コンテンツ

ホーム

はれのくに

鉄の旅岡山

の旅

遍路歩き旅

東海道歩き旅

海外旅行

伝統こけし

マイブログ

通潤橋

 

 山間の地、高千穂町から国道218号を西に向かう。

跡取川に沿うように進む国道は、津花峠の下をトンネルで抜け、凡そ1時間ほどで熊本県の山都町に入って来た。

九州の“ヘソ”と言われる地域で、この地には「幣立神社」と言う神代時代の伊勢神宮であり、高天原神話発祥の神宮と伝わる古社が鎮座していると言うが、残念ながら見落としてしまった。

 

4050101.JPG

4050102.JPG

4050103.JPG

 

4050105.JPG

4050120.JPG

4050104.JPG

 

4050116.JPG

4050117.JPG

4050118.JPG

 

国道218号でそのまま山都の町中を通り、途中県道180号に入り暫く進むと、「道の駅・通潤橋」がある。

ここは「通潤橋」観光の拠点となる場所で、物産販売所や食事処、観光案内所、資料館などが整備されている。

ここのメイン施設で歴史的建造物、国の重要文化財である「通潤橋」は、テレビなどでも時々紹介される豪快な放水の光景が広く知られていて、それを目当ての観光客も多いらしい。通常放水はゴールデンウイーク前後と、8月初旬から11月末の土日祝日を中心に観光放水が行われているが、それ以外でも事前の申し込みが有れば、有料で放水に応じていると言う。

 

4050107.JPG

4050106.JPG

4050108.JPG

 

4050109.JPG

4050110.JPG

4050111.JPG

 

4050112.JPG

4050113.JPG

4050115.JPG

 

4050114.JPG

4050119.JPG

4050121.JPG

 

 「通潤橋」は三方を川に囲まれ水利に恵まれなかった白糸台地に水を送るため、江戸時代に総庄屋であった布田之助が設計し、近隣農民や熊本八代の石工集団などの協力により、1年8か月の歳月をかけて造られた石造り水路橋である。

6キロ離れた笹原川より水を引き、対岸の台地に水を送る水路であるが、水路橋の位置が二つの地区より低い場所にあるために、送水管の底に溜まる泥や石を抜く目的で定期的に放水が行われている。

 


 

城彩苑

 

 山都町から熊本まで足を延ばし熊本城まえの観光施設「桜の馬場・城彩苑」に寄ってみた。

ここは熊本城の桜の馬場につくられた観光施設で、地元熊本のお土産・特産品の販売や、食文化を伝える食事処等23の店舗が軒を連ねている。また熊本の歴史と文化を体感する「湧々座」も施設内に併設されている。

 

4050201.JPG

4050202.JPG

4050203.JPG

 

4050204.JPG

4050205.JPG

4050206.JPG

 

4050207.JPG

4050208.JPG

4050209.JPG

 

駐車場に車を停め、苑に向かう途中、武将姿の一段と行き違った。聞けば、「おもてなし武将隊」と言う。

これは乱世を駆け抜けた九州各地の武将たちが熊本城に集結し、町を盛り上げようとする集団で、加藤清正を初め、黒田官兵衛、細川忠興など錚々たるメンバーが勢ぞろいし、ここ城彩苑や熊本城内で演武を披露しているらしい。

 

 丁度城彩苑での演武を終え、熊本城への移動中らしく、次は14時半から天守閣で開演すると言う。

「一緒に記念写真を・・・」とお願いしたが、「移動中はお断りしているので・・・」と断られてしまった。

 


 

熊本城と石垣

 

 思えばこの熊本やこのお城には何度も足を運んでいるのに、未だにお城の中に入ったことがなく、何時も時間に追われ駆け足で外側から眺めるだけで帰っている。

石垣や黒を基調とした天守や櫓群それを結ぶ塀などは、外からでも十分鑑賞することが出来、遠巻きに眺めているだけでも美しく十分に楽しめる。だからと言う訳でもないが、どうゆう訳か熊本訪問はいつも慌ただしい。

 

4050301.JPG

4050302.JPG

4050303.JPG

 

4050304.JPG

4050305.JPG

4050306.JPG

 

戦国武将である加藤清正が7年の歳月を要して築いたと言われ、日本三名城の一つとされるのが「熊本城」である。

天守は西南戦争直前に焼失し、1960年に再建されている。

このお城が日本一と称されるのは、その構成要素の一つである石垣の美しさである。

高くなるほど急勾配になるあの優美な姿を誇る「武者返し」と言われる石垣は、直方体に切り出した石の一つの角を直線的に揃えながら、長辺と短辺を交互に積み重ねていく工法で、これは「算木積み」と言われる。

これにより石垣の強度は格段に増すそうだ。

 

4050307.JPG

4050308.JPG

4050310.JPG

 

4050309.JPG

4050311.JPG

4050312.JPG

 

そんなお城は「熊本地震」の前震には耐えたものの、続いて起きた震度7の本震では、城内のいたる所で多大な被害が出た。

石垣の一割が崩落し、二割で膨らみや歪の被害を受け、これらは積み直しを余儀なくさせられている。

再建された天守を始め、櫓や塀など築城当時の姿を残す建物、国の重要文化財指定を受けた13の建造物等も尽く被害を受けた。

 

中でも衝撃的なのは、辛うじて崩落を逃れた一筋の石垣が櫓を支える映像であった。いみじくも強固な石垣を印象付ける結果となったが、崩落した石垣もいったんは全てを解体し、内部の栗石からやり直し外側の石を積み直す作業が必要だと言う。

その外側の石の数は10万個とも言われていて、一つずつ手積みで元の位置に戻しながら修復を試みる。

この城の石垣は場所によって造り方が違っていて、伝統的な石積の方法を守りながらの再建は、大変な難工事が予想されている。

大天守・小天守の修復予定は平成32年頃と言い、石垣などは更にそこから十数年も必要とされている。

(写真は震災前の201410月に訪問時の物です)

 



 

| ホーム | 国内の旅行 | このページの先頭 |

 

(c)2010 Sudare-M, All Rights Reserved.

 

inserted by FC2 system