コンテンツ

ホーム

サイト紹介

はれのくに

鉄の旅岡山

の旅

遍路歩き旅

海外旅行

伝統こけし

マイブログ

マグロの町・紀伊勝浦

 

 那智から紀伊勝浦までは二駅、5分ほどで到着する。

JR東海の特急「ワイドビュー南紀」の多くがここまで乗り入れていて、関西圏方面へ向かう接続駅に成っている。

その関西圏からは特急「くろしお」が乗り入れている。

 

 大正元年12月に開業した駅は、元々「勝浦」と呼ばれていた。

しかしその1年後に開業した千葉県を走る外房線の勝浦駅と区別するために、昭和97月にこちらには「紀伊」が付けられ「紀伊勝浦」と変更になっている。

 

\5050001.JPG

5050002.JPG

5050003.JPG

 

 那智町と勝浦町などが昭和30年に合併し「那智勝浦町」を名乗るようになった人口1.6万人ほどの町だ。

ここは太平洋に面したリアス式海岸により、良港に恵まれた漁業の町であると同時に、世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」観光の拠点として、又温泉のある観光地として知られた町でもある。

 

町内の公立の小中学校などは当然「那智勝浦」町立○○学校だが、郵便局は「紀伊勝浦」を名乗っている。

当地の観光マップなどには「紀州勝浦」と表記されることも多いが、この近くに開ける温泉は「南紀勝浦温泉」と呼ばれている。

このように「那智勝浦」に統一するのではなく、「紀州」や「紀伊」や「南紀」、或いは「熊野」など、名称の冠が様々に使い分けられていて面白い。

 

5050004.JPG

5050005.JPG

5050006.JPG

 

5050014.JPG

5050015.JPG

5050009.JPG

 

 駅から海を目指して200mほど歩くと勝浦港に着く。港の左手は観光桟橋で、右手が勝浦漁港だ。

那智勝浦は港町で、この港の周りは観光の拠点となっていて、観光客向けの広大な駐車場があり、お土産屋、食事処、旅館などが周りを取り巻いき、賑わいを見せている。

またこの港からは「紀の松島めぐり」の遊覧船や「太地鯨浜公園」行きの船、大型の観光旅館・ホテルに向かう連絡船などが頻繁に発着している。

 

 那智勝浦の港周辺に広がる広場の横には、無料で利用が出来る足湯「海乃湯」や「鮪乃湯」なども有る。

この広場では、毎週日曜日の朝、生マグロや海産物、農産物などを販売する「にぎわい広場」が開催される。

その目の前にある漁港の市場では、南紀勝浦温泉の宿泊者に限り、市場での競り体験ができるらしい。

一般客向けには早朝に、魚市場2階の観覧フロアから、はえ縄漁で捉えた近海マグロのセリ風景を見学することが出来る。

またマグロ缶詰やひもの作りの体験や、マグロ料理教室などが予約すればできると言う。

 

5050010.JPG

5050007.JPG

5050008.JPG

 

5050011.JPG

5050012.JPG

5050013.JPG

 

ここ勝浦漁港は全国有数のマグロ取り扱い港で、焼津(静岡)や三崎(神奈川)に次いでマグロの陸揚げ量では全国第三位、生鮮マグロに限れば全国第一位を誇っている。

 

 マグロはその種類によって美味しい時期が異なるらしい。

1月から3月にかけてはビンナガマグロやメバチマグロが、2月に入るとキハダマグロがそれに加わり、そのシーズンが終わる4月から5月にはホンマグロの美味しい季節を迎えると言う。

 

5050016.JPG

5050017.JPG

5050018.JPG

 

マグロの町を自負するだけに町中には、マグロが手軽に食べられるお店も多い。

定番の刺し身、丼、焼き物や、フライ、ステーキ、ハンバーグ、コロッケ、希少部位の変わり種料理などなど・・・。

日本料理屋や和食の店は当然のことながら、中華料理の店でもマグロラーメンなどマグロを取り入れ、各店が工夫したメニューで競っているのが面白い。

観光案内所には「紀州勝浦 生まぐろマップ」も用意されているので、これを片手にお気に入りの店を探すのも楽しいものだ。

 

 


くじらの町・太地

 

5050021.JPG

5050024.JPG

5050022.JPG

 

5050023.JPG

5050025.JPG

5050026.JPG

 

 紀伊勝浦を出た電車は鯨の町・我が国の捕鯨発祥の地として知られた太地(たいじ)に向かう。

捕鯨の歴史は古く、すでに鎌倉時代から行われていたようで、事業として盛んに行われるようになるのは江戸時代の初期らしい。

当時は船団を組んで、マッコウクジラやセミクジラなどを手突きの銛で獲る突捕漁であったと言う。

 

しかし近年になってこの漁が、恣意的に作成された映画などに触発され、非難の対象として物議を醸したこともあったようだが、国内では最後と言われるイルカの追い込み漁は、当地においては伝統的漁法であり、連綿と続く文化であることには違いない。

 

5050027.JPG

5050028.JPG

5050029.JPG

 

5050030.JPG

5050031.JPG

5050032.JPG

 

 町内にはくじら浜公園があり、園内には捕鯨船の展示や、くじらのモニュメント、食事処の他「くじらの博物館」や、当地生まれの画家・石垣栄太郎の「石垣記念館」などが併設されている。

また付近には、プロ野球選手の個人博物館としては、日本では最初に造られた「落合博満野球記念館」もある。

 

 

ここは串本

 

古座を過ぎる辺りから左手車窓には、太平洋の絶景が間近に広がって見えるようになる。

ここらあたりは沖を流れる黒潮の影響で、冬でも雪を見ることが無いと言われるほど温暖な地だ。

列車が串本駅に到着する少し前、車窓左手には沖合1.8kmに浮かぶ大島(正式には紀伊大島)が見えて来る。

東西約8Km、南北約2.5Km、周囲が28kmほどで、島に住む人口も2000人を数えると言う和歌山県下では最大の島である。

そんな大島が見えてくると串本に到着だ。

 

「♪ここは串本 向かいは大島 中をとりもつ巡航船・・・♪」

 

5050101.JPG

5050102.JPG

5050103.JPG

 

5050104.JPG

5050105.JPG

5050106.JPG

 

5050107.JPG

5050108.JPG

5050109.JPG

 

串本は本州最南端の駅であり、紀伊山地から延びた陸地が、半島となって太平洋に突き出した潮岬半島が位置する本州最南端の町でもある。その岬は東京都の八丈島とほぼ同じ緯度に位置し、本州最南端の地と言われている。

目の前に広がる海も温暖で滋養豊か、温帯と熱帯の入り混じった海中景観が楽しめることから、昔からマリンスポーツやフィッシュウォッチングが盛んな街でもある。

 

 

橋杭岩

 

 嘗て串本対岸の紀伊大島に向け、フェリーや巡航船が頻繁に行き来していたそうで、就航した当初は20分ほどを要したらしい。

離島振興策により島に念願の橋が架けられたのは、平成119月のことだ。

ループ橋とアーチ橋の二本の橋が、1キロほど離れた潮岬半島とを結び付けている。

これで待望の本州と繋がり、島を結ぶ船は姿を消すことになったのだそうだ。

 

5050201.JPG

5050202.JPG

5050203.JPG

 

5050205.JPG

5050207.JPG

5050208.JPG

 

5050209.JPG

5050210.JPG

5050211.JPG

 

駅から西方6キロ程離れた海岸には、その中心施設ともいえる「串本海中公園」が有り、海中展望台や水族館、ダイビングパーク、レストラン、売店などの施設が揃っている。

 

 この地には昔に遡れば、「弘法大師立岩伝説」が残されている。

それは天邪鬼が大師に向けた、離島と陸地を結ぶ橋の、一晩の内の早や架け競争の誘いである。

無理を承知の天邪鬼であったが、大師が山から切り出した大岩を軽々と海に立て、橋杭を並べていく姿を盗み見て、驚きの余り邪魔をしようと鶏の朝鳴きを真似たのだそうだ。

それを聞いた大師は、朝が来たものと思い作業を途中でやめてしまい、その状態が今に残されているのだと言う。

 

5050301.JPG

5050302.JPG

5050303.JPG

 

5050304.JPG

5050305.JPG

5050306.JPG

 

5050307.JPG

5050308.JPG

5050309.JPG

 

それが国の天然記念物に指定されている「橋杭岩」である。

串本の沖合1.8Kmに浮かぶ紀伊大島に向けて、丁度橋でも架けようとするかのように大小40余りも立ち並ぶ奇岩は、海による浸食の為、岩の固い部分だけが残り、建ち並べた橋の杭のように見える事からこのように呼ばれているのだが、こんな伝説を聞き知ると昔から架橋願望が強かったことが良く解る。

 

 

本州最南端・潮岬

 

紀伊山地から延びた陸地が、半島となって太平洋に突き出し、海に激しく落ち込む潮岬半島の突端が潮岬である。

ここは、気象情報や台風の進路予想などではお馴染みの場所だ。

「台風〇号は、潮岬の沖合〇キロ付近を、北北東に向けて・・」などと良く耳にする。

 

その岬には「望楼の芝」と呼ばれる広大な芝生広場が広がっている。

むかし日清戦争を受けて海軍が造った物見櫓の遺構が残されているだけに、太平洋が遥か彼方まで何も遮るものもなく見通せる場所になっている。

 

5050401.JPG

5050402.JPG

5050403.JPG

 

5050404.JPG

5050405.JPG

5050406.JPG

 

5050407.JPG

5050408.JPG

5050409.JPG

 

近くに建つ観光スポットの一つ、潮岬観光タワーは、7階建ての円柱形をした建物だ。

ここでは300円を払って入場すると「本州最南端訪問証明書」を発行してくれる。

エレベーターで最上階まで昇ると、そこは海抜100mの展望台で、ここから目の前の太平洋を望めば、地球の丸さが実感できる素晴らしい眺望が楽しめる。又反対の北に目を転じれば、世界遺産・那智の山並みまでが見渡せると言う。

 

5050413.JPG

5050414.jpg

5050415.jpg

 

 西には、白亜の潮岬灯台が望まれる。

ここからは800m程離れていて、「日本の灯台50選」にも選ばれた、30mの断崖上に建つ灯台で、内部は有料で公開されている。

現在の石造り灯台に成ったのは明治11年と言うから、ゆうに100年以上もの長い間、海上交通の要衝を行きかう船舶の為に海上を照らし続けていることに成る。

 

5050410.JPG

5050411.JPG

5050412.JPG

 

 また、この施設に併設されたオーシャンビューのレストランでは、串本沖で獲れた新鮮な魚介料理のほか、近畿大学が完全養殖に成功したマグロが「近大マグロ」のブランド名で提供されていて、安価に食べることが出来る。

 

 

軍艦・エルトゥールルの悲劇

 

潮岬半島から平成11年に架けられたループ橋とアーチ橋の二本の橋を渡ると、紀伊大島に入る。

海を臨むことが殆ど無い、島の中央部を貫いている道を東に向かうとそこが樫野埼だ。

ここには日本最古の石造り灯台である樫野埼灯台が建っている。

この辺りは黒潮が岬にぶつかることにより、海蝕が進む崖や岩礁が入り組んだ複雑で厳しい海岸線となっていて、景勝の地である。

近くの海金剛は「21世紀に残したい日本の自然100選」に選ばれている。

 

5050311.JPG

\5050312.JPG

5050313.JPG

 

 そんな地で、折からの台風に煽られた一艘の軍艦が岩礁に激突し座礁し、機関部に浸水した艦は、水蒸気爆発を起こし沈没した。

明治231890)年916日の夜半、500名以上の犠牲者を出した、当時のオスマン帝国(現在のトルコの一部)の軍艦・エルトゥールル号(全長76m)の悲劇である。

 

 灯台下に流れ着いた僅かな生存者は、必死に崖をよじ登り、燈台守に助けを求めた。

通報を受けた村は、住民たち総出で生存者の救出と介抱に当った。その結果69名が救出され、無事生還した。

当時の村民は大して豊かでもない中、衣類や食料などを出し、中には非常時の為にと飼っていたニワトリすら惜しみなく提供したと言われている。この事故のことが衝撃的なニュースとして全国に報道されると、たちまち多くの義捐金・弔慰金が寄せられた。

 

5050501.JPG

5050502.JPG

5050503.JPG

 

5050503.JPG

5050505.JPG

5050506.JPG

 

5050507.JPG

5050511.JPG

5050509.JPG

 

5050510.JPG

5050508.JPG

5050512.JPG

 

 この事故における明治政府や村民の対応が日本とトルコの友好関係の礎となり、先のイラク・イラン戦争の折、窮地に立った日本人・215名のトルコ航空による脱出劇を生んだのは「親日国トルコ」を語るエピソードとして記憶も新しい。

このことはその後小説や映画などでも取り上げられ、語り継がれていて広く知られるようになった。

灯台そばに立つ「殉難将士慰霊碑」や「トルコ記念館」では、そんな友好の物語を今に伝えている。

 



 

| ホーム | 国内の旅行 | このページの先頭 |

 

(c)2010 Sudare-M, All Rights Reserved.

 

inserted by FC2 system