コンテンツ

ホーム

サイト紹介

はれのくに

の旅

遍路歩き旅

海外旅行

伝統こけし

マイブログ

「国民保養温泉」

 

 群馬県の北西部に位置する「四万温泉」は、1954年に青森県の酸ヶ湯温泉、栃木県の日光湯元温泉と共に、「国民保養温泉」の第一号に指定された歴史ある温泉地である。

その湯は四万もの病に薬効が有ると言われ、地名の由来となっている。

 

5040101.JPG

5040102.JPG

5040103.JPG

 

 この「国民保養温泉地」とは『温泉地の中で、温泉利用の効果が充分期待され、かつ健全(歓楽的な色彩の無い健康的)な温泉地としての条件を備えている地域』を環境省が指定するものだ。

 

温泉の泉効が顕著で、湧出量が豊富にあること、適度な温度を擁していることに加え、温泉地の置かれている地理的な状況やその環境、交通の利便性の良さ、災害に対する備え・安全性などが総合的に判断し選定されるもので、現在全国の91地域が指定されている。

 

 

5040104.JPG

5040105.JPG

5040106.JPG

5040107.JPG

 


 

四万温泉

 

国道353号を四万大橋のところで逸れ、山里を流れる四万川に沿って、川を遡ると温泉口、山口、新湯、ゆずり葉、日向見の五つの地区に分かれた温泉街が開けている。

 

「四万温泉」は、歴史ある温泉地らしく大型のホテルや和風の旅館、民宿、ペットと泊まれる宿などに混じり、飲食処やお土産屋さん、レトロな商店街など多彩な施設で広範な温泉街を形成している。

その中の一つ日向見地区は、四万温泉発祥の地と言われている。

 

5040201.JPG

5040202.JPG

5040203.JPG

 

ここには日帰り入浴の出来る「清流の湯」(500円)や、無料で入れる「上の湯」など立ち寄りスポットも多い。

特に「国民保養温泉」と言うだけあって、「河原の湯」や「御夢想の湯」など無料で入れる立ち寄り湯があり、他にも町営の入浴場などがあるが、おおむね500円程度の安い料金で入れるのが嬉しい。

ただ共同湯は利用時間が限られているので注意が必要だ。

 

5040204.JPG

5040205.JPG

5040206.JPG

 

また、「山口川音の足湯」「ゆずりは足湯」など、温泉街には四カ所もの足湯があり、様々なスタイルの入浴を楽しむことが出来る。しかも無料で楽しめる湯が多いのが有りがたい。

 

温泉の泉質は、ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩泉で、神経痛・リウマチ・皮膚病などに効能があり、入浴すれば肌に良く、飲用すれば胃腸病・食欲増進に良いとされるため、温泉街には二か所の飲線場も設けられている。

 

5040207.JPG

5040208.JPG

5040209.JPG

 

 

温泉街の中心地・新湯地区

 

温泉街の中心地、新湯地区に架かる月見橋を渡ると、河原には広大な駐車場も用意されている。

そこから少し上流に向かって歩くと、四万川と新湯川の出合う河原に「河原の湯」が有る。

ここは無料で利用できる共同湯の一つである。

石造りの小さな建物は、道路の下に潜り込むように建てられていて、一見洞窟のような雰囲気が人気で、小さな浴槽にはいつも人が溢れている。

 

5040301.JPG

5040302.JPG

5040303.JPG

 

 温泉街の中ほどに桐の木平商店街がある。

この地区の中心らしく、大小の旅館や酒屋、土産物屋、食事処などに混じり郵便局などが混然とした通りで、観光客がそぞろ歩く姿も目立つ目抜き通りである。

中ほどには飲めば胃腸病に聞くと言う「塩の湯飲泉所」もある。

 

5040304.JPG

5040305.JPG

5040306.JPG

 

そんな一角から香ばしく食欲を誘うのが「焼きまんじゅう」だ。

米と小麦を練り合わせ丸め、それを蒸して作ったパン様のまんじゅうを竹串にさし、火であぶり、みそだれを付けさらに焼き、僅かな焦げ目をつけたものだ。

 

群馬県のソウルフードとも言われる「焼きまんじゅう」は、そのタレが何とも香ばしく濃厚で、一口頬張ると口の中ではそのうまさが後を引く。

熱いうちにフーフー言いながら食べるのが特に美味しいらしい。

 

5040307.JPG

5040308.JPG

5040309.JPG

 

新湯地区の落合通りは、どこか昭和レトロな雰囲気を感じる通りで、ここでは時がゆっくりと過ぎて行く。

温泉まんじゅうを売る土産物屋、酒場、飲食店や喫茶店に混じり、懐かしいスマートボールの出来る遊戯場も有る。

少し前までこの通りには、射的やパチンコ、スマートボールなどの遊技場が5軒ほど有ったらしいが、今ではこの「柳屋」が一軒だけになったと言う。

 


 

日本最古の湯宿・積善館

 

 「河原の湯」のある萩橋を渡り、暫く進むと赤い橋の向こうに古風な佇まいを見せる旅館が見えてくる。

温泉街を代表する見所の一つ、「積善館」で有る。

 

江戸は元禄の時代に開業した湯治宿は、300年の歴史を誇る、現存する日本最古の湯宿でもある。

その昔は、一階部分を家族が使用し、二階を湯治客に貸していたので、その名残の外から直接二階に上がることのできる階段、が玄関のすぐ脇に今も残されている。

 

5040401.JPG

5040402.JPG

5040403.JPG

 

5040404.JPG

5040405.JPG

5040406.JPG

 

 館内には立ち寄りのできる「元禄の湯」が有る。

昭和5年に建てられた建物で、一階部分は大正浪漫を感じさせるモダンな洋風な感じで、その上に純和風の客室が建っている。

何とも雰囲気のある建物で、前に架かる赤い慶雲橋と共に、映画「千と千尋の神隠し」のモデルにされたものだ。

 

5040407.JPG

5040408.JPG

5040409.JPG

5040410.JPG

 

「元禄の湯」の木造の扉を押し開けて中に入ると、一段と高いところに脱衣所が設けられている。

浴室との間には仕切りも何もない、ただ棚を置いただけのシンプルな作りで、一昔前のスタイルそのままである。

 

 石段を降りるとタイル張りの洗い場が広がり、そこには石造りの5つの浴槽が掘られ、掛け流しの湯が溢れている。

広い室内は天井が高く、大きなアーチ形の窓がモダンで印象的だ。

開放された窓からは明るい日差しが一杯に差し込み、川を渡る風も流れ、せせらぎが聞こえてくる。

 

浴室には、今で言うサウナであろうか、蒸湯も有る。

この蒸湯は温泉のルーツと言われるもので、かつてはどこの温泉にも有ったらしいが、今に残るのはここだけと言う。

 

5040411.JPG

5040412.JPG

5040413.JPG

 

5040414.JPG

5040415.JPG

5040416.JPG

 

 このほかにも本館内には、利根川の青石で造られた館内唯一の混浴岩風呂もある。

脱衣所は男女別になっているが、浴室同様余り広くは無い。

少し大きめな家族風呂と言った感じで、家族同士なら兎も角、他人との混浴となると少し勇気がいるかも(?)

そのせいか男女の専用時間帯も決められている。

 



 

| ホーム | 国内の旅行 | このページの先頭 |

 

(c)2010 Sudare-M, All Rights Reserved.

 

inserted by FC2 system