旅の思い出

ホーム

サイト紹介

国内の旅

遍路歩き旅

旅行

伝統こけし

マイブログ

龍頭の滝から

 

中禅寺温泉バスターミナルからは、良く整備された国道120号を走ること20分ほどで、龍頭の滝のバス停に到着する。

バスを降り、今来た国道120号を少し戻り、横切ると滝への入り口が有る。

 

kokunainatu1101

kokunainatu1102

kokunainatu1103

 

龍頭の滝は、湯元温泉の湯ノ湖に端を発し、戦場ケ原を数キロにわたって流れ下ってきた湯川が中禅寺湖に流れ込む少し手前に位置する滝である。

溶岩が造った岩肌を、約210メートルに渡って滑り落ちる様子が豪快で素晴らしく、奥日光の三大名瀑のひとつと言われている。

 

滝の前にある茶店からは、ダンゴを食べながら滝を間近に見ることが出来ると有って、特に紅葉のシーズンには込み合うとか。

この日もバスやマイカーで訪れる団体客などで、結構込み合っていた。

 

kokunainatu1107

kokunainatu1106

 

 

滝の名前は、岩肌を流れ落ちて来た滝が、途中の巨岩に妨げられ、二枝に分かれたのを正面から見た姿を、龍の頭に見立てたものとされているが、どう見れば良いのか、なかなかそうは見えない。

 

kokunainatu1104

kokunainatu1105

 

 

滝の横には散策路があり、木漏れ日の中、滝を側面から眺めながら、少しずつ登る道をユックリ歩くことが出来る。

 

 

戦場ヶ原を歩く

 

その散策路を登り、道なりに20分ほど歩くと突然散策路の前に柵が現れる。

動物たちが人里に近付かないための柵かと思ったらどうやらその逆らしい。

戦場ヶ原をシカの食害から守るために環境省が設けたものだ。

 

kokunainatu1202

kokunainatu1203

kokunainatu1201

 

湯川沿いの雑木林の中に切り開かれた散策路は、良く整備されていて歩きやすい。

木立の間から時折柔らかい日差しが差し込み、とても夏とは思えないほどだ。

森の精気をいっぱい貰いながら歩くこの道は、日光てくてく歩道と名付けられていて、千メートルを超える高所だけに暑さを感じることも無く、とても涼しい。

 

kokunainatu1204

kokunainatu1206

kokunainatu1205

 

滝から1.3キロほどで赤沼、小田代ケ原の分岐地点に到着。

ここらあたりに繁る特徴のある木は「ズミ」と言う木らしい。

皮や枝が草木染めの原料に成る事から「染み(ずみ)」と書くこの名が付けられたとか。

6月中旬頃、一斉に白い花を咲かせ、辺り一面に芳香を放つらしいが、今はそんな様子は無い。

 

kokunainatu1207

kokunainatu1208

 

 

 

ピンクの花園

 

一旦赤沼にでてしばし休憩を取り、再び分岐に戻り、湯川に沿って設けられた木道を戦場ヶ原に向かう。

時々木立の切れ目から、2486mの男体山の形の良い山容が姿を現す。

 

kokunainatu1302

kokunainatu1303

kokunainatu1301

 

川沿いには、背の低い植物の群落が目に付く。

7月中旬から8月中旬辺りにかけて咲くホザキシモツケのピンク色の群落だ。

これを目当てに、多くのカメラマンが撮影に余念がない。

木陰にはキャンバスに向かいスケッチをする人の姿もある。

 

kokunainatu1304

kokunainatu1306

kokunainatu1307

 

木道から湿原を良く見ると、この他にも紫色や黄色、白色など小さな花を付けた草が見られる。

ワタスゲの群落では6月頃一面白い花で覆われるらしい。

こんな草花がシカの食害で激変しているらしい。

 

kokunainatu1308

kokunainatu1309

kokunainatu1310

kokunainatu1312

kokunainatu1305

 

赤沼から1時間ほどで泉門池に到着。

多くのハイカーが水辺で休んでいた。

 

kokunainatu1319

kokunainatu1320

 

 

夏でもマガモ住みつき繁殖している池だが、この日はマガモの姿を見ることは出来なかった。

残念なことにここではマガモが人間の与えるえさに味をしめ、ねだって人にすり寄ってくるとか。

自然界の動物に食べるものを与える事の是非を考えたい。

 

kokunainatu1314

kokunainatu1318

 

 

kokunainatu1315

kokunainatu1316

kokunainatu1317

 

その先で、湯川の河原上に設けられた木道を歩く。

水に近いだけに、手を伸ばせば清んだ水が掬えそうだ。

水がきれいだから、川底が透けて見える。

この道は木陰でもあり、格段に涼しくて気持ちが良い。

ここから湯滝まではあと数百メートルだ。

 

kokunainatu1321

kokunainatu1322

kokunainatu1323

 



 

| ホーム | 国内の旅行 | このページの先頭 |

 

(c)2010 Sudare-M, All Rights Reserved.

 

inserted by FC2 system