コンテンツ

ホーム

サイト紹介

はれのくに

鉄の旅岡山

の旅

遍路歩き旅

海外旅行

伝統こけし

マイブログ

紀伊長島

 

 紀勢本線は、多気で参宮線と別れると伊勢の国を離れ、いよいよ紀伊の国を目指す。

その国境に立ち塞がるのは、25‰の勾配で待ち構える荷坂峠だ。しかし列車は1914mの荷坂などの大小トンネルを幾つも潜り抜けながら難なく超えていく。

軽快にそれを抜けると目の前に太平洋・熊野灘が広がり、今度はそれに向け急坂を一気に駆け下りその先で紀伊長島に到着する。

 

5030101.JPG

5030102.JPG

5030103.JPG

 

5030104.JPG

5030105.JPG

5030107.JPG

 

降り立った駅前にレンタサイクルが有ったのでそれを借り、次の列車待ちの僅かな時間ではあるがこれを利用し、少し長島の町を走ってみることにする。

観光案内板を頼りに、まず海に向け2キロほど先の港を目指してみた。

 

5030106.JPG

5030108.JPG

5030109.JPG

 

 ここは漁業の町らしく、海に近づくと古い町並みが続き、そんな中に樹木がうっそうと茂った長島公園が有り、その中心に長島神社が祀られていた。黒潮に近いせいか、木々は旺盛に茂り大木が並び立っている。

中でも目を引くのが樹齢は約1000年、樹高は28mと言うオオスギや、樹高30m、幹回りが10m余りと言われるオオクスで、これらの堂々とした枝ぶりは神々しくさえある。

この長島神社の社叢(しゃそう)は、スギやクスノキのほかイヌマキ、スダジイ、ヤマモモなど、暖地性の植物群が三重県の天然記念物の指定を受けているそうだ。

 

5030110.JPG

5030111.JPG

5030112.JPG

 

 

赤い道路橋

 

そこから暫く走ると海に出る。そこに漁協の卸売市場が有ったが、もうすでに取引が終わった刻限で人影もなく閑散としていた。

海辺には喫茶店や食事処などのお店の他、何軒かの魚介類や干物を販売する店も並んでいるが、観光客らしき姿を見かけることもなく静かなものだ。これらの店の中には予約すれば「干物造り」が楽しめるところも有るようだ。

 

5030201.JPG

5030202.JPG

5030203.JPG

 

5030204.JPG

5030205.JPG

5030206.JPG

 

港で一際目を引くのが、江の浦湾に架かる二つの赤い道路橋である。

湾の奥に架かる何やら変わった形をした橋が「江の浦橋」で、これは橋の下を船が通ると中央部が上昇する、昇降式の可動橋だ。

丁度今まさに橋の下を船が通過中で、橋の中央桁がユックリユックリ上昇を続けている。

橋は全長が85mで、その中央部30mが上昇すると言う。そこには踏切のような遮断機が設けられている。

 

5030207.JPG

5030208.JPG

5030209.JPG

 

手前に架かるのがループ橋の「江の浦大橋」で、上から見ると“α”に見えることから「アルファ橋」とも呼ばれている。

殆ど自動車専用のような橋で、歩行者や自転車は「江の浦橋」を利用するのだそうだ。

その先に目をやると、太平洋が一望で、漁船が出入りする長島港の向こうには、熊野灘の碧い海が一杯に広がっていて、まさに紀伊長島は、黒潮に恵まれた漁業の町である

 


 

雨の町・尾鷲

 

紀伊長島を過ぎると、太平洋・熊野灘はいよいよ車窓に近くなる。

しかしこの辺りの海岸線は、小さな半島が幾つも海に突き出す厳しい地勢のリアス式海岸で、列車はそんな半島の付け根を貫く、幾つものトンネルで駆け抜けて行くので思う存分に・・と言うわけには中々いかない。

それでもトンネルを抜けるたびに目の前には碧い海が、広く大きく飛び込んでくる。

そこには白砂の美しい海岸があり、はたまた奇岩怪石が聳え立つ、荒磯であったりする。

 

5030304.JPG

5030305.JPG

5030306.JPG

 

 紀伊長島からは、30分ほどで尾鷲に到着する。ここで数分の停車時間が有るので、慌ただしく駅前に降り立ってみた。

この辺りの紀勢本線の沿線は、雨の多い地域として知られていて、中でもここ尾鷲は一日の降水量日本一の記録を持った町だ。

子供のころ教科書で降水量日本一と習った記憶が有るが、観測地点の増えた今はそうでもないらしい。

それでも年間の降水量では、屋久島などと共に、常に上位にランクされている。

 

 

新宮

 

 尾鷲を出て、厳しい地勢のリアス式海岸を幾つかのトンネルで抜けると熊野市で、ここから先はいよいよ太平洋の海岸線が近づき車窓を楽しませてくれる。

 

 三重県の最南端、紀宝町はウミガメが産卵に来るまちとして知られている。

町内を貫く国道42号線には道の駅があり、ここにウミガメ公園が併設されている。

地元の産物のほか、ウミガメグッズなども販売され、水槽では悠々と泳ぐウミガメを間近に見ることが出来る。

 

5030301.JPG

5030302.JPG

5030303.JPG

 

5030307.JPG

5030308.JPG

5030309.JPG

 

5030310.JPG

5030311.JPG

5030312.JPG

 

 その先で三重県から県境を越え和歌山県に入ると、最初の停車駅が熊野川の河口西側に開けた新宮だ。

ここは熊野三山の一つ「熊野速玉大社」の門前町として栄えた町で、その最寄り駅であると同時に紀伊半島南部の観光や、世界遺産巡りの拠点となる町らしい。

待ち時間でもあれば「熊野速玉大社」にでも立ち寄って見たいところだが、駅から1.5キロほど離れている。

 

紀伊長島からこの身を運んできてくれたジーゼル車両の運行はここまでだ。

この駅の手前がJR東海とJR西日本の会社境界で、一部特急はこれを越えこの先の紀伊勝浦まで行くが、そのほかは全てここで乗り換えとなる。

ここからは「きのくに線」の愛称が付けられている電化区間に成り、電車にバトンタッチされる。

 

 

世界遺産「熊野古道」

 

2004年ユネスコの世界遺産に登録された「熊野古道」とは、古代から中世にかけて信仰が高まった熊野三山(熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社)へと通ずる参詣街道の総称である。

そのルートは幾つも有り、その内の田辺から本宮に向かう中辺路は、最も多くの参詣者が歩いたと言われている。

このほかにも田辺から海岸沿いに那智・新宮に向かう大辺路や、高野山から熊野本宮に向かう小辺路が知られている。

又日本人にとっては特別な場所である伊勢神宮と繋がる「伊勢路」も有る。

高野山麓の慈尊院から高野山奥の院に向かう町石道も、小辺路に繋がる「熊野参詣道」として登録されている。

 

5030401.JPG

5030402.JPG

5030403.JPG

 

5030405.JPG

5030406.JPG

5030407.JPG

 

5030408.JPG

5030409.JPG

5030404.JPG

 

 紀伊の山地には「熊野三山」「高野山」「吉野・大峰山」と言う三大霊場が有り、昔から自然崇拝・信仰の聖地とされ、修験道などによる山岳修行の場として知られていた。

それはこの地には深い山々が、太平洋に崩れ落ちるように南に延びる独特な地形があり、その山々に暖流に乗ってやって来る、湿った暖かい空気がぶつかり、上昇し、冷やされ、雨となり、その雨が、豊かで、濃密で、神秘的な植生をもたらしてきた、そんな自然環境もあって、この地は山岳信仰の霊場として形成されていったのだそうだ。

 

 熊野三山は、天皇や皇族、武家階級から町村の庶民に至るまで、あらゆる階層に信仰の対象とされたのが特徴と言われ、そのため参詣道は人々であふれ、切れ目が無いほどで「蟻の熊野詣」と例えられる賑わいを見せたと言われている。

 

 

名駅舎・那智

 

 新宮から15分も乗ると那智に到着する。

駅の南には太平洋が広がり、海岸は那智海水浴場(ブルービーチ那智)でホームからも良く見える。

ここは無人駅ながら2面2線の相対式ホームのある駅で、開業百周年を迎えている。

駅前からはおよそ1時間に1本程度の那智山や勝浦行のバスが出ている。

 

5040101.JPG

5040102.JPG

5040103.JPG

 

5040104.JPG

5040105.JPG

5040106.JPG

 

駅舎は名駅舎として知られている。

朱塗りの柱に白壁が映える黒瓦葺きの神社風建築は、那智大社などを模し昭和11年に改築されたものだ。

この駅舎は真正面から見るよりも、駅前の石碑が建つあたりの、やや斜めから屋根の重なりを眺める方が、より美しさが際立って見える。

 

 那智駅は、駅そのものが「道の駅・なち」となっている。

駅前広場はその広い駐車場を兼ねていて、周りには地元産の農産物の直売所が有る。

また駅舎には那智駅交流センターが併設されていて、ここには一階に「くつろぎ広場」「情報コーナー」や「熊野那智世界遺産情報センター」が、二階には町営の日帰り入浴施設「丹敷の湯」が有る。

 

5040107.JPG

5040108.JPG

5040109.JPG

 

5040118.JPG

5040114.JPG

5040115.JPG

 

5040116.JPG

5040117.JPG

5040110.JPG

 

5040111.JPG

5040112.JPG

5040113.JPG

 

 駅前の緑地に石碑が立っている。

その一つが当地出身の衆議院議員・山口熊野(やまぐち・ゆや)の顕彰碑で、自由民権運動に係る傍ら、紀勢本線の開通に尽力したことを伝えている。

もう一基は、日本サッカーの始祖と言われる中村覚之助の顕彰碑だ。

当地で生まれた覚之助は、師範学校在学中に日本初のサッカー指導書を発刊し、蹴球部を創設、日本最初の近代サッカー試合を行った人物で、日本サッカー協会の旗章「三本足の八咫烏」は氏に因んだものと言われている。

 



 

| ホーム | 国内の旅行 | このページの先頭 |

 

(c)2010 Sudare-M, All Rights Reserved.

 

inserted by FC2 system