誘われて

写真と文でつづる旅の思い出

 

 

 

 about50.jpgabout57.jpgabout53.jpgabout54.jpgabout59.jpgabout55.jpgabout56.jpgabout58.jpg

 

 

 

 

 

 

もんげー おかやま 観光かるた

 

 

■ ■ 『晴れの国・おかやま』 ■ ■

 

hare00.JPG

 

降水量1ミリ未満の日が年間で276.8日と日本一多いこと、また年間降水量も1105.9ミリで全国第三位。

年間日照時間も2030.7時間と長いことなどから岡山県では、

平成元年より『晴れの国』をキャッチフレーズとして掲げてきた。

(数字は何れも20115月 気象庁発表値)

 

鳥取県と接する県北部には、標高1,000メートル前後の中国山地を形成する、

なだらかな山々が控えている。

その標高は南に向かうにつれて低く成り、中部には吉備高原と呼ばれる丘陵地帯が広がり、

これらは段階的に南に向かって更に下がり、

やがて河川の堆積で開けた平野と成って海に向かい落ち込んで、

瀬戸内海の島々へと連なって行く。

北部の中国山地、南部の四国山地にはさまれたこの地方では、

北部では雨や雪が多いものの、

特に南部は温暖で晴れて乾燥する日が多く瀬戸内気候と呼ばれている。

中国山地からは水量豊かな吉井川・旭川・高梁川と言う三本の一級河川が県土を貫き、

その流域では多種多様な動植物を育成し、見事な景観を作り出してきた。

 

このように自然環境に恵まれたこの地には、古くから大和朝廷にも匹敵する程の古代吉備文明が生まれた。

そして古くから「桃太郎伝説」が伝えられ、

鬼ノ城・吉備津神社など桃太郎や鬼のモデルとされる

吉備津彦命や温羅(うら)に関する伝承地も多く残されている。

 

県北の西日本屈指の高原リゾート地・蒜山高原、湯量豊富な奥津・湯原・湯郷の美作三湯、

天下の名園・後楽園、白壁と柳の倉敷美観地区、多島美の瀬戸内海、

現代の英知の結集巨大な瀬戸大橋などなど、名所には事欠かない。

また、備前焼や備前刀などの伝統工芸品から、

マスカット、ニューピオーネや白桃などの果物類、カキ、ママカリ、サワラやタコなど、

瀬戸内海の海産物なども豊富だ。

連綿と様々な伝統や独特の文化を育んで伝えて来た岡山には全国に誇れるものが数多く有り、

その魅力は尽きる事を知らない。

そして今、岡山の素晴らしいところをもっともっとアピールするために、

「もんげー」(岡山弁で「すごい」の意)を合言葉に、情報発信に努めている。

ここでは『晴れの国・岡山 もんげー おかやま!!』の観光情報を、写真で紹介する。

 

(写真:津山・鶴山公園の桜)

 

 

■写真はこちら

 

 

江戸の世に永忠造る大庭園.jpg

白壁が川面に映えるモダンな街.jpg

世界では最古のおらが閑谷校.jpg

温羅と吉備津彦昔々の物語.jpg

早春を告げるウメの香里の花.JPG

春爛漫備前平野に桜咲く.JPG

両参り厄除け参拝ご利益倍増.JPG

孤高を保つ一本桜.JPG

フジ色に棚染め上げるむらさきくさ.JPG

510.jpg

511.JPG

\512.JPG

たまにはゴットンプチ旅行.JPG

514.JPG

515.JPG

516.JPG

\517.JPG

\518.JPG

\519.JPG

\520.JPG

\521.JPG

522.JPG

523.JPG

524.JPG

525.JPG

526.JPG

527.JPG

528.JPG

529.JPG

530.JPG

531.JPG

532.JPG

533.JPG

534.JPG

535.JPG

536.JPG

537.JPG

538.JPG

539.JPG

540.JPG

541.JPG

542.JPG

543.JPG

544.JPG

545.JPG

546.JPG

 

 

 

 

 

 

 



 

ホーム はれのくに 鉄の旅岡山 国内の旅行 遍路歩き旅 東海道歩き旅 海外の旅行 伝統こけし マイブログ

 

(c)2010 Sudare-M, All Rights Reserved.

 

 

inserted by FC2 system