旅の思い出

ホーム

サイト紹介

はれのくに

の旅

遍路歩き旅

海外旅行

伝統こけし

マイブログ

花輪線で

 

2060101.JPG

2060102.JPG

2060103.JPG

 

 大館駅のホームには、比内鶏、きりたんぽと並んで秋田犬の像が置かれ、「ハチ公神社」として祀られている。

ここは東京・渋谷に有る銅像で有名な「忠犬ハチ公」の生まれ故郷、と同時に秋田犬の故郷でもある。

駅前にも「忠犬ハチ公」と「秋田犬の群像」が仲良く並び、旅人を出迎えている。

 

2060104.JPG

2060105.JPG

2060106.JPG

 

大館から出る花輪線は奥羽山脈を越え、岩手県を走る「IGRいわて銀河鉄道」の好摩まで、106.9キロを27駅で結んでいて、列車の殆どは好摩から先の盛岡まで乗り入れている。

 

 沿線には、米代川の河畔に開け、旧藩時代には秋田藩主の湯治場にも利用された秋田県内では一番古い温泉地とされる大滝温泉や、美人姫伝説のある湯瀬温泉などがある。

 

2060107.JPG

2060108.JPG

2060109.JPG

 

 東に向かっていた列車が、大きく北に進路を変え十和田南に向かう。

ここは、その昔鉄道路線を更に北に伸ばし、東北本線の三戸と結ぶ計画の名残で、途中駅としては珍しい行き止まり駅と成っていて、6分ほど停車したのち、列車は進行方向を変えて出発する。

ホーム脇には、この近くに有る縄文後期の遺跡「大湯環状列石」の模型が作られている。

 

2060110.JPG

2060111.JPG

2060112.JPG

 

 ここから南に進路を取り、きりたんぽ発祥の地・鹿角花輪、八幡平を過ぎると山間の小さな駅、湯瀬温泉だ。

 

湯瀬温泉と津軽街道

 

 湯瀬温泉は、米代川の河畔に開けた山の中の小さな温泉地である。

川の瀬から温泉が湧出することから名付けられた。

 

2060201.JPG

2060202.JPG

2060204.JPG

 

泉質はアルカリ性単純泉で美肌効果が有り、群馬県の川中温泉、和歌山県の竜神温泉と並んで「日本三大美人の湯」として知られている。

 

2060203.JPG

2060205.JPG

2060206.JPG

 

また、付近には今に伝わる民話も多く、旅館では土曜日には、館内の囲炉裏端で、「むが〜し、むがし・・・」と語り部による「昔語りの夕べ」が開催されるところもある。

 

2060208.JPG

2060209.JPG

2060210.JPG

2060207.JPG

 

 米代川沿いには、その昔「津軽街道」と呼ばれた古道が有り、今では湯瀬温泉-八幡平間が湯瀬渓谷セラピーロードとして整備されている。この道は、江戸時代の紀行作家・菅江真澄も歩いた道として知られている。

 

2060211.JPG

2060212.JPG

2060213.JPG

 

 そのセラピーロードの途中には、姫子松と呼ばれる岩の上にそそり立つ五葉松や、いくさに敗れた落人が隠れ住んだと言われる七かまどなどの見どころも多い。

渓流の瀬音を聞きながら歩く散策路は、途中吊橋なども有り、八幡平までは2時間ほどだ。

 

2060214.JPG

2060215.JPG

2060216.JPG

 

奥羽山脈越え

 

花輪線の列車は湯瀬温泉の先で秋田県を離れ、岩手県に入り、いよいよ奥羽山脈越えに備え上り始める。

 

2060113.JPG

2060114.JPG

2060116.JPG

 

急勾配を上り、車窓からシラカバの林が見えると安比高原、車窓にはスキー場やゴルフ場、宿泊施設などリゾート地らしい景色が展開する。

 

2060115.JPG

2060117.JPG

2060119.JPG

 

 更にその先で33パーミルの峠を越えると松尾八幡平、ここがピークでここからは好摩を目指し一気に山を駆け下りて行く。 ここら辺りからは、車窓右手に形の良い岩手山が間近に見えて来る。


 

2060120.JPG

2060118.JPG

2060121.JPG

 

啄木の故郷・渋民村

 

 花輪線の殆どの列車は、好摩から先、渋民、滝沢など「IGRいわて銀河鉄道」の線路に入り終点の盛岡を目指す。この区間はかつての東北本線、200212月に東北新幹線の八戸までの延伸に伴って私鉄の路線に成ったところだ。

 

2060300.JPG

2060301.JPG

2060302.JPG

 

渋民は当時の南岩手郡日戸村で生まれた詩人・石川啄木が、生後間もなく移り住んだ故郷として知られている。

僅かな停車時間に車窓から見た渋民の駅が、遥か遠い昔の懐かしい情景を走馬灯のように甦らせてくれる。

 

40年ほど前、この地を初めて訪れた時は、雪深い地に古い茅葺の農家が一軒、ポツンと建っていた。

病のため帰郷した啄木が過ごした、斎藤家の建物である。

 

2060303.JPG

2060305.jpg

2060304.JPG

「かにかくに 渋民村は恋しかり おもいでの山 おもいでの川」

 「ふるさとの 山に向かいて言うことなし ふるさとの山はありがたきかな」

 

東に姫神山、西に岩手山、その中を取り持つように流れる大河・北上川の岸辺には、当時は柳が密生して自然豊かな地で有ったらしい。啄木はそんな故郷を懐かしみ、望郷の念に駆られては涙し、恋焦がれては歌を詠んでいる。

 

2060307.JPG

2060312.JPG

2060308.JPG

 

滝沢を出て新幹線と並走するようになると沿線風景も次第に都会風に変わり、終着の盛岡が近く成る。

「IGRいわて銀河鉄道」終着駅の0番線は、行き止まりに成っていた。


 

2060309.JPG

2060310.JPG

2060311.JPG

 

盛岡のわんこそば

 

ここ盛岡は、「三大麺」と言われる麺料理が知られている。

 

「盛岡じゃじゃ麺」は、平麺に特製の肉味噌とネギやキュウリを加え、好みに合わせてニンニクやショウガ、ラー油をかけて食べるもので、主に盛岡を中心に岩手県内で食べられている郷土料理と言う。

 

 「盛岡冷麺」は、所謂ラーメンの冷スープ版で、辛味の調整に大根キムチを使い、口直しには季節の果物が添えられるらしい。これは、主に焼き肉屋さんのメニューだとか。

 

2060401.JPG

2060400.JPG

2060402.JPG

 

 「わんこそば」は、一口大のそばを、お客のお椀に次々と入れ、満腹に成り、お客がお椀の蓋をするまで入れ続けると言う、この地方に伝わる、お腹いっぱい食べてもらおうとするおもてなしの郷土料理である。

 

 駅の観光案内所で教えられた、駅前ビルの二階にある「わんこそば」の店を訪ねてみる。

お椀をかさねる「わんこそば」は3,150円で、初めにお刺身や鶏そぼろ、なめこおろしなどの薬味が運ばれてくる。

 

2060403.JPG

2060405.JPG

2060404.JPG

 

 空のお椀を差し出すと、赤い前掛けをしたお姉さんが「ハイ、ジャンジャン」と軽妙な掛け声と共に、お椀の中に間髪を入れずそばを投げ入れてくれる。それを「ズルズル」と喉に流し込む。

空に成ったお椀を差し出す。するとそばが投げ込まれる・・・・この繰り返しである。

 

2060406.JPG

2060407.JPG

2060408.jpg

 

 一杯食べたら空のお椀を重ね、積み上げて行くので、今どれほど食べたかがすぐに解る。

50杯位までは苦も無く啜り込む事が出来たが、次第にそのペースは落ちて来る。

そしてついに80杯、ギブアップの時が来た。

 連れは、まだチャレンジを続けていると言うのに早々と終わってしまった。

 

沢山食べるコツは、そばを噛まないこと、つゆは飲まないこと、適度に薬味で気分を変えること、それに「沢山食べてやろう」と、余り空きっ腹で挑戦しないことだそうだ。

肩の力を抜いて、欲を出さずに淡々とチャレンジすることが良さそうだ。

100杯以上食べれば、オリジナルの「証明手形」が貰えるので挑戦してみるのも良いだろう。

 



 

| ホーム | 国内の旅行 | このページの先頭 |

 

(c)2010 Sudare-M, All Rights Reserved.

 

inserted by FC2 system