コンテンツ

ホーム

サイト紹介

はれのくに

の旅

遍路歩き旅

海外旅行

伝統こけし

マイブログ

観光路線・富良野線

 

富良野線は、旭川と富良野を結ぶ54.8Kmの路線である。

旭川の駅には富良野線の観光ポスターの露出が多い。さすが人気の観光路線だ。                        

 

ホームに入って来た列車は、ワンマン運転ながら2両編成で、旭川を発車する頃には、大きな荷物を持った外人のグループ、若いカップル、家族連れなどで満席になった。

 

富良野線.JPG

4040102.JPG

4040103.JPG

 

 この地は、テレビドラマ「北の国から」の舞台として知られるようになった。

また、テレビなどのCM,ポスターや絵葉書でも、その雄大で美しい景色が紹介されることも多く、そんなことから知名度が上がり、人気の観光地としての地位を確立してきた。

沿線には広大な花畑や緑豊かな牧場、チーズ工房やワイン工場、資料館や美術館、更にはスキー場などなど、多くの人気施設が点在し、観光客を引き付けているようだ。

 

4040121.JPG

4040122.JPG

4040123.JPG

 

4040131.JPG

4040132.JPG

4040133.JPG

 

上川盆地の平野に広がる北海道第二の都市・旭川を出ると、近郊の町並みが広がる中、国道237号と並走する。

西聖和あたりを過ぎると周辺の景色は変わり、それらしい丘の畑の風景が広がり始める。

晴れていれば、車窓からは雄大な十勝連峰の山々も遠望できると言う。

 

4040141.JPG

4040142.JPG

4040143.JPG

 

千代ヶ岡で列車が行き違い、北美瑛を過ぎると25パーミルの急坂上りが待ち構え、ここを登り終えると丘の町、美瑛に到着だ。

旭川からは30分ほどの距離である。

 

美瑛駅のホームには白樺が植えられていて、その根元には草花も咲き乱れ、いかにも北海道らしい。

そんな駅の構内では、メルヘンチックな跨線橋も色を添えていて、特に女性に人気と言う、美瑛の玄関駅らしい。

 

 

丘の町・美瑛

 

美瑛の丘.JPG

4040202.JPG

4040203.JPG

 

安山岩の「美瑛石」で作られた美瑛の駅舎は、名駅舎の誉れも高い昭和27年に造られものだ。

ここ美瑛は、寒暖の差の大きい丘の町で、メロン栽培に適した地だ。

また、広大に広がる緩やかな丘陵地では、小麦・マメ・じゃがいも・とうきび・ビートなどが栽培されている。

この丘はまさに、食の宝庫でも有る。

 

4040211.JPG

4040212.JPG

4040213.JPG

 

4040221.JPG

4040222.JPG

4040223.JPG

 

駅の近辺には、取り立てて見るべき景観は無いようだ。

やはりそれらしい風景を満喫したいなら、少し郊外に足を向けないといけない。

 レンタサイクルを借りるか、観光のシーズンには美瑛の駅前から、JR利用者専用の「ツインクルバス美瑛号」(ワンコインバス・500円)が出るのでこれを利用するのが良いだろう。

 

4040231.JPG

4040232.JPG

4040233.JPG

 

次の駅・美馬牛の駅前では、電動のレンタサイクルを借りることも出来る。

ケンとメリーの木、セブンスターの木、四季彩の丘、拓真館等を訪ねるなら、これらを利用するといいと言う。

 


 

富良野・美瑛ノロッコ号

 

美瑛から先富良野にかけて展開される、本当のこの地らしい風景を、列車の車窓から楽しむのも悪くはない。

そんな鉄道の利用者に向けて、観光シーズンには、「富良野・美瑛ノロッコ号」が運行される。

 

ノロッコ号.JPG

4040302.JPG

4040313.JPG

 

4040303.JPG

4040311.JPG

4040312.JPG

 

又美瑛の丘が花に彩られる頃に成ると、途中のラベンダー畑駅が臨時に開設され、一部の列車はここに停車する。

ここから有名な「富田ファーム」までは、徒歩で7分ほどである。

 

4040331.JPG

4040332.JPG

4040343.JPG

 

 13時少し前、カラフルに特別塗装されたディーゼル機関車に牽引された「富良野・美瑛ノロッコ号」が、15周年特別仕様のヘッドマークも誇らしげに入線した。

 トロッコ仕様に改造した客車は3両編成で、機関車のすぐ後ろが指定席(300円)、他は自由席だ。

夏のシーズンにはもう一両、最後尾に自由席車が増結されるらしい。

 

4040321.JPG

4040322.JPG

4040323.JPG

 

 車内には、やや大きめの木製シートが設けられている。

片側は窓に向けて、反対側は木製のテーブルを挟んで向かい合うように配置されている。

窓は大きくて開放的な視界を確保していて、開閉できるガラス窓となっている。

 

 車内には売店が有り、客室の一部にはストーブも置かれている。

列車が動き出すとすぐに、乗客には「乗車証明書」が配られる。

 

4040333.JPG

4040341.JPG

4040342.JPG

 

富良野に向け発車すると、途中美馬牛や中富良野辺りでは徐行運転が有る。

車窓には、大きな丘が緩やかにうねりながら、いくつも重なりあうこの地らしい風景が展開するが、残念ながらこの時期、畑を彩る花の群落を見ることは出来ない。

 

それでも車内を吹き抜ける風は、冷たいほどに爽やかで、車窓に展開するそれらしい風景に、目が吸い寄せられ、立ち上がって景色に見入る人の口からは歓声も漏れる。

 

4040352.JPG

4040351.JPG

4040353.JPG

 

 車窓左手には、晴れていれば富良野岳の向こうに噴煙を上げる十勝岳を望むことも出来るらしい。

しかし生憎とそれは低い雲の中に隠れたままで姿を見せてはくれない。

その代わり、前方には芦別岳の雄姿が見え隠れしている。

 

 

富良野の町

 

富良野.JPG

4040402.JPG

4040403.JPG

 

富良野の駅から歩いて5分ほどのところに「北の国から資料館」が有る。

煉瓦造りの大きな建物で、これは以前は地元農協の駅前倉庫として使われていたものだ。

 

4040411.JPG

4040412.JPG

4040413.JPG

 

テレビドラマ「北の国から」は、198110月に連続ドラマとして放映され、「2002遺言」まで21年間、折に触れ放送された作品が感動を呼び、全国のファンを魅了してきた。

ここでは実際の撮影で使われた大道具・小道具や衣装、作家の直筆原稿やドラマの台本などが、シリーズごとに分けて展示されていて、テレビ放送の記憶と黒岩一家の21年を懐かしくたどることが出来る。

 

4040421.JPG

4040422.JPG

4040423.JPG

 

町中に建つ、「ふらのマルシェ」を、訪ねてみた。

ここは富良野の食をイメージしたモール街のような商業施設で、2000坪と言う広大な場所に、地元富良野産の農産物品を売るマーケットやテイクアウトの店、カフェやスイーツの店、お土産屋さんなどが軒を連ねている。

休日になると、中央の広場では様々なイベントも開催されるらしい。

 

4040431.JPG

4040432.JPG

4040433.JPG

 

4040441.JPG

4040442.JPG

4040443.JPG

 

 ここは観光バスの立ち寄りスポットになっているらしく、この日は駐車場に入りきれない大型バスが、前の道路に何台も連なって客を下ろしていた。

 買ったものはここからすぐに送ることが出来るせいか、中には箱売りの商品も沢山あるのがこの店の特徴のようだ。

 

4040451.JPG

4040452.JPG

4040453.JPG

 

 施設横の五条通を真っ直ぐ10分ほど歩くと駅に戻ってくる。

町中には「富良野オムカレー」の看板や黄色い幟端を掲げる店が沢山ある。

今売出し中のご当地グルメだ。

 

駅に戻り、広場から今来た道を振り返ると、正面にはどっかと座る芦別岳が、山頂付近を少し雲に隠し、その雄姿を見せていた。


 

4040461.JPG

4040462.JPG

4040463.JPG

 

 

鉄道員の駅

 

4040501.JPG

4040502.JPG

4040503.JPG

 

 根室本線の富良野から新得の間も、決っして便利の良い路線とは言い難い超ローカル線である。

日に6本しか運行がなく、1645分を乗り過ごすと次は19時過ぎの便までない。

そんな事情も有ってか、この時間キハ40系の1両・ワンマン運転の車内は、通勤・通学、買い物帰りの客に、観光客らしき姿も混じり、ほぼ満席の込み様だ。

 

4040521.JPG

4040522.JPG

4040523.JPG

 

 車窓右手に展開する芦別岳はますます近くなり、中々の絶景を見せてくれる。

やがてそんな芦別岳が背後に去り、金山を出て大きくカーブし、空知トンネルを抜けると、いきなり車窓が開け金山湖が見えて来る。

 

4040531.JPG

4040532.JPG

4040533.JPG

 

4040541.JPG

4040542.JPG

4040543.JPG

 

暫くの間、木立に見え隠れしていた金山湖が遠ざかると幾寅に到着する。

ここは沿線では一寸した町らしく、乗っていた乗客のほとんどが下りて行った。

 

その駅の、ホームの一段低いところに青い屋根の駅舎が有り、「幌舞駅」と書いてある。

浅田次郎の短編小説を、高倉健が主演で演じた映画「鉄道員」で使われた駅だ。

廃止寸前のローカル線「幌舞線の終着駅・幌舞駅」との設定で有ったが、ここは根室本線の途中駅である。


 

4040551.JPG

4040552.JPG

4040553.JPG

 

幾寅を出ると、車窓に取り巻いていた山々がより近くなり、やがて落合に到着する。

駅を出てその先で石勝線と合流し、長い新狩勝トンネルを抜けると新得だ。

 

 

新得にて

 

4040601.JPG

4040602.JPG

4040603.JPG

 

 新得は、北海道のど真ん中の町だ。

駅から北へ43Km、町内に位置するトムラウシ温泉の西側が、「北海道の重心」であると、平成5年国土地理院は発表した。

それを受け、駅前には「希望」と名付けられた裸婦の像と共に、「北海道の重心地」のモニュメントが置かれている。

そのトムラウシ温泉から、毎日ローリーで運んでいると言うお湯が楽しめる温泉施設、「新得町営浴場」が駅近くに有る。

 

4040611.JPG

4040612.JPG

4040613.JPG

 

4040621.JPG

4040622.JPG

4040623.JPG

 

年間の平均気温が7〜8度と言い、寒暖の差は50度以上に及び、夏暑く冬寒いところでもあるようだ。

この日中の寒暖の大きさが、そば栽培に適しているらしく、町ではそばの栽培が盛んだと言う。

今では信州を凌ぐそばの町を自負していて、この駅の近くにも、そばの看板を掲げた店が何軒かある。

 

4040631.JPG

4040632.JPG

4040633.JPG

4040634.JPG

 

 また、十勝名物の「豚丼」を食べさせる店も有り、店先には黄色の幟旗を立てている。

そんな駅前の一軒のお店に飛び込んで、「豚丼」を食べてみる。

たっぷりとたれを潜った豚肉は柔らかくジューシーで、甘辛いたれの風味が、後を引くうまさである。

おまけに安くて、ボリュームも有って大満足だ。

 

4040641.JPG

4040642.JPG

4040643.JPG

 



 

| ホーム | 国内路旅行 | このページの先頭 |

 

(c)2010 Sudare-M, All Rights Reserved.

 

inserted by FC2 system