コンテンツ

ホーム

サイト紹介

はれのくに

の旅

遍路歩き旅

海外旅行

伝統こけし

マイブログ

猿の出迎え

 

『今から400年余り前、手が白いことから仲間外れにされ、飢え死にしそうなところを親切な夫婦に救われた猿がいた。

恩を感じた猿は、ある日大やけどを負った夫婦の子供を温泉に入れ傷を癒して助けた』

これがこの温泉の始まりとされ、この地にはこんな開湯伝説が残されている。

 

5030101.JPG

5030102.JPG

5030103.JPG

 

その昔、三国山脈に源を発し利根川に注ぐ赤谷川の川縁には、「笹の湯」とか「湯島温泉」と呼ばれる、山間に開けた古い湯治場があった。

昭和33年に赤谷川にダムが建設され、古くから栄えたそんな湯治場は、新たに出来る赤谷湖の湖底に沈むことに成った。

そのため湯治場は高台の現在の地に移転され、それを機に開湯伝説に因み「猿ヶ京温泉」と改称された。

 

5030104.JPG

5030105.JPG

5030106.JPG

 

 温泉に至る県道は、途中関越道を潜ると次第に山深い山間地の様相を見せてくる。

瀬入沢と呼ばれる小さな渓流沿いの道で、幾つもカーブを重ねながらかなりの勾配で登り、途中トンネルでサミットを超える。

ここに至る道路では、時に野猿の群れに遭遇する事も有と聞いていたが、この日は期待通り野猿が道路脇で出迎えてくれていた。

もともとこの地域は昔から生息する猿も多いところらしい。

 

5030107.JPG

5030108.JPG

5030109.JPG

 

 20分ほど走ると視界が開け、赤い鉄橋のかかる赤谷湖が見え、湖に沿って車を走らせると、やがて温泉街の中心地へと入り込んでいく。

 


 

猿ヶ京温泉

 

 猿ヶ京温泉は、赤谷湖に沈んだ旧湯治場を高台に移し、新たに名を変えた温泉地で、湖のほとりにはホテルや旅館、温泉民宿など40軒ほどの施設が存在する。

手白猿の開湯伝説、あるいは当地に遠征した上杉謙信の見た夢が、その名の由来などと言われる温泉地だ。

 

5030201.JPG

5030202.JPG

5030203.JPG

 

50度を超す源泉は無色透明な硫酸塩泉で、入浴すれば高血圧、リウマチ性疾患、痛風、創傷などに効能がある。

又飲用すれば慢性便秘、胆石症、慢性消化器病などに薬効があるとされている。

 

5030204.JPG

5030205.JPG

5030206.JPG

 

 温泉街の中心地から少し外れたところに、日帰り入浴のできる「まんてん星の湯」がある。

里の湯、七夕の湯と呼ばれる二つの温泉浴場があり、昼間の露天風呂では目の前の赤谷湖の自然を満喫しながら、夜になれば満点の星空を眺めながらの入浴が楽しめる。

 

5030207.JPG

5030208.JPG

5030209.JPG

 

またここでは農業体験や里歩き、カヤックなどの体験も出来、食事処やBBQガーデンも併設され、近くにはオートキャンプ場も完備している。

ここでは大自然に抱かれて、ゆっくりと時間を過ごす、そんな気持ちで楽しみたいところである。

 

5030210.JPG

5030211.JPG

5030212.JPG

 

温泉地の中心をなす赤谷湖からは、天気が良ければ谷川岳の雄大な姿を望むことが出来る。

湖ではヤマメやワカサギなどの釣り、カヤックやボート遊びなどが楽しめ、また湖畔には遊歩道も整備されている。

観光客は4月から5月にかけた新緑の芽吹くシーズンと、紅葉が期待できる10月が特に多いらしい。

 


 

良寛さんも通った関所

 

 江戸時代整備された五街道に次ぐ重要な街道とされたのが三国街道である。

当時江戸と佐渡とを結ぶこの道は佐渡街道とも呼ばれ、諸大名の参勤交代や新潟奉行、佐渡奉行、島に送られる無宿人の往来や佐渡産の金など、諸物資の輸送で重要な役割を果たしていたことから、この地に関所が設けられ厳重に行人を監視することになった。

それが、「猿ヶ京関所」で、全国に53か所設けられた関所の内の一つである。

 

5030301.JPG

5030302.JPG

5030303.JPG

 

 明治元年の廃祉令により番所は取り壊されたが、江戸時代に建てられた役宅は今、赤谷湖のほとり、猿ケ京温泉街の中心地に復元され、関所資料館として公開されている。

ここには関所付近の絵図、関所備え付けの備具、当時の旅人の持ち物や、沢山の通行手形などが残されている。

 

通行手形と言うと、どうしても観光地のお土産屋さんで売られているあの将棋の駒を大きくしたような木製のものを思い起こしてしまうが、当時の手形は基本的には紙に書かれた身分の保証書である。

土地の有力者が通行する関所の役人に対し、「この者は間違いのない者です」と書いた証文で今で言うパスポートのようなものだ。

 

5030304.JPG

5030305.JPG

5030306.JPG

 

 ここには若き日の良寛が、母親の法要のため生まれ故郷の出雲崎に向かう時に使ったとみられる通行手形が残されている。

当時、備中の国・玉島(現岡山県倉敷市玉島)の円通寺で修行していた良寛は、修行時代の記録が殆どなく、故郷への帰郷も無かったと言われていたが、この発見が過去の良寛の軌跡の定説を覆したらしい。

 

5030308.JPG

5030307.JPG

5030309.JPG

 

(この項写真 最下段は岡山・玉島の円通寺)

 


 

峠下の秘湯

 

 猿ヶ京温泉から更に街道を三国峠に向け登ると、赤谷川の支流・法師川(西川)の最上流部、三方を山に囲まれた標高800mの地に、ひっそりと佇む温泉宿がある。

峠まではあと4キロほどと言う地点で、周りは山と川の他この宿以外民家も無く、一番近い所でも1キロほど離れていると言うから全くの一軒家である。

 

5030501.JPG

5030502.JPG

5030503.JPG

 

JRの最寄り駅、後閑や上毛高原からだとバスで「猿ヶ京温泉」まで行き、そこで町営バスに乗り換えることに成るが、このバスは朝2往復と、その凡そ6時間後の夕方に2往復しか運行されない。

マイカーならともかく、公共交通機関では出かけるのも中々に難儀な地で、まさに秘湯中の秘湯と言っても良い温泉宿である。

 

5030504.JPG

5030505.JPG

5030506.JPG

 

この温泉は、今から1200年前の平安時代、巡錫中の弘法大師が発見したと伝えられている。

何時の頃からかここには、川を堰き止めた石囲いの浴槽があり、やがてそこに湯屋が造られた。

そんな風に浴室が太古の昔の川底の上に立てられたため、ここでは川の方がこの建物を避け蛇行していると言う。

 

5030507.JPG

5030508.JPG

5030509.JPG

 

越と越後を結ぶ三国街道の峠下に位置し、昔から峠を目指す旅人が英気を養い、山を下った旅人が心身の疲れ癒す、そんな重宝な湯で、人々はここを「法師湯」と呼んでいた。

 


 

法師温泉・長寿館

 

 「法師温泉・長寿館」、それは創業140周年を誇る国登録有形文化財の宿である。

一軒宿の建物は、全館木造で1875年に建てられた「本館」と、その後増築された「別館」や、「法師湯」のある「湯屋」が、国の登録有形文化財に指定されている。

「日本秘湯を守る会」の会員旅館でもある。

 

5030608.JPG

5030609.JPG

5030611.JPG

5030610.JPG

 

5030612.JPG

5030613.JPG

5030614.JPG

5030615.jpg

 

 玄関前には「御入浴客御定宿」「湯本 長寿館」の古びた看板が掛けられている。

開業当時からのものらしく、江戸時代の旅籠の面影を良く残している。

軒下にかかる「日本秘湯の会」の白い提灯と、その横に立つ赤い郵便ポストの対比も面白い。

 

そのほかにも昭和に入って増築された別館などが有るが、何れの建物も長年の風雨にさらされ、板張りの壁は黒ずんでいて、そこにはめられた木製のガラス戸と共にいい味を出し、歴史を物語る風情を醸している。

 

5030601.JPG

5030602.JPG

5030603.JPG

 

この温泉を有名にしたのは、1982年に発表された俳優の上原謙と高峰三枝子が混浴の湯船につかっている旧国鉄のフルムーンポスターである。

衝撃的なポスターは、今でも館内に張られている。

その「湯屋」は、イギリスの鉄道技師の設計により1895年に完成したもので、鹿鳴館様式のモダンな外観で、二重に重ねられた屋根は、緑に苔むしている。

 

5030604.JPG

5030605.JPG

5030606.JPG

 

ガラス戸を押し開け玄関を入るとそこは吹き抜けで、正面に大きな神棚が有り、その下に樹齢1300年の栃の木で作った大きな火鉢が置かれている。

柱には大時計が架かり、梁からはランプが下がり、廊下の片隅には昔ながらの電話機が置かれている。

どれもこれも歴史を感じるものばかりで、懐かしくさえある。

 

5030616.JPG

5030617.JPG

5030618.JPG

 

 そんな浴室は、板張りの廊下を軋ませながら進んだ先にある。

開け放たれた窓から差し込む光と、所々に灯された電球の淡い陰影が何とも暖かい。

 

総ヒノキで作られた大きな浴槽は、田の字型に四つに区分けされていて、各々の浴槽の中央には木枕と呼ばれる使い込まれた杉丸太が渡されている。

そんな浴槽の周りには、今は使われなくなった脱衣箱が、当時のそのままの形で残されている。

 

5030619.JPG

5030620.JPG

5030621.JPG

 

混浴の湯船はやや深めで、その底に敷き詰められた玉石の間からポコポコと源泉(43℃)が今も湧き出ている。

木枕に頭を預け、目を閉じて、体の力を抜いて思い切り四肢を伸ばし、ややぬるめの湯にドップリとつかる、そんな至福の時が、ここにはゆっくりと流れている。

 



 

| ホーム | 国内の旅行 | このページの先頭 |

 

(c)2010 Sudare-M, All Rights Reserved.

 

inserted by FC2 system