旅の思い出

ホーム

サイト紹介

はれのくに

国内

遍路歩き旅

海外旅行

伝統こけし

マイブログ

豊橋駅の大あんまき

 

東海道線を普通列車で旅すると、豊橋駅は主要な乗換駅となる。

多くの列車が、この駅止まりとなり、この駅跨ぎで運行される列車が、極めて少ないからである。

こんな乗り換え時間を利用した駅での楽しみは、立ち食いの駅そばや、売店で駅弁を物色したり、お土産物屋さんを覗いたり・・。

 

haru20103.JPG

haru20101.JPG

haru20102.JPG

 

豊橋は、かつての東海道五十三次の吉田宿と言われたところ。

ここから京に上って更に7里余り先、三十九番目の宿場町を池鯉鮒(知立)と言う。

現在、JRの東海道本線に知立と言う駅は無く、ほぼ併走して走る名鉄の名古屋本線に、その名を残すのみであるが、その知立には、昔から美味い物があった。

 

江戸時代、この地では麦が栽培されていた。

その麦から作った小麦粉を溶いて、それを伸ばして焼き、塩餡を挟んだ物を当時この街道を往来する人びとや、休憩する旅人の茶菓子として茶屋で売り始めた。

 これが旅人に大そう持て囃され評判を呼び、「池鯉鮒名物 大あんまき」と呼ばれるようになった。

 

haru20104.JPG

haru20105.JPG

haru20106.JPG

 

今、その「大あんまき」は、この駅の売店で買う事が出来る。

当日製造、当日出荷に拘っているので、朝早いと買えない事も有るが、この「大あんまき」は、この駅での乗り換え時間の楽しみの一つと成っている。

 

 

天竜浜名湖線

 

JR新所原駅の構内に、「天浜線」の小さな起点駅はある。

地元の人々が愛着を込めて呼ぶ「天浜線」は、天竜浜名湖鉄道(株)の「天竜浜名湖線」の愛称である。

東海道本線の新所原から、浜名湖の西岸を行き、奥浜名で進路を東に取り、途中天竜川を渡り、同本線の掛川へと向かう。

前身は東海道本線のバイパス路線として開業した旧国鉄の二俣線で、67.7Km38駅で結ぶ、第三セクター企業が運営するローカル路線である。

 

haru20111.JPG

haru20115.JPG

haru20112.JPG

 

 運行する車両は、TH2100型と言われる、たった1両の可愛らしい気動車。

白をベースにした車体に、ブルー、オレンジ、グリーンのラインで彩られたカラフルなデザインは、公募されたものらしい。

 

ホームに降り、跨線橋を渡り山小屋風の駅舎に近付くと、何やら良いにおいが漂ってくる。

改札口への階段を上がると、「うなぎ丼」の立て看板が。

その先には「駅のうなぎ屋」の赤い看板が掛るカウンターがあり、浜名湖名産のうなぎを売る店が有った。

 

haru20113.JPG

haru20114.JPG

haru20116.JPG

 

この沿線の各駅には、色々なお店が併設されているそうだ。

遠江一宮や二俣本町には蕎麦屋がある。

そのほかにも手作りパンを売る店や、ラーメン店、軽食喫茶・レストラン、中には薬局、歯医者までを併設した駅も有るそうだ。天竜二俣では、一日10食の限定駅弁も販売されると聞いた。

 

 

入り鉄砲に出女

 

気賀駅近くには、旧東海道の脇街道、「姫街道」の名残が残っている。

江戸時代、街道に設けられた関所、特に遠州の新居の関所では、「入り鉄砲に出女」を厳しく取り締まったと言われている。

 

haru20131.JPG

haru20132.JPG

haru20133.JPG

 

ここでは「出女」のみならず、「入女」の取り締まりも、厳しく行われていたと言う。

この「女改め」を嫌った婦女の要請で開かれたのが、遠州の見附宿から三河の御油宿を結ぶ、東海道の脇街道で、浜名湖の北側の陸路を通る「本坂道」、所謂「姫街道」で有る。

 

haru20134.JPG

haru20135.JPG

 

 

気賀関所を出発した一行が、古式ゆかしく姫街道を練り歩く、華やかな春の祭典「姫様道中」、ここはこの有名な祭りが繰り広げられる細江の町の玄関口でもある。

 

 

舘山寺温泉

 

 気賀駅からタクシーで10分程南に走ると舘山寺温泉が有る。

曹洞宗の古刹、舘山寺の門前に開けている事から名付けられた温泉だ。

昭和33年に開湯された比較的新しい温泉で、浜名湖の東岸に温泉街が広がっている。

近くには、フラワーパークや動物園、遊園地などが点在し、一帯は行楽地として賑わっている。

 

haru20141.JPG

haru20140.JPG

 

 

 温泉街の外れ、小高い山の上に有る舘山寺へは、鳥居を潜り石段を上って行く。

余り広くは無い境内に、虚空蔵菩薩をおまつりする本堂があり、その脇に縁結堂が有る。

「縁結び地蔵」と言われるお堂は、良縁や想いの成就を願う絵馬が沢山かけられ、女性の人気スポットとして知られている。

 

haru20142.JPG

haru20143.JPG

haru20144.JPG

 

 ゆうえんち・浜名湖パルパルから、対岸の大草山へは、ロープウエーで4分の空中散歩が楽しめる。

カップルや家族連れで賑わう遊園地を眼下に、高度を上げながら湖面を渡ると360度の大パノラマが広がる。

 

haru20145.JPG

haru20146.JPG

haru20147.JPG

 

子供たちのハシャグ声が聞こえてきそうな遊園地、静かな湖面に囲まれて佇む温泉旅館、大草山の木々、遠くには太平洋、広がる眺望は見る者を魅了する絶景だ。

 

haru20148.JPG

haru20149.JPG

haru20150.JPG

 

 

沿線風景

 

気賀駅は、国登録有形文化財に登録された駅の一つ。

木製の改札口や、ホームの大屋根が懐かしい味を醸し出し、線路脇に咲き誇る花たちが、古風な駅舎に色どりを添えている。

 

haru20151.JPG

haru20152.JPG

haru20153.JPG

 

金指駅では、行き違いの停車が有る。

この駅のプラットホームや、その上屋も有形文化財に登録されたものである。

 

haru20155.JPG

haru20154.JPG

haru20167.JPG

 

途中のフルーツパークは、同名の駅の前に広がる農業公園。

160種の温帯性果物が栽培されていて、収穫体験が出来る農業施設だ。

 「天浜線」利用で入園すると、入場料が割引されるらしい。

 

 雪解けの水を、満々とたたえて流れる天竜川を越えると、この路線の中心駅、天竜二俣駅に到着する。

天竜浜名湖鉄道の本社が有る駅で、観光やハイキング客などでさすがに乗降客も多い。

シーズンには賑わうと言う天竜舟下りの乗船地、船明ダムまでは、駅前から送迎バスが出ている。

 

haru20156.JPG

haru20157.JPG

haru20158.JPG

 

駅構内にある転車台と扇形車庫は、まだ現役で活躍しているが、れっきとした文化財だ。

曜日を決めて、見学ツアーも開かれている。

 

 遠州森は、嘗ての繁栄を今に伝える蔵や神社仏閣が町内に点在し、「遠州の小京都」と言われる町で、レンタサイクルでの散策がお勧めらしい。

 

haru20159.JPG

haru20160.JPG

 

 

そんな町中のお寺の一つ、大洞院には、清水の次郎長の子分、森の石松の墓が有ると言う。

その墓が、商売繁盛や勝負事に御利益が有ると言う噂から、一時、墓石が削り取られる被害が続いたとか。

 

 

ノスタルジックな路線

 

たった一両の、小さな気動車が走る路線は全て単線。

その沿線には、春はさくらや菜の花が、夏にはむせ返る様な若葉が、秋には彼岸花が咲き、ローカル線らしい鄙びた趣の中にも、温かみのある風景を見せてくれる。

 

haru20161.JPG

haru20162.JPG

haru20164.JPG

 

201012月、沿線11の駅舎や、各地に残る橋梁・隧道・施設など、36か所が国登録有形文化財に登録され、「天浜線」全線にわたっての指定となった。

「天浜線」は、そこかしこに懐かしい昭和の香りが残る、ノスタルジックな路線である。

 

haru20163.JPG

haru20169.JPG

haru20168.JPG

 

このように、沿線には見どころや美味しい物も多い。

一日フリー切符も発売されている、また近くを走る遠州鉄道や、JRと組み合わせたフリー切符なども有るので、ゆっくりと訪れてみたい路線でもある。

 

haru20165.JPG

haru20166.JPG

 

 

 

 



 

| ホーム | 国内の旅行 | このページの先頭 |

 

(c)2010 Sudare-M, All Rights Reserved.

 

inserted by FC2 system