コンテンツ

ホーム

サイト紹介

はれのくに

鉄の旅岡山

の旅

遍路歩き旅

海外旅行

伝統こけし

マイブログ

関山中尊寺

 

『黄金花咲く陸奥の山野を、北から南へ悠々と流れる北上川は、北上山脈に連亘し、漸く南部平野の南端に達するあたり、束稲山の山容を映し西から注流する衣川の合流地点に近く、鬱蒼たる関山が望見される。その丘陵に衣が関が有った。(中略)

その頃、この地方に足を踏み入れた有徳の僧が有った。(中略)

関山の地相を見て此所を霊地なりとして一宇の堂を建て、自ら石に仏陀の尊像を刻んだ。』

 

4010101.JPG

4010102.JPG

4010103.JPG

 

4010104.JPG

4010105.JPG

4010106.JPG

 

 作家であり天台僧であり、後に中尊寺の貫主にもなった「今東光」は、その著書「平泉中尊寺」(昭和423月 淡交社)の中で、寺の開山とそれに関わる円仁法師・慈覚大師をこんな風に紹介している。

 

 「関山 中尊寺」は天台宗の東北大本山である。

創建は850年と言う古刹で、その寺号は清和帝から賜ったとされている。

その後1,100年代に奥州を治めた藤原氏初代・清衡が寺の中興に着手し、多宝塔を建立し多宝如来・薬師如来を安置した歴史を持ち、これが実質的な寺の開基とも言われている。

 

4010107.JPG

4010108.JPG

4010109.JPG

 

4010110.JPG

4010111.JPG

4010112.JPG


 

 

表参道・月見坂

 

中尊寺は標高130mほどの関山と呼ばれる東西に長い丘陵地に位置しているため、この月見坂が寺への表参道となっている。

道の両側には江戸時代伊達藩により植えられたという、樹齢300年を超える巨大杉の並木が鬱蒼と続いている。

喧騒の国道を離れると、この杉並木により隔離され静寂に包まれた参道では、凛とした早朝の冷気が肌を刺し、吐く息も白く、身がキリリと引き締まり、心を洗われるひと時が静かに過ぎていく。

 

4010201.JPG

4010202.JPG

4010203.JPG

 

4010204.JPG

4010205.JPG

4010206.JPG

 

 「月見坂」の途中には、源氏の氏神として広く信仰された八幡大菩薩を祀る「八幡堂」が静かに佇んでいる。

更に上ると、かつては仁王尊を安置していたという総門跡が有る。今は柱が立つのみだ。

その先に入母屋屋根・総ケヤキ造りの「弁慶堂」が建っている。本尊の愛宕尊と共に、弁慶衣川立ち往生の等身生木像が祀られていることから、こう呼ばれていて、当山の中では人気の高いお堂らしい。

 

4010207.JPG

4010208.JPG

4010209.JPG

 

4010210.JPG

4010211.JPG

4010212.JPG

 

4010213.JPG

4010214.JPG

4010215.JPG

 

 その先では右手の木立が途絶え、大きく視界が開けている。「東物見台」だ。

正面に束稲山、その足元を北上川の支流・衣川が悠然と流れる南部平野が眺望でき、何とも雄大で見事な眺めである。

傍らに「西行の歌碑」も立っている。

 

『ききもせず 束稲やまの桜かな よし野のほかにかかるべし』

 

当時束稲山は「桜山」とも呼ばれ、全山に桜樹が植えられていたという。

奈良吉野山の桜と比べても遜色がないほどに美しい光景を見せていたのであろう。

 

4010218.JPG

4010219.JPG

4010217.JPG

 

4010216.JPG

4010220.JPG

4010221.JPG

 

4010222.JPG

4010223.JPG

4010224.jpg

 

さらに「地蔵堂」や「薬師堂」などの堂宇を過ぎると、その先は中尊寺の中心となる本坊に至る。

本坊の先には平成12年(2,000年)に建てられた「讃衡蔵(さんこうぞう)」と名付けられた宝物館がある。

寺に伝わる文化財・宝物など3000点余りを収蔵・展示する建物で、藤原三代の名に付く一文字“衡”と、その業績を“讃”える意味から命名されたそうだ。

 


 

根本道場

 

「月見坂」を登りつめると、本坊に向かう山門が見えて来る。

十段ほどの石段があり、それを上がると広い境内の正面に「本堂」が建っている。

本堂には一丈六尺と言う釈迦如来座像が本尊として祀られ、本山延暦寺から分けられた「不滅の法灯」が燃え続けると言う一山の根本道場である。

 

4010301.JPG

4010302.JPG

4010304.JPG

 

藤原氏四代(清衡、基衡、秀衡、泰衡)に渡り、平泉文化と共に栄華を極め、最盛期のその規模は「寺塔四十余宇、禅坊三百余宇」といわれる堂々としたものであった。

しかし平家を打倒した源義経が兄頼朝と対立し、この地に落ち延びてきたことで歴史が動く。

頼りとした三代・秀衡が死ぬと頼朝は四代・泰衡に圧力をかけ、これに動じた泰衡は義経に夜討を掛ける。

潮時と悟る義経は自害、その後泰衡も鎌倉勢の前に成す術もなく滅ぼされてしまう。

鎌倉幕府により寺院の安堵は約束されたものの、奥州藤原氏100年の栄華には及ぶべくもなく、寺は苦難の時代を迎えることになる。

 

4010303.JPG

4010305.JPG

4010306.JPG

 

4010307.JPG

4010308.JPG

4010309.JPG

 

中尊寺はほとんどの伽藍が火災で焼失していて、金色堂・経蔵だけが焼け残ったと言うのは、むしろ奇跡としか言いようがない。

多くの建物は近代になって再建されたもので、この「本堂」も、日露戦争が終わった四年後の明治42年の再建である。

 

『おもしろいことに、その屋根のかたちが、どことなく神社や京都御所に似ている。(中略)

隆盛する神道の影響を受けたのだろうか、寺院でありながら神社を思わせる建築物になっている。』

(「百寺巡礼 第七巻東北」 200412月 五木寛之 講談社)

「本堂」を見て、その中に入り初めてお参りした作家の五木寛之は、ナショナリズムの高揚、神道崇拝と言う再建された頃の背景から、建物にもその時代が微妙に反映されていることを興味深く感じ取っている。

 


 

黄金の小箱・金色堂

 


 「金色堂」が完成したのは天治元(1124)年、起工して十六年の歳月を要したと言い、初代清衡公による上棟と伝えられている。

関山の月見坂を上り切った境内の奥まった一角、両側に老杉が何本も林立する小高い丘の上、緩やかな傾斜の段を登りつめたその先、一段と高い地に建っていて、山道を登りつめ、やっとの想いで参拝に訪れる人々を、恰も極楽浄土へ導くかのように静かに迎え入れていたのであろう。以後「金色堂」は中尊寺創建当初の姿を今に伝え、建造物として国宝第一号の指定を受けた。

 

堂内に入ると、落ち着いて安定した冷気が体に纏りついてくる。

微かな空調の音以外は何もない室内は、温度や湿度が完全にコントロールされているようだ。

そんな内部には隔離された小部屋が有り、その中央には黄金色に輝くお堂が端正で瀟洒な姿を見せている。

今日我々はこうしてガラス越しにしか眺めることが出来ないが、これは何も見学者に限ったことではなく、堂内に上がることが出来るのは僅かに中尊寺貫主のみが許されているという。

 

4010401.JPG

4010402.JPG

4010403.JPG

 

4010404.JPG

4010405.JPG

4010406.JPG

 

作家の井上靖が「黄金の小函」と形容した美しい小堂は、ため息が出るような煌びやかな美しさである。

鳳凰が大きく優美に羽を広げたように、美しい反りを見せる仏堂の屋根。宝形造りと言う形式で、この反りは平安朝の特徴らしい。

屋根は南部檜の木瓦で葺かれている。梁も庇も、柱も扉も、何もかもすべてが黄金色に輝いている。

正面に三つの入り口を持つ建物の内部を覗くと、眩いばかりの黄金と、煌びやかな螺鈿、繊細を極める蒔絵が施された四本の柱に囲まれた須弥壇があり、その上の格天井や長押までもが黄金色に輝いている。

中央にはご本尊の阿弥陀如来像、その周りには観音菩薩や勢至菩薩、地蔵菩薩などの諸仏がこの極楽浄土を守護している。

 

ここは藤原四代が求めた極楽浄土で、須弥壇の中には藤原四代のご遺体が安置されている。

昭和25年に行われた学術調査では、須弥壇の下に安置されたご遺体も調べられた。

それによると、初代清衡が脳溢血で長い間半身不随に悩まされていたことが判明した。

身長は160センチ、血液型はAB型で、その骨格は紛れも無く日本人のものであったという。

 

4010407.JPG

4010408.JPG

4010409.JPG

 

4010410.JPG

4010411.JPG

4010412.JPG

 

いまでは「金色堂」は近代的な「覆堂」に守られているが、建立後の数十年の間は、雨に打たれ、風雪に晒されていた。

この美しいお堂を守るためその後「覆堂」が造られたが、当初のものは屋根を葺いただけの簡単な代物であった。

藤原氏が滅亡すると、鎌倉幕府によって「金色堂」の修復が行われ、その頃には「覆堂」が造られていて、それからも度重なる増改築を経て、室町中期以降になるとようやく今日に残されている「旧覆堂」の形になったと言う。

 

 昭和401965)年、完璧な空調設備と防火設備を備えた鉄筋コンクリート造りの「新覆堂」が完成した。

北国の過酷な風雨から今後千年は守り抜けるという代物である。

この完成により鎌倉時代と思われる「旧覆堂」はその役目を終え、経蔵の建つ脇に移築保存されることになる。

 

 

芭蕉と賢治

 

4010309.JPG

4010500.JPG

4010501.JPG

 

 『光堂は八代の棺を納め三尊の仏を安置す。七宝散うせて珠の扉風にやぶれ、金の柱霜雪に朽ちて既に頽廃空虚の叢となるべきを、四面新たに囲みて、甍を覆ひて風雨を凌ぐ。暫時、千歳の記念とはなれり。

 

五月雨の 降り残してや 光堂』

 

一時期、栄華を極めた平泉・藤原文化も早500年の歳月を経て、多くのものが朽ちてかつての面影が薄らぐ中、「金色堂」だけが未だ昔のままに輝いている。そんな光堂を、五月雨までもが降り残し、守ろうとしている・・そんな句意らしい。

松尾芭蕉四十六歳、奥の細道を旅した松尾芭蕉も、同行する曾良と共に梅雨の季節に中尊寺に立ち寄っている。

彼らは、鎌倉時代に造られたと思われる「旧覆堂」の中に入って、ガラス越しでない生のお堂を見ていたことになる。

その旅姿の像と、延享三年建立と言う句碑が、「金色堂」の近くに建てられている。

 

4010504.JPG

4010505.JPG

4010506.JPG

 

岩手に生まれた宮沢賢治は、熱烈な法華経の信者としても知られている。

明治四十五(1912)年5月、盛岡中学の修学旅行で松島、仙台、平泉などを訪れた賢治は、その時の印象から詠んだ歌を残している。

 

 “中尊寺 青葉に曇る夕暮れの そらふるはして 青き鐘なる”

 

 「金色堂」とは参道を挟んだ反対側、本坊の一角にその鐘楼が建っている。

説明によると康永二(1343)年の鋳造で、銘には寺の創建や建武の火災のことが刻まれていると言う。

賢治が訪れた当時は、まだ朝な夕なに鐘はつかれていたようで、法華経の精神を受けて建立された中尊寺で、夕暮れに低く震える鐘の音を聞き、その教えと共に深い共感と感銘を覚えてこの詩を残したのであろう。

今日ではこの鐘は撞き座の摩耗が激しく撞かれることもないが、名鐘としてその名を残している。

 



 

| ホーム | 国内の旅行 | このページの先頭 |

 

(c)2010 Sudare-M, All Rights Reserved.

 

inserted by FC2 system