コンテンツ

ホーム

サイト紹介

はれのくに

の旅

遍路歩き旅

海外旅行

伝統こけし

マイブログ

飛騨の小京都

 

4040101.JPG

4040102.JPG

4040103.JPG

 

 高山の町中には飛騨ラーメンの店も多い。

他の地のラーメンと違って、スープとたれを混ぜて煮込むと言うラーメンで高山ラーメンとも呼ばれている。

 

4040104.JPG

4040105.JPG

4040106.JPG

4040107.JPG

 

駅から途中小ぢんまりとした姿が美しい三重の塔の有る飛騨国分寺や、飛騨の匠の伝統工芸である春慶塗を紹介する「春慶会館」を見ながら歩くこと20分ほどの処に、鬱蒼とした森囲まれた創祀が仁徳天皇御代と言う櫻山八幡宮が鎮座している。

 

4040108.JPG

4040109.JPG

4040110.JPG

 

 秋の高山祭りはこの神社の祭礼で、その際引き回される屋台を常設展示した「高山祭屋台会館」が境内の一角に建っている。ここでは23台残る屋台の内、交代で4台の屋台が常設展示されていて、飛騨の匠の技と絢爛豪華な祭りの様子を間近で体感する事が出来る。

 

4040111.JPG

4040112.JPG

4040113.JPG

 

4040114.JPG

4040115.JPG

4040116.JPG

4040117.JPG

 

4040701.JPG

4040702.JPG

4040703.JPG

4040704.JPG

 

 また、併設された「桜山日光館」では、飛騨の匠の技を引き継ぐ三十三人の技術者により制作された1/10スケールの日光東照宮の精巧な模型が展示されている。

 

4040118.JPG

4040119.JPG

4040120.JPG

 

 

古い町並みとみたらし

 

駅前から続く安川通りを暫く歩くと、鍛冶橋を渡る。

この橋の欄干には、面白い像が設置されている。出雲神話の登場人物に因む、手長像と足長像と呼ばれる像で、この二人は夫婦らしい。夫婦二人がユーモラスな姿で観光客を迎えている。

 

4040201.JPG

4040202.JPG

4040203.JPG

4040204.JPG

 

その先で「古い町並み」と書かれた標柱を見て右に折れると、そこら辺りが一之町、二之町、三之町と呼ばれる、三つの町筋からなる古い町並みが広がる伝統的建造物群保存地区である。

 

4040205.JPG

4040206.JPG

4040207.JPG

 

お土産物屋、食事処、老舗の酒屋、味噌蔵等に混じって考古館、民芸館、記念館等も有り、しっとりと落ち着いた色合いの出格子の美しい町屋が軒を連ねている。

 

4040208.JPG

4040602.JPG

040601.JPG

 

040603.JPG

4040604.JPG

4040502.JPG

 

 古い町並みを抜け、宮川に架かる赤い欄干の中橋を渡ると右手に高山名物の「みたらし」を売る屋台が建っている。「みたらし」を売る店は、古い町並みの中にもあり、また鍛冶橋のたもとにある屋台は有名店で、高山では観光客や地元の人々にも愛されている。

 

4040211.JPG

4040212.JPG

4040213.JPG

 

たっぷりと醤油だれを潜らせて火であぶるので、甘くなく美味しい。

何よりも醤油の焦げる香ばしい匂いが食欲を誘う庶民的な味は、古い町並みにすっかり溶け込んでいる。

 

 

古都の朝市

 

4040121.JPG

4040122.JPG

4040124.JPG

 

 江名子川沿いの風情のある通りを暫く歩くと、宮川に架かる弥生橋に出る。

ここから鍛冶橋に至る川沿いで毎日行われるのが「宮川の朝市」だ。白いテントを張り、地元のおばちゃん達が元気な声で野菜、果物、漬物などを売っている。

 

4040124.JPG

4040125.JPG

4040126.JPG

 

飛騨高山の朝市は江戸時代から続くもので、明治の頃には近在の農家のお母さん達の手で毎日野菜、漬物、花、民芸品などが並べられ売られるようになったと言われている。そんな朝市は、陣屋門前の広場でも毎日開かれている。

 

4040217.JPG

4040218.JPG

4040219.JPG

 

 

高山陣屋

 

 幕府直轄となった高山の天領としての政務が行われたのが「高山陣屋」で、ここら辺りがかつての飛騨地方の中心であったところである。陣屋の中には復元された群代の役宅、公式の会議が行われて大広間、事件の取り調べを行ったお白州等が残されている。

 

4040214.JPG

4040215.JPG

4040216.JPG

 

 このほかにも、昭和30年代へのタイムスリップが出来る「高山昭和館」、山下清の原画を展示する「高山本町美術館」など、市内には見どころも多く、どこも大勢の観光客で賑わっている。

 

4040501.JPG

4040503.JPG

4040220.JPG

 

4040221.JPG

4040801.JPG

4040802.JPG

4040222.JPG

 



 

| ホーム | 国内の旅行 | このページの先頭 |

 

(c)2010 Sudare-M, All Rights Reserved.

 

inserted by FC2 system