コンテンツ

ホーム

サイト紹介

はれのくに

の旅

遍路歩き旅

海外旅行

伝統こけし

マイブログ

これでも本線

 

留萌本線.JPG

4050102.JPG

4050103.JPG

 

 留萌本線は、深川から留萌を経て、増毛に至る66.8Kmのれっきとした“本線”である。

しかし、運行されている列車の本数は少なく、ローカル線そのものである。

深川から途中の留萌までは、比較的本数も有って・・と言っても凡そ2時間に1本程度ではあるが、それが留萌から先、終点の増毛までとなると、日に数本とさらに減ってしまう。

 

4050121.JPG

4050122.JPG

4050123.JPG

 

 深川発85分の列車は、キハ541両のワンマン運転である。

日曜日のせいか、通勤・通学客の姿はなく、乗り込んだのはたったの4人と言う寂しさだ。

この車両、窓ガラスが二重になっているのがいかにも北海道らしい。

 

4050131.JPG

4050132.JPG

4050133.JPG

 

4050141.JPG

4050142.JPG

4050143.JPG

 

 途中の石狩沼田は、かつての札沼線の接続駅だ。

ここから南に延びる、新十津川駅までの間およそ35kmは、1972年に廃線になっている。

 

 左手遥か先には僅かに雪を残す山並みが見えて来る。地図で調べると暑寒別岳(1491m)のようだ。

反対側の右手には、低い山並みが緩やかに続いている。

 

4050151.JPG

4050152.JPG

4050153.JPG

 

 列車は20分ほどで恵比島に到着する。

ここは、かつて繁栄した雨竜炭田の各炭鉱に向かう留萌鉄道への分岐駅であった。

掘りだされた石炭は、ここから旧国鉄の留萌本線・留萌を経て、そこから延びる臨港線により留萌港まで運ばれていたと言う。

 

駅前にパラパラと僅かばかりの人家が散在する山間の地だが、最近では観光スポットとして知られた駅でもある。

その理由は、この駅のホーム上に、かつて放映されたNHK朝の連続テレビ小説「すずらん」で使われたロケ用の駅舎「明日萌駅」がそのまま残されていて、それが人気を集めているらしい。

 

4050161.JPG

4050162.JPG

4050163.JPG

 

 その先蒸気機関車が悪戦苦闘した国境の峠を越えると峠下駅、さらに進んで留萌川を渡ると河口に広がる留萌の町に到着だ。

留萌とは、アイヌ語で「潮が奥深く入り込む川」と言う意味らしい。

 

ここまで途中駅で発停を繰り返すが、その時間は極めて短く、止ったかと思うとすぐに発車する。

当然のことのように、それはこの間各駅での乗客の乗り降りが殆どないからだ。赤字路線が肯ける。

 

4050171.JPG

4050172.JPG

4050173.JPG

 

終点の留萌には1時間足らずで到着した。

これより先はこの駅で乗り換えることに成るが、次の増毛行には3時間以上も待ち時間が有る。

 


 

大判焼きと豚ちゃん焼

 

留萌本線留萌駅.JPG

4050202.JPG

4050203.JPG

 

 折角だから、駅を出て町を少し歩いてみる。

駅前から続く広い通りを通る車は無く、歩く人の姿もほとんど見られない。静かな町である。

そんな駅前通りの左角に「駅前市場」が有ったが、生憎と日曜日でシャッターが下りている。

 

4050211.JPG

4050212.JPG

4050213.JPG

 

そこから5分ほど歩くと「お勝手屋・萌」と言う物産店があり、観光案内所が併設されている。

冷房の効いた店内で、「萌っ子グッズ」を手に、四方山話で時間つぶしをしていると、「もうすぐ増毛行のバスが来る」と言うので、教えられた駅前にあるバス停に向かう。

 

4050223.JPG

4050221.JPG

4050222.JPG

 

4050231.JPG

4050232.JPG

4050233.JPG

 

 バス停近くで「大判焼き」の看板を掲げた店を見つけ、バスが来るまでまだ少し時間も有るので訪ねてみた。

お腹もすいていたので、取りあえず「大判焼き」を注文し、出してくれた熱いお茶と共に味わってみる。

美味しかったので、調子に乗ってさらに「たい焼き」も注文、その時メニューに書かれていた「豚ちゃん焼」が気に成ったので、「これは?」と聞くと、「食べてみてください」と言うので、「じゃぁ」と、頂いてみた。

 

4050241.JPG

4050242.JPG

4050243.JPG

 

 豚の形をした生地皮を割ると、中身は細切れ野菜と豚のひき肉が、カレー風味に味付けされ詰められている。

かじってみると、カレーパンのような、ギョーザのような不思議な味わいで、これは悪くは無い。

またその食感が微妙で、不思議で、それが詰められた具の美味しさを引き立てている。

ただ、美味しかったが、あんこものを食べた後より、やはり先に食べた方が良い。

 

夫婦で営む店は、昔から留萌では一寸した有名店で、ここの一番人気はこの「豚ちゃん焼」と言う。

この不思議な食べ物は、地元では手軽なおやつとして親しまれているらしく、これは留萌の隠れた名物である。

 


 

思わぬ絶景

 

 増毛行の電車まで時間が有りすぎるのでそれを諦め、ここからはバスで先を急ぐことにする。

バス停で待っていたら、「バスはまだこんから、ここで座って待て」と、待合にいた男性が声をかけてくれた。

同じバスに乗ると言う。

 「生活が苦しかったから、若いころは漁師やりながら、百姓もした、必死で仕事を覚えたものだ」と、昔語りをする男性の顔は赤銅色の輝き、深い皺が刻まれている。

 

4050301.JPG

4050302.JPG

4050303.JPG

 

 定刻到着したバスは、町中を回りながら停留所で発停を繰り返し、そのたびに大勢の乗客が慌ただしく入れ替わる。

鉄道が不便なだけに、生活の足としてすっかりバスが定着しているようだ。

待合で一緒になった男性が、留萌の町外れの停留所で降りてしまうと、バスの乗客は僅か二三人となってしまった。

 

4050311.JPG

4050312.JPG

4050313.JPG

 

 バスは町中を外れ、礼受牧場辺りで海岸に出ると、その先は、殆ど海に沿って進む。

冬の厳しさを避けるものなのか、道路の海側にはところどころ風雪除けが建てられている。

浜辺に建つ民家の庭先にも、板を打ち付けたような風雪除けが見受けられる。

 

4050321.JPG

4050323.JPG

4050322.JPG

 

4050331.JPG

4050332.JPG

4050333.JPG

 

そんな海辺の集落の風景に加え、海越しには、まだ雪が残る暑寒別岳が見え隠れし、車窓を楽しませてくれる。

並行するJR線よりも、海に近いところを走る車窓は、海岸線の変化も楽しく、思わぬ絶景を見せてくれた。

 

 

毛の増える駅

 

留萌からは35分ほど、観光をするならここで降りると良い、と運転手に勧められた留萌駅前でバスを降りる。

「えっ、どこが駅?」バス停の周辺は、雑草が深く生い茂っている。

 

雑草の繁る広場の向こうを見ると、砂利を敷き詰めた広大な駐車場が有り、その先に錆びた列車止めが立ち上がり、そこから二本のレールが、生えた草に見え隠れしながら伸びている。

その脇に、ただただ短いだけの、何もないホームが、ジオラマのように佇んでいる。

如何にも最果て感のある終着駅で、フアンにはたまらない光景だ。

 

留萌本線増毛駅.JPG

4050402.JPG

4050403.JPG

 

4050411.JPG

4050412.JPG

4050613.JPG

 

アイヌ語で「かもめの多いところ」を意味する増毛駅の開業は大正10年、江戸の時代からサケやニシンの漁で栄えた町の駅は、広い構内に旅客や貨車がひしめき合う活気ある駅であったらしい。

しかし今では、その広い構内は雑草が生い茂り、閑散としている。

 

駅は僅かに11線しかない完全な行き止まりで、到着した列車は、休む間もなくすぐに折り返していく。

脇には駅舎とトイレが建ち、中には旧駅務室を利用したそば処や地元の物産を売る店、休憩所を備えている。

しかしこれも鉄道利用客向けと言うよりも、車で観光に訪れる客を意識した施設のように思われる。

 

4050421.JPG

4050422.JPG

4050501.JPG

 

 増毛に来たからには、どうしても外せないものが有る。

それは「ぞうもう(増毛)」の霊験あらたか(?)と、噂の高い入場券を購入する事だ。

 

駅の前に「風待食堂」があり、観光案内所の看板を掲げているので訪ねてみる。

ここは昭和8年に建てられた建物で、駅と共に映画「駅・STATION」の舞台にもなったところである。

 

4050431.JPG

4050432.JPG

 

「二種類有りますが・・・どちらに?」と言うので、「どっちが良く効くの?」と聞くと、苦笑を浮かべながら「どっちも」と言うものだから、「じゃぁ、両方貰う」と購入する。

 二種類の入場券を買い込んで、髪の毛の増えることを念じつつポケットにしまう。

もらった地図を頼りに、町歩きに繰り出してみた。

 

 

増毛の観光

 

増毛の北海道遺産.JPG

4050502.JPG

4050511.JPG

 

 駅の直ぐ前で、一際異彩を放っているのは「富田屋旅館」で、昭和8年に建てられた3階建ての木造旅館だ。

駅前の通りには、築70年以上という民宿「ぼちぼちいこか増毛館」や、洒落たカフェ「海猿舎」が軒を連ねている。

 

その先には国の重要文化財に指定されている昔の雑貨店「旧商家・丸一本間家」の巨大な建物がある。

100年ほど前、明治時代に建てられたもので、屋根を葺く瓦には家紋が掘り込まれている。

所々洋風の意匠が凝らされ、和洋折衷の堂々たる建物で、当時の勢いをそのまま感じることの出来る名建築である。

 

4050572.JPG

4050503.JPG

4050512.JPG

 

更に進むと明治15年創業と言う「圀稀酒造」が有る。

ここは最北の醸造所として知られた造り酒屋で、その作業場は公開されていて試飲や見学をすることが出来る。

傍らには、醸造用水として使われる暑寒別岳の伏流水を味わえる施設も併殺されている。

 

4050542.JPG

4050521.JPG

4050522.JPG

 

 本通りを外れ、海に向かうと「千石蔵」と言う巨大な石造りの蔵が有り、内部を公開している。

かつてはニシン漁で栄えた町で、そのニシン漁に使われた巨大な舟が展示さえていて、その大きさに驚かされる。

 

4050513.JPG

4050532.JPG

4050533.JPG

 

4050531.JPG

4050541.JPG

4050543.JPG

 

 少し足を延ばせば、創建260年と言う古社・厳島神社が有り、総ケヤキ造りと言う本殿には、見事な彫刻が施されている。

道内では最大で最古の木造校舎と言われる「旧増毛小学校校舎」は、つい先年まで現役で使われていたものらしく、堂々たる作りに圧倒される。

 

4050551.JPG

4050552.JPG

4050553.JPG

 

4050561.JPG

4050562.JPG

4050563.JPG

 

4050523.JPG

4050573.JPG

4050571.JPG

 

 周辺に点在する古い建物は、「駅前の歴史的建物群」として「増毛小学校」と共に、北海道遺産として選定されている。

こんな町内の石造りの建物を利用したお店や、こぎれいなカフェ、食事処、出来立てが味わえるかまぼこ屋さんなどが点在し見所や食べ処も多く、散策が楽しい町である。

 

 

留萌線の車窓

 

増毛の観光.JPG

4050602.JPG

4050603.JPG

4050604.JPG

 

 定刻入線した普通列車からは、観光客風の乗客が随分と下りてきた。

閑散としていたホームには、この折り返し列車に乗ろうと言う人々がどこからとも集まり、これらの人々と、終着駅に停車する列車を写真におさめようとする人々で、ひと時の賑わいを見せている。

 

増毛の駅で「たこ親父のたこ飯弁当」を買い込んで、キハ541両のワンマンカーに乗り込んだ。

車内は意外にも二十名近い観光客で結構込み合っている。

 

4050413.JPG

4050611.JPG

4050612.JPG

 

4050621.JPG

4050622.JPG

4050623.JPG

 

 バス路線よりも高いところを行く列車の車窓は、バスとは違った趣が有る。

絶えず左手には、青い日本海が展開し、この目を楽しませてくれる。

特に発車間際に見える増毛港やマリーナなどは、町中を行くバスからは見られなかった景色で新鮮だ。

途中駅の多くは海を見下ろす高台にあり、瀬越駅から見える海岸にはサーファーの姿も見えた。

 

4050631.JPG

4050632.JPG

4050633.JPG

 

4050641.JPG

4050642.JPG

4050643.JPG

 

 沿線の駅のホームは、どこも板敷きの粗末なもので、列車一両分ほどの長さしかない。

そんな粗末なホームには列車を待つ乗客の姿も無く、停車した列車はすぐに扉を閉め発車していく。

そんなことを繰り返しながら、留萌には25分ほどで到着した。

列車はそのまま深川行となり、このまま乗り続け、終着駅に戻ることに成る。

 

 

深川の「ウロコダンゴ」

 

深川のウロコダンゴ.JPG

4050702.JPG

4050703.JPG

 

 深川で20分ほどある待ち時間の間に、駅の売店で「ウロコダンゴ」を買い求める。

この「ウロコダンゴ」とは、深川地方では名の知れた名物で、大正時代の初めに、留萌線の開通を記念して作られ、販売されたのがその始まりとされている。

 

当時ニシンを満載して運ぶ貨車に付いたウロコから連想し名付けられたと言う。

魚のウロコとは似ても似つかない三角をした蒸団子で、白あん、あずき味、抹茶味の三つの味が楽しめる。

丁度名古屋名物の「ういろう」に似た、柔らかくてもちもちとした食感で、モチ米のうまさを引き出すために甘さは控えめだ。

 

4050711.JPG

4050712.JPG

4050713.JPG

4050714.JPG

 

 深川から特急「スーパーカムイ」に乗り込んだ。

夕方が近付き、暗くなり始めた車窓に期待は出来ず、深川駅で購入したこの「ウロコダンゴ」を車内で楽しみながら、札幌を目指すのである。

 

4050721.JPG

4050722.JPG

4050723.JPG

 



 

| ホーム | 国内路旅行 | このページの先頭 |

 

(c)2010 Sudare-M, All Rights Reserved.

 

inserted by FC2 system