旅の思い出

ホーム

サイト紹介

国内の旅

遍路歩き旅

旅行

伝統こけし

マイブログ

無念の撤退・可部線

 

広島から、可部線に乗ってみる。

広島を出た列車は横川までは東海道線を走り、その先で本来の可部線に入る。

横川を出るとすぐに太田川の鉄橋を渡り、大きく進路をかえ川に沿って北上する。

広島市のベットタウン化された市街地を走るので、家々の軒先をかすめるように、川と一緒になって進む。

線路と平行に走る道路にも、路線バスが頻繁に走っているので厳しい競争が有るのであろう。

大凡中間地点の大町では広島市の新交通システム、アストラムラインと交差する。

 

40分ほどで終点可部に到着する。

ここまでは、電化された14キロ程の短い路線で、この間に12もの駅がある。

どの駅でも乗客の乗り降りは多く、駅間も短く、さながら市内電車のようでもある。

 

kokunaiaki101101

kokunaiaki101102

kokunaiaki101103

 

本来はこの先に三段峡まで46キロ余りの非電化区間が有ったが、赤字を理由に200312月に廃止された。

もともとの計画では、陰陽連絡線として山陰本線の浜田に接続される事になっていたらしい。

その工事も進まないまま廃止された。

その後は線路や駅舎などの施設はそのまま残され、沿線の自治体や住民、団体などが存続のための募金活動や第三セクター化の検討も行った。

しかしそう言った活動のどれもが日の目を見ることは無く再開は夢のまま今に至っている。

 

kokunaiaki101104

kokunaiaki101105

 

 

ホームからは、まだ少し先に続く線路が見えるので、「線路残っていますね」と改札近くにいたベテランの駅員に話しかけると、こんな話を聞かせてくれた。

駅前広場の観光案内板にも、三段峡までの旧線の路線図がそのまま残されている。

 

 

三次のワニ料理

 

この日は広島に戻り、ここから芸備線で三次に向かい、更に三江線に乗る。

三次までは本数も多く、時間帯によっては、快速もあるので困ることは無い。

しかしその先、三江線の終点、江津に向かう列車は、日に3本しか無い。

と言っても直行する列車は、三次を朝の5時台に出る1本のみで、残りの2本は、石見川本か浜原で乗り換える事になる。

 

kokunaiaki101201

kokunaiaki101202

 

 

17時台に三次を発つ、浜原乗り換えの列車は30分程の接続で乗り換える事が出来る。

しかし、残る9時台に出る石見川本乗り換えの列車は、何とそこで1時間40分以上も待つことになる。

随分とのんびりしたものだ。

 

広島からは太田川の東を、川に沿って北上する。

とは言え川が近づくのは戸板を過ぎてから。

昨日乗った可部線はその川の西側を走っているからこの辺りでは、川の両岸に路線がある事になる。

玖村辺りでその幅は最小に縮まり直線距離なら1キロ程しか離れていない。

 

kokunaiaki101211

kokunaiaki101212

 

 

三次には1時間40分ほどで到着する。

江の川、西城川、馬洗川が合流することから水の都と呼ばれ、陰陽を結ぶ交通の要衝として栄えた町だ。

 

僅かな待ち時間をどう使おうか・・・。

この町に来たらワニ料理がやはり気になる。

ワニとは、あのワニでは無く海のサメの事。

サメの肉は腐りにくい事から山間部で食べられる貴重な魚として重宝され、秋から冬にかけてが旬らしい。

この町のレストランでは「ワニ料理」が味わえるらしい。

しかし、水の都三次にはその水で仕込んだ美味しい地ビール「ベッケンビール」も有る。

 

kokunaiaki101221

kokunaiaki101222

kokunaiaki101223

駅から5分のところにレストランがある。

ビールを手早くグビッと・・・迷ったが、時間的にはこれしかない。

 

 

高架橋の上に有る駅

 

三次駅の三江線乗り場は、ホームの外れの寂しい場所にある0番線。

人影も無く、この日の乗客は明らかに青春18切符の利用者と思しき数名のみ。

それでもたった一両の気動車は定刻、力強く走り出した。

 

kokunaiaki101231

kokunaiaki101232

kokunaiaki101233

 

列車は、日本海に下る江の川に沿って走る。

その江の川は、広島県内では可愛川(えのかわ)と呼ばれているらしい。

山間を流れるその川がいつも車窓を楽しませてくれる。

川沿いでカーブも多いせいか、エンジン音の割にスピードは出ず、早い自転車程のスピード(そんなことは無いか?)で、ユックリ、ユックリと進むのがもどかしいほどだ。

 

kokunaiaki101241

kokunaiaki101242

kokunaiaki101243

 

少し長いトンネルを抜けると突然目の前が開け、随分と高い位置にある駅に停車した。

三次からは1時間ほどの字都井駅だ。

この駅は何とトンネルとトンネルの間、谷に架かる高架橋の上に有る駅で、ここに来るには100段以上、建物で言えば六階分もある階段を上らねばならないらしい。

興味が沸いたが、ここで降りてしまうと次は六時間後の18時まで列車が無いから降りるわけにはいかない。

 

kokunaiaki101251

kokunaiaki101252

 

 

こんな過疎の町で、こんなにも便利の悪いところに駅を作って地元の人に鉄道を使おうと呼び掛けても、鉄道好きの話題になる事は有っても、どだい無理が有るように思う。

この日ホームには二三人のファンらしき人びとがいた。

車で訪れた人たちで有ろう、到着した列車に向かい、しきりにカメラのシャッターを押していた。

 

字都井を出た辺りで列車は東方向へ大きく進路を変える。

地図で見ると解るが、そのまま真っ直ぐ石見川越辺りに繋がれば良いものを、「つ」の字状に迂回して距離を稼いでいる。

これは、浜原のダム湖を避けるための措置らしいが、その事が結果的には都市間を結ぶ幹線としての機動性を損ね、ローカルな閑散路線に貶めている一因になっていると言われている。

 

kokunaiaki101261

kokunaiaki101262

kokunaiaki101263

 

 

緑にこだます 音楽の里

 

三次を出て2時間余り、江の川の堤防が近づいてくると列車は石見川本に到着する。

ここが終点で、江津行きの次の列車までは、1時間40分余りを待つことになる。

 

kokunaiaki101301

kokunaiaki101302

kokunaiaki101303

 

三次から一緒に乗ってきた青年が運転士と何か話しこんでいた。

「やっぱ、駄目だった」と言う言葉を小耳に挟んだものだから、「どうしたのか」と尋ねたら、「列車の中に荷物を置いておいても良いか」と尋ねたら、「駄目だ」と言われたらしい。

 

青年によると、江津にはこの列車がそのまま向かうはずだから、車内に荷物を置かせてくれるよう頼んだのだとか。

運行上は石見川本止まりと成るので、滞泊中の列車だから、荷物を置くことは出来ないと言う事らしい。

これから食事休憩に入るので有ろう運転士は、エンジンを切り車両に鍵をかけ駅務室に入って行った。

 

kokunaiaki101311

kokunaiaki101312

kokunaiaki101313

 

その青年は、ホームのベンチに荷物を置いて駅舎を出ていった。

それを見て、乗っていた何人かの乗客も一様にベンチに荷物を置いたまま出ていった。

随分迷ったが、身軽に越したことは無いのでそれに倣い、私も荷物を置いて駅舎を出た。

 

食事をするところを捜さなければ・・と思い駅で見つけたパンフレットを手に町に出た。

車も人もほとんど通らない静かな町である。

 

「緑にこだます 音楽の里」

ここ川本には、ブラスバンドの全国大会で何度も優勝をした川本高校がある。

と言っても、あらかじめ知っていたわけではない。

駅で手にしたパンフレットにそう書いてあるから知ったに過ぎないが・・・。

 

この伝統を生かし、音楽を町作りの柱にした音楽施設「悠邑ふるさと会館・かわもと音戯館」が小高い山の上に見える。

 

kokunaiaki101322

kokunaiaki101323

 

 

駅近くの「創作Dining」と書かれた小奇麗な店を見つけ昼食をとる。

店員に、この辺りで1時間ほど時間をつぶしたいのだが・・と聞くと、「この町は何もない」と素っ気ない返事が返ってきた。

「あの先に見えるところは・・・」と聞くと、「観光するようなところではない。大したことない」と言う。

少し山の方に向かうと城跡も有るらしいが、結構な距離を歩くことになるらしい。

 

kokunaiaki101331

kokunaiaki101332

kokunaiaki101333

 

結局昼間からビールを注文し、ラーメンを啜っていたら1時間ほどが過ぎてしまった。

店を出て、町はずれのお寺に立ち寄り、そのあと線路を横切り江の川の河川敷に出てみた。

暑く日差しのきつい日で有ったが、さすがに川面を渡る風は涼しく、乗客の何人かは土手に寝そべっていた。

皆どこかへ行くことも無く、ここで時間潰しをしていたようだ。

 

 

江津へ

 

列車のエンジン音が静かな川縁に響く。

運転士が江津行きの列車に乗り込み、アイドリングに入ったようだ。

この音を聞き付けて、どこからともなく先ほどと同じ顔ぶれの乗客が集まってきた。

 

kokunaiaki101401

kokunaiaki101402

kokunaiaki101403

 

反対側のホームに対向の浜原行きの列車が入線する。

この先江津まで列車の行き違いが出来る駅が無いので、この列車の到着を待っていたのだ。

その列車がホームに停止するのを待って列車は江津に向け出発した。

 

途中三瓶山が車窓から見えると聞いていたが、どの辺りで見えたのか・・・気付かず見損なってしまった。

やがて川幅が広く成り、その先に日本海が広がると終点の江津に到着だ。

 

kokunaiaki101411

kokunaiaki101412

kokunaiaki101413

 



 

| ホーム | 国内の旅行 | このページの先頭 |

 

(c)2010 Sudare-M, All Rights Reserved.

 

inserted by FC2 system