コンテンツ

ホーム

サイト紹介

はれのくに

鉄の旅岡山

の旅

遍路歩き旅

東海道歩き旅

海外旅行

伝統こけし

マイブログ

茅葺屋根の駅

 

 湯野上温泉駅は旧国鉄の会津線湯野上駅として、昭和7(1932)年12月に開業している。

その後経営がJR東日本から第三セクターの会津鉄道に移り、この折駅名も湯野上温泉駅と変えられた。

昭和621987)年7月のことだそうだ。

 

 その後駅舎は、近くにある「大内宿」の観光最寄り駅であることから、茅葺屋根の建ち並ぶ町並みになぞらえて、茅葺の屋根の建物に建て替えられ、「日本で唯一の茅葺屋根を有する駅」となり、東北の駅百選にも選ばれた。

ところがJR九州の久大本線・豊後中村駅が、平成222010)年に現駅舎を取り壊し再建により茅葺屋根の駅舎としたことで日本唯一の称号は無くなってしまった。

 

3050101.JPG

3050102.JPG

3050103.JPG

 

3050104.JPG

3050105.JPG

3050106.JPG

 

3050107.JPG

3050108.JPG

3050109.JPG

 

湯野上温泉の最寄り駅であり、駅舎の横には平成1210月に足湯「親子地蔵の湯」も併設されていることなどから、駅名標では「江戸風情と湯けむりの里」を名乗っている。

ホーム周辺には桜の古木も多く、四月ころの花見や、紅葉する秋にはこれ目当てのお客も多いと言う。

 

 駅には相対したホームが千鳥に配置されていて、ここでは列車の交換が行われる。

そのため先着した列車は暫く停車することもあり、乗客はその間カメラを片手にホームを右往左往して写真を撮るのに慌ただしく、そんな賑わいを見せる駅でもある。

 

3050110.JPG

3050112.JPG

 

3050115.JPG

3050114.JPG

3050113.JPG

 

3050116.JPG

3050201.JPG

3050118.JPG

 

 改札を抜けると構内は思ったよりも広く、左側に駅務室が有り売店を兼ねている。

右側が待合室になっていて、その一角に板敷の小さな間が拵えてあり、その中央には囲炉裏が切られ、暖かな火が燃え盛っていた。

立ち上る煙は萱の虫よけになると言う。

ここでは地元の名産品に交じり、簡単なコーヒーなどの飲み物も売られている。

囲炉裏の有る上がり框に腰を下ろし、そっと手をかざしながらお茶をしたくなる、そんな懐かしさを辿りたくなる駅である。

 


 

湯野上温泉

 

阿賀野川の上流域、大川渓谷に沿った山々に囲まれた山間の地では、四季折々の渓谷美が楽しめる。

会津鉄道の駅周辺と、そこから歩いて15分ほどの温泉街には、20軒近くのホテルや旅館や民宿などが点在している。

とは言えここには歓楽な娯楽施設は何も存在しないし、それどころか土産物屋・食事処などを目にすることもほとんどなく、温泉客がそぞろ歩きを楽しみ賑わう通りなどを見ることも無い。

 

3050117.JPG

3050202.JPG

3050203.JPG

 

3050204.JPG

3050207.JPG

3050208.JPG

 

3050210.JPG

3050211.JPG

3050214.JPG

 

周辺には有名な大内宿が有るとはいえ、そのほかに潤沢に見どころが有るわけでも無い「いで湯の里、湯野上温泉」は、大自然に囲まれた山里の素朴で懐かしい匂いのする温泉郷である。

この地を流れる大川渓谷の岩間から吹き上げる温泉が知られるようになったのは、古く奈良時代のことだそうで、湯野上温泉にはこんな猿湯伝説が残されている。

「戦いに敗れ傷を負ったボス猿が、或いは猟師に鉄砲で撃たれた手負いの猿が、この湯に浸かり傷をいやした」と言う。

 

3050212.JPG

3050213.JPG

3050215.JPG

 

3050216.JPG

3050217.JPG

3050218.JPG

 

3050219.JPG

3050220.JPG

3050221.JPG

 

「ほのぼの通り」と名付けられた通りには、小さくて可愛いい足湯もあるが、うっかりしていると見過ごしてしまいそうだ。

大川ラインに架かる吊り橋・江川橋からは、錦秋に染まる山と奇岩を縫って流れる絶景を望むことも出来る。

そんな河原では今でも、少し掘れば温泉が出ると言う。

源泉は5つありその温度は62度、多くの旅館が渓谷を見下ろす場所に浴場を構え、それらは今でも混浴が多いと言う。

泉質はアルカリ性単純泉で、神経痛、筋肉痛などに効能があると言う無味無色サラサラの湯だ。

 

3050209.JPG

3050205.JPG

3050206.JPG

 

3050222.JPG

3050224.JPG

3050223.JPG

 

3050225.JPG

3050226.JPG

3050227.JPG

 

 「この辺りは何も変わらないのに、あの頃は原発の風評被害で一時客足がばったりと途絶えた」と話す今晩の宿の主人だが、「ここに来てやっと回復してきた」とにこやかに語り、喜びを隠さない。

この日泊まった小さな温泉民宿は、全ての部屋が遠来のお客で埋まっていた。

 


 

猿游号

 

「大内宿」の観光は、会津鉄道の湯野上温泉駅から一日六便の「猿游号(さるゆうごう)」で向かうことになる。

41日〜11月末日までの毎日運航で基本は前日までの予約制だが、当日運行が有れば予約なしでも乗車は可能だ。

料金は一日フリー券1000円で、座席指定ではないので座れると言う保証はない。

 

 この日乗車したバスは深緑色に塗りこめられたボディーに、天井の赤いラインが印象的な「ペンネンネンネンネン・ネネム号」と名付けられたレトロバスであった。夫々のバスには、このように宮沢賢治創作の名前が付けられているのだそうだ。

 

3050301.JPG

3050302.JPG

3050303.JPG

 

3050304.JPG

3050305.JPG

3050306.jpg

 

 大内宿に向かう猿游号は、駅を出て左側の坂を少し下った駐車場にある停留所から出発する。

発車間近にどこからともなく集まった乗客で車内の座席はたちまち埋まり、立ち客も出るほどの込みようだ。

発車すると前の道を右折し、すぐに源次郎橋を渡る。ここから車窓左手には、大川渓谷の流れと、その対岸にそそり立つ奇岩・夫婦岩が見て取れる。まるで人が二人寄り添うように立っている姿からこのように呼ばれている岩だ。

 

会津線の線路を踏切で越え国道121号線に出て、そこを暫く走り左に折れ阿賀川の支流小野川に沿った県道131号線を上り始める。

その道路脇には「8.7‰ 急勾配注意」の標識が建てられている。

湯野上温泉辺りの標高は400m余り、ここから標高670mの大内宿へは登り続ける小野川渓流沿いの道が続いている。

 

3050307.JPG

3050308.JPG

3050309.JPG

 

3050310.JPG

3050311.JPG

3050312.JPG

 

3050314.JPG

3050313.JPG

3050315.jpg

 

 山々の紅葉はすでに盛りを過ぎ、黄色や茶色に色付いた落ち葉が風に舞っている。

山裾の木立を割って流れる小野川の川幅は余り広くはなく、所々で岩を食み白い急流になって流れ下り、その美しい姿を見せているが、その様が青森県の奥入瀬渓流に似ていると評判で、ここを歩いて上り、大内宿を訪れるハイカーも多いと言う。

 

そんな渓流がしばらくの間車窓の左手に、付かず離れず眺めることが出来る。

猿游号の車内の椅子は木製で、一部が窓側に向けて設けられているのはこのためだろうか。

渓流をのんびりと眺めながら、走ることおよそ20分で大内宿入口のバス停に到着する。宿場内の通りには車両の乗り入れが禁止されているので、バスといえども入ることは許されない。大型の観光バスもマイカーも県道脇に設けられた駐車場に車を止めることになる。

 


 

大内宿 よってがさんしょ 

 

 南会津の山中にあり、江戸時代には会津城下と下野の国(日光今市)とを結ぶ会津西街道(下野街道とも呼ばれていた)32里の要所、会津から数えて三番目の宿場町として栄えた町には、整然と区割りされた屋敷割に、町家や脇本陣などが当時の面影のままの姿で佇んでいる。見事なまでに統一された茅葺屋根の家々、その真ん中を貫く地道、せせらぎを聞かせる両側の小さな水路、それらはまるで江戸時代にタイムスリップをしたかのようだ。

 

3050401.JPG

3050402.JPG

3050403.JPG

 

3050404.JPG

3050405.JPG

3050406.JPG

 

3050407.JPG

3050408.JPG

3050409.JPG

 

3050410.JPG

3050411.JPG

3050412.JPG

 

 江戸時代には会津の物資を関東方面に運ぶ重要な街道の宿場町として、本陣や脇本陣、問屋場や宿屋が軒を連ねたこの町も、何時しか忘れ去られ、残された昔ながらの家屋も維持が困難で一時はトタン屋根に葺き変えられたりした時期が有ったらしい。

戦後になって、マスコミなどの紹介でこの町並みの存在が広く全国に知られるようになると、地元では町並み保存の機運が盛り上がり活発になったと言う。そして昭和561981)年には、国の重要伝統的建造物群保存地区に指定された。

その後は建物の屋根を茅への葺き直しや、道路のアスファルト剥がし、電線の地中化などが順次行われ、今日見られるような姿に様変わりした「大内宿」には、年間120万人以上の観光客が訪れるそうだ。

 

3050414.JPG

3050415.JPG

3050416.JPG

 

3050413.JPG

3050417.JPG

3050418.JPG

 

3050419.JPG

3050420.JPG

3050421.JPG

 

3050422.JPG

3050423.JPG

3050424.JPG

 

3050425.JPG

3050426.JPG

3050427.JPG

 

宿場町を貫く往還は500mほどしかないが、道幅は思ったよりも広々としている。

この広い道は万が一の火災の折、延焼を防ぐためかと思ったが、元々は街道の中央を流れていた小川を、明治に入り両側に分けたことにより広くなったものらしい。

その道の両側には茅葺屋根の民家が、妻入りの容も揃え幾重にも大屋根を連ねている。

かつてはどこの農村でも見られた当たり前の光景ではあるが、今日これだけ纏まった集落は珍しい。

こんな茅葺屋根を見に、人々は癒しを求めてやってくる。

そしてその光景を目の当たりにすると、懐かしさに思わず感嘆の声を発するのである。

 

3050428.JPG

3050429.JPG

3050430.JPG

 

3050434.jpg

3050435.JPG

3050436.JPG

 


3050431.JPG

3050432.JPG

3050623.JPG

 

大内宿はかつて戊辰戦争の舞台にもなり、そのため貴重な資料や図面が散失した。

町並みの中央付近に一際威容を誇る建物は、復元された「問屋本陣」であるがその威容は、近隣の同様な施設を参考にしてのものだと言う。かつては参勤交代で行き来する藩主などの宿とされた本陣であるが、復元されたものは宿場に有って人足や荷馬の手配をする問屋場で、「町並み展示館」として内部が有料で公開されている。

 

 その裏手当たりにあるのが高倉神社だ。

反平家の挙兵をし、戦いに敗れ逃げ延びた高倉の宮以仁王(後白河法皇第二皇子)伝説が残る古社らしい。

近くには宮が草鞋を脱いだとされる築400年の民家や、脇本陣を務めたと伝わる古民家などもある。

 

3050601.JPG

3050602.JPG

3050603.JPG

 

3050604.JPG

3050605.JPG

3050606.JPG

 

3050607.JPG

3050608.JPG

3050609.JPG

 

 通りの突き当りを小高い丘が塞いでいる。

道はここで各地の街道でも多く見られるように鉤の手に曲がることになるが、これは敵の侵入を容易にさせない工夫であり、当時この辺りに桝形門が有ったのかと、地形的に想像してみるがそれは定かではない。

 

左に取ると坂の上に向けて階段道が有り、登りつめると「正法寺」と言う小さなお堂が建っている。

そこに植えられた巨大なイチョウ木が丁度紅葉期を迎え、境内一面が金色の落ち葉を敷き詰めた様で、訪れた人を魅了していた。

そこをさらに登れば子安観音のお堂が有り、丁度そのあたりでは眺望が開け、見晴らし台になっていて、ここからは大内宿の茅葺屋根の町並みが一望だ。テレビや雑誌、ポスターなどで紹介されるお馴染みのあのアングルである。

 

3050501.JPG

3050502.JPG

3050503.JPG

 

3050610.JPG

3050611.JPG

3050612.JPG

 

3050613.JPG

3050614.JPG

3050615.JPG

 

会津西街道・大内宿には、40軒以上も茅葺屋根の民家が軒を連ねているが、昔なら差し詰め旅人を泊める旅篭か木賃宿、また休憩の用に供する茶屋辺りで有ろう。

歩き疲れやっとの思いで宿場に到着した旅人は、思い思いに宿を決め早々と草鞋を脱ぐ。

また先を急ぐ旅人も、しばし息を整えようと茶店の縁台に腰を下ろし、茶をすする。

当時は街道の中央には小川が流れていたと言うから、持っていた手拭を水に浸し、火照った体を冷やし土埃で汚れた顔を洗い、そこに冷やされていたであろう野菜や果物などで喉の渇きを癒したのではなかろうか。

この地に立つと、そんな古の姿が目に浮かんでくる。

 

3050617.JPG

3050616.JPG

3050618.JPG

 

3050619.JPG

3050620.JPG

3050621.JPG

 

3050622.JPG

3050433.JPG

3050624.JPG

 

 今日の町並みでは、そのほとんどが観光客目当ての土産物屋や食事処を営んでいる。中にはかつての家業を引き継いだのか民宿を兼ねた家もあるようだ。土地の名産である色々な漬物やしんごろう(米を潰した団子に味噌を塗り炭火で炙ったもの)、そば粉まんじゅうや焼き魚などを売る店、手作りの小物や民芸品を売る店もある。

昼食時とあって新そばを提供する店や、名物のねぎそばを食べさす食事処などの店先は随分と込み合っている。

 

ここ会津は伝統的に女性が活躍する土地柄の様だ。

こうした土産物店や食事処で往来に立ち観光客を呼び、店先での商の中心になっているのは圧倒的に女性が多いように見受けられる。

街道を歩いているとそんな物売りのお姉さん、おばちゃん、おばあちゃんたちの会津弁がどこからともなく明るく呼びかけて来る。

「よってがさんしょ」

 



 

| ホーム | 国内の旅行 | このページの先頭 |

 

(c)2010 Sudare-M, All Rights Reserved.

 

inserted by FC2 system