コンテンツ

ホーム

サイト紹介

はれのくに

の旅

遍路歩き旅

海外旅行

伝統こけし

マイブログ

け川は 曲がった鉄橋 高瀬舟

 

曲がった鉄橋

 

 『作州和計河(ワケガワ)にてタカセ舟を見ておもへらく、百川皆舟を通すべしと、』

 

古くから開けていた岡山三大河川の一つ吉井川には、周匝川、和気川、福岡川などいろいろの呼び名が有ったらしい。

江戸時代初期ワケガワ、今日の吉井川で高瀬舟を見て大いに驚いた角倉了以は、京都の嵯峨野に帰って川浚えを始めたと言う。

(「岡山紀行今昔」富岡敬之 昭和55年・山陽新聞社)

 

5290107.JPG

5290108.JPG

5290109.jpg

 

 山陽本線は「万富」と「和気」の間で瀬戸内海に向けて流れる吉井川を橋梁で越える。

吉井川は、流域にある4世紀末の古墳から舟形土製品が出土しているように、古くから川の交流が盛んで、特に高瀬舟による海運が開けたところであった。

 

高瀬舟と言うのは全長が20mほどで、巾2m位の舟底が平らで、舳先が高くせり上がり、中央に帆柱が立った船のことで、浅瀬でも運行が出来る構造となっていた。室町時代には上流の林野や津山あたりまでの舟便が有り、馬40頭分もの荷を積んで上り下りしていた記録が残されていて、下りが一日から二日、上りでも三から四日、上り下りすると一週間程度で有ったと言う。

 

5290110.JPG

5290111.JPG

5290112.JPG

 

5290113.JPG

5290114.JPG

5290115.JPG

 

5290116.JPG

5290117.JPG

5290118.JPG

 

この吉井川橋梁は曲がった鉄橋として、鉄道写真フアンの間では撮影ポイントとして知られたところだ。

岡山市中区の生まれの名随筆家・小説家として知られる内田百閧ェ、自身の随筆集「安房列車」に『日本で唯一曲がった鉄橋』と紹介したことで、一躍有名になり以来広く知られるようになった。

 

 両岸から始めた測量にミスが有ったなどと汚名を着せられ、面白おかしく語られたりもしたが、実際のところは正面に立ちふさがる熊山にトンネルを掘るのを避け、鉄橋を曲げたものらしい。

こういった事例は今ではよく知られ、全国にも何か所あると言う。

 

5290119.JPG

5290120.JPG

5290121.JPG

 

実はこの百閧ェ紹介した橋梁は既に取り壊されていて、今の橋は山陽本線が複線化される折に新しく架けなおされたもので、その橋もやはり曲がっている。

橋脚の下流側すぐ足元には、旧橋の基礎がそのまま残され、川の水量が少ないときであれば車窓からはそれを確認することが出来る。

 

 

万富東大寺瓦窯跡

 

ここ万富には昭和2年、国の史跡に指定された「万富東大寺瓦窯跡」がある。

平安時代の源平合戦の折、平家の南都焼き討ちで消失した奈良東大寺の大仏殿再建の勧進が行われ、その建屋などの瓦を焼いた窯とされる場所である。

南北に細長い低丘陵の西斜面に窯が連続して築かれていて、これまでの調査では13基もの窯跡が確認されている。

 

当時この付近の伊部では、既に多くの焼き物(現在の備前焼)が生産されていたが、この地が選ばれたのは、

『備前国司(俊乗坊重源)の勢力がおよび、大量の瓦や材料(薪)を生産・運搬するのに適した地として、この万富が選定された』

と考えられている。

(「史跡万富東大寺瓦窯跡確認調査報告書」 2003年 岡山県瀬戸町教育委員会)

 

5290301.JPG

5290302.JPG

5290303.JPG

 

5290304.JPG

5290306.JPG

5290307.JPG

 

5290305.JPG

5290308.JPG

5290309.JPG

 

この付近は雨が少なく温暖な地で、いわゆる「瀬戸内式気候」によって、早くから農耕地として開けていて、もともと樹木に恵まれ、良質な粘土が大量に有ったことが知られており、町内からは旧石器時代の遺物も出土している。

東大寺の守護神を勧請した阿保田神社を工事全般の指令所とし、これを中心に東・南・西に各々10基、合計30基もの窯を築き、それを用いて軒丸瓦と平瓦などが3040万枚も焼かれたと伝えられている。

 

 このころ吉井川は大きく蛇行し、その浅瀬が万富のこの付近まで入り込んでいた。

生産された瓦はその浅瀬から筏を組んで川の中ほどに待つ舟まで運び、それに積み変え吉井川を下り、瀬戸内海に出て大阪湾に向かい、そこから淀川・木津川をさかのぼり東大寺に送り届けられたと言う。

 

 

切符ブーム

 

1975年北海道広尾線の「幸福」行き切符に端を発した旧国鉄の切符ブームは、岡山にも飛び火した。

津山線の「金川」「福渡」や、ここ山陽本線の「万富」にである。

“万に富む”と縁起のいい駅名が人気を呼んだ「万富」では、年間でも200枚程度しか売れなかった入場券が一日平均で100枚以上も飛ぶように売れ、最高は300枚も出た日が有ったそうだ。

一日の利用者が数百人しかなかった駅での出来事である。

 

5290101.JPG

5290102.jpg

5290103.JPG

 

5290104.JPG

5290105.jpg

5290106.JPG

 

今そんな喧噪は忘れ去られ、入場券を手にする人はほとんどいない。

駅に隣接した南側にはその騒動の三年前に操業し、平成に入りリニューアルされたキリンビールの最新鋭工場が建っている。

ビオトープが併設され、自然あふれる公園のようなきれいな工場を見学すれば、出来立ての美味しいビールや、清涼飲料水の試飲も楽しめると人気だ。

 

 

■交通案内

 

 ■山陽本線吉井川橋梁

   車   山陽自動車道 山陽IC下車 県道37号から県道96号など経由で 約8Km

   電車  JR山陽本線 万富駅下車 東へ 徒歩 約1.2Km

 

 ■万富東大寺瓦窯跡

   車   山陽自動車道 山陽IC下車 県道37号から県道96号など経由で 約6.6Km

   電車  JR山陽本線 万富駅下車 北へ 徒歩 約0.6Km

 

 ■ビヤパーク岡山(キリンビール岡山工場)

   車   山陽自動車道 山陽IC下車 県道37号から県道96号など経由で 約6.1Km

   電車  JR山陽本線 万富駅下車 南へ 徒歩 約0.7Km (駅から送迎あり:要予約)

 

 

 



 

| ホーム | はれのくに | このページの先頭 |

 

(c)2010 Sudare-M, All Rights Reserved.

 

inserted by FC2 system