおよそ2時間おきに4本、最終は2017分だ。

 

 反対の津山行きとなると事情は若干異なり、朝は7時台と8時台に各々1本あり、後は13時台、16時台、18時台、21時台に各1本で合わせて4本である。これはこの地の人々が距離的には変わらない隣県の智頭より、同じ県内の津山市が生活の拠点になっていることへのJRの配慮であろう。とはいえこの駅を利用する乗客は極めて少なく、一日10人程度と言う。

 


 

近代化産業遺産と美作河井

 

 知和を過ぎると加茂川の流れはますます狭くなり、両側から急峻な山々が迫り国境が近づいてくる。

因美線は、美作河井駅に到着する少し前で「松ぼうき橋梁」を渡る。

県道6号と加茂川を同時に渡るこの橋梁は橋の全長はおよそ97mと言い、五連のプレートガーダ(ガード)を4本の橋脚が支えている。

その橋脚は円筒形で高さは20m、石張りされた幾何学模様がなんとも美しい。

遠くからこの橋梁の全景を眺めると、25パーミルと言う線路の勾配が実感できる。

山の緑をバックに威容を誇っているこの橋も、鉄道写真ファンにはよく知られた場所らしい。

 

5380701.JPG

5380702.JPG

5380703.JPG

 

53807223.JPG

5380724.JPG

5380722.JPG

 

因幡と美作国境の物見トンネル(3075m)の手前にあるのが「美作河井駅」で有る。

切妻の赤いトタン屋根、外壁は下見板張りで、軒下の部分が白い漆喰壁は、この路線で見られる他の駅舎の造りとほぼ同じである。開通当時の駅舎らしく鄙びた佇まいを見せているが、窓枠がサッシに変えられるなど手が加えられていることが歴史的な価値を下げているようだ。

 

ここは立派な島式のホームを持っているから、かつては島式二線の駅と言うことになる。

現在使われているのは山側の一線のみで、片側の線路や、かつての留置線は今では本線から切り離され使われていない。

 

5380704.JPG

5380705.JPG

5380706.JPG

 

5380707.JPG

5380708.JPG

5380710.JPG

 

5380711.JPG

5380712.JPG

5380709.JPG

 

山裾の少し高台にある駅の構内は、この路線の駅にしては驚くほど広い。

この広いヤードは、かつて木材などの積みだしで大いににぎわった名残であり、当時のそんな姿を彷彿させるだけに、そこに取り残された赤茶けたレールには、一抹の寂しさを感じないわけにはいかない。

 

 駅を出てその前の坂を少し下ると、「美作河井転車台」と書かれた写真入りの案内板が建っている。

案内板に従い坂を下り、線路の下を潜る暗渠を通り、向こう側に抜けすぐに右に折れる。

するとそこは周囲の状況が一変し、両側に背丈以上に伸びた雑草が覆い被さるように茂る中に、踏み固められた道のような通路が延びていた。

 

5380713.JPG

5380714.JPG

5380715.JPG

 

5380716.JPG

5380717.JPG

5380718.JPG

 

5380719.JPG

5380720.JPG

5380721.JPG

 

右側は因美線の線路が走っている筈だが、ほとんど見えない。

左は原生林のような山裾が間近まで迫っていて、気味が悪くなるような道である。

ぬかるむ足元に注意を払いながら先に進むと、突然目の前が開け墓地があり、その先に丸く切り込まれた穴に残された転車台が目に飛び込んでくる。

 

長年この地の土の中に埋もれていたもので、2007年に全国から集まった鉄道ファンの手によって掘り起こされ、その姿を再び現した「美作河井転車台」だ。当時は鳥取方面からやって来たラッセル車の方向を変える時に使われたものだと言う。

桁の長さ40フィート、明治の初めころ鉄道黎明期に輸入されたものらしく、国内には4例程度しか残っていないが、完全な形で残っているのは全国でもここだけと言う大変貴重なものらしい。

鉄道遺産としてJR西日本の登録鉄道文化財に、さらに2009年には経産省の近代化産業遺産の指定を受けている。

 

 

■交通案内

 

■因美線各駅

電車  JR因美線各駅下車

 

 ■百々温泉・めぐみ荘

    電車  JR因美線 美作加茂駅下車 北西に約1.7KM

 

 



 

| ホーム | はれのくに | このページの先頭 |

 

(c)2010 Sudare-M, All Rights Reserved.

 

inserted by FC2 system