コンテンツ

ホーム

サイト紹介

はれのくに

の旅

遍路歩き旅

海外旅行

伝統こけし

マイブログ

んどせる 木造校舎 木の香り

 

旧遷喬尋常小学校

 

 久世町にある「旧遷喬(せんきょう)尋常小学校」は、国の重要文化財の指定を受けている。

この校舎は明治39年7月に着工し同40年7月に、当時のお金で18000円の巨費を投じて完成した。

それは木造のルネッサンス様式による擬洋風建築と呼ばれるもので、明治28年に定められた学校建築の基本指針によるそれ以降の典型例として知られている。全国の建築専門誌では、「迎賓館を思わせる豪奢な造り」と紹介されるように、日本でも屈指の優雅な美しさを醸している貴重な建築物であると言われている。

 

5410101.JPG

5410102.JPG

5410103.JPG

 

5410104.JPG

5410105.JPG

5410109.JPG

 

5410108.JPG

5410106.JPG

5410107.JPG

 

煉瓦を積み花崗岩の切り石を土台とした木造二階建ての外観は完全な左右対称で、正面の部分は両側より少し迫り出し、厚みを持たせ切妻屋根が載せられていて、その中央部分がアーチ状に開けられそこが玄関となっている。

その屋根には帆を張った高瀬舟をイメージした校章が掲げられている。

桟瓦葺の屋根を持つ両側に張り出し部分は下見板張りで、軒下の筋交いがアクセントになっている。

 

5410110.JPG

5410111.JPG

5410112.JPG

 

5410113.JPG

5410114.JPG

5410153.JPG

 

5410154.JPG

5410155.JPG

5410156.JPG

 

5410157.JPG

5410158.JPG

5410159.JPG

 

5410160.JPG

5410161.JPG

5410162.JPG

 

 内部は公開されている。

入り口に置かれている木製の下駄箱がなんとも懐かしい。

廊下は幅の広い重厚感のある松材を使用し、その天井を走る電灯線もむき出しで、白い碍子に固定されていて昔のままだ。

杉板の貼られた教室には、机や椅子は勿論オルガンやランドセルなども残されていて、平成2年の夏まで現役として使われていた当時の姿に、どこからか今にも子供たちの声が聞こえてきそうな、そんな懐かしい佇まいを見せている。

 

5410163.JPG

5410164.JPG

5410165.JPG

 

5410166.JPG

5410167.JPG

5410168.JPG

 

 校舎の両端には二階に上がるまわり階段が設けられている。

使い込まれ角の取れた段差は低く、幅も心なし広く取られているようで、低学年生への配慮がなされているようだ。

そんな二階の真ん中部分には講堂が有り、その見事さには目を見張る。

中央には舞台が設けられ、磨かれた床板は黒光りをし、低い位置に大きく取られた窓から入る光を返している。

天井は周りに比べると中央部分が一段と高くなっていて、それは二重折り上げ洋風格天井と呼ばれるらしく、その造りには圧倒される。

 

54101171.JPG

54101172.JPG

54101173.JPG

 

54101174.JPG

54101175.JPG

54101176.JPG

 

54101177.JPG

54101178.JPG

54101179.JPG

 

 学校はタレント活動も活発で、映画「ALWAYS三丁目の夕日」「大病人」や、ドラマ「カーネーション」「犬上家の一族」「火垂るの墓」や、数々のCMへの出演を果たしている。

またここではコンサート・落語会や、休日には昔懐かしい給食を再現し食べるイベントも開かれている。

 

54101181.JPG

54101182.JPG

54101183.JPG

 

54101184.JPG

54101185.JPG

54101186.JPG

 

■交通案内

 

 ■ 旧遷喬尋常小学校

    電車  JR姫新線 久世駅下車 東へ徒歩 約0.7Km

    車   中国自動車道 久世IC下車 西へ国道181号線経由 約3.54Km

 

 

 



 

| ホーム | はれのくに | このページの先頭 |

 

(c)2010 Sudare-M, All Rights Reserved.

 

inserted by FC2 system