コンテンツ

ホーム

サイト紹介

はれのくに

鉄の旅岡山

の旅

遍路歩き旅

海外旅行

伝統こけし

マイブログ

湯の山温泉


 

 関西本線の四日市駅と近鉄名古屋線の四日市駅は1.2Kmほど離れたところに位置していて、歩けば15分ほど、タクシーなら5分足らずの距離である。

そんな近鉄の四日市駅で湯の山線の電車に乗り換えると、およそ25分で湯の山温泉の玄関口「湯の山温泉」駅に到着する。

温泉街はここから更に、バスかタクシーに10分ほど揺られることになる。

 

9020101.JPG

9020102.JPG

9020103.JPG

 

9020104.JPG

9020105.JPG

9020106.JPG

 

9020107.JPG

9020108.JPG

9020109.JPG

 

湯の山温泉街は鈴鹿国定公園の中にある御在所岳の東麓に位置し、周囲を自然豊かな山の緑が取り囲む清閑の地で、その中心を三滝川が瀬音も緩く流れている。そこを通る抜ける道は狭く、緩やかに登り、曲がりくねっていて、その渓谷沿いの道縁に比較的大型の20軒ほどの旅館やホテルが犇めいている。

 

しかし残念なことに、温泉には昔ほどの勢いは無く、観光客の減少や、後継者難から廃業を余儀なくされた旅館や土産物屋も多く、所々で空地も目立ち廃屋が無残な姿をさらけ出している。

 

9020110.JPG

9020117.JPG

9020111.JPG

 

9020112.JPG

9020113.JPG

9020124.JPG

 

9020114.JPG

9020115.JPG

9020116.JPG

 

温泉の歴史は古く、その発見は養老年間(718年)まで遡る。

この地には谷川のくぼみに足を付け、傷を癒していた鹿が「ここに、傷を癒してくれるお湯が沸き出ている」と教えてくれたと言う「鹿の湯伝説」が残されていて、別名「鹿の湯」とも呼ばれている。

 

温泉街には、日帰り入浴も出来る旅館が数多くある。

泉質は、アルカリ性ラジウム泉で昔から「美人の湯」と言われ、そのため女性の人気も高く、関西や中京からは気軽に行ける行楽地として人気も高い。

 

9020125.JPG

9020126.JPG

9020127.JPG

 

9020118.JPG

9020119.JPG

9020120.JPG

 

9020121.JPG

9020122.JPG

9020123.JPG

 

 そんな温泉街の観光名所の一つが、最奥に位置する大石公園だ。

三滝川の渓流と緑に覆われた園の一角に、日本一大きいと言われる御影石が鎮座している。

かの大石内蔵助はこの大石繋がりの石を眺めながら、日々悶々の心の憂さを晴らしたであろうと言われている。

 

近くには、その昔には僧兵が勢力を誇示していた天台宗のお寺、三岳寺がある。

かつては多くの僧兵を擁し、繁栄した歴史が有るそうで、そんな往時の姿を偲ぶ「僧兵まつり」が知られているが、今ではここに伝わる「折り鶴伝説」により、若い人たちから恋結びの寺として支持を集めているらしい。

 

 

鈴鹿セブンマウンテン

 

 関ヶ原から鈴鹿峠に向けて南北50qほどの間に、霊仙山、鈴ケ岳、御池岳、藤原岳、竜ケ岳、釈迦ケ岳、国見岳、御在所岳、雨乞岳、鎌ケ岳など、1000mを超える山々が10座以上も連なるのが鈴鹿山脈である。

 

このうち最高峰は御池岳で1247m、それに次ぐのが御在所岳の1212mで、その登山口には、関西・中京の奥座敷として人気の観光地であった湯の山温泉がある。

温泉からは御在所の山頂に向けてロープウェイも有り、歩き登山のみならず、気軽に千メートルを超える山頂を目指すことが出来る。

 

 

9020304.JPG

9020305.JPG

9020306.JPG

 

9020307.JPG

9020308.JPG

9020309.JPG

 

かつて昭和40年代、鉄道会社やテレビ局、新聞社、地元の山岳会などが中心に成って、『鈴鹿セブンマウンテン登山大会』と言うキャンペーンを行っていた。

それは御在所を始め、鎌、竜、藤原、雨乞、入道、釈迦の7座などを舞台に、誰もが自由に参加でき、気軽に登山を楽しもうと言うものであった。

 

9020301.JPG

9020302.JPG

9020303.JPG

 

近鉄名古屋線に乗り途中三岐鉄道三岐線や近鉄湯の山線に乗換え、思い思いの目的地に向かうハイカーや登山者は多く、週末や休日ともなると近鉄名古屋駅には、大きなザックを担いだ若者で溢れ、俄か登山ブームで大いに賑わったものだ。

 

 そんなブームには及びもしないが、いままた俄かな登山ブームが来ているそうだ。

その中心になるのが健康志向か、昔取った杵柄を再び担ぐ高齢者と、カラフルな衣装に身を包み颯爽と歩く山ガールと呼ばれる女性たちだと言う。

 


 

御在所岳登山

 

『鈴鹿セブンマウンテン登山大会』のキャンペーンが功を奏したのか、昭和43年には、鈴鹿山脈一帯が鈴鹿国定公園に指定され、さらに昭和47年には公園内を貫く鈴鹿スカイラインも開通した。

ここには昭和34年に営業を開始したロープウェイも有り、温泉が楽しめて、さらに麓から気軽に千メートル級の山に登る事が出来るとあって、多くの観光客が押し掛けていた。

また当時、御在所岳を歩いて登る登山者向けには色々なルートが設けられ、登山道も整備されていた。

 

9020401.JPG

9020412.JPG

9020403.JPG

 

9020402.JPG

9020404.JPG

9020405.JPG

 

麓から登るルートは幾筋もあった。

一番ポピュラーなのが表登山道で、温泉街を抜け三岳寺脇から大石橋を経て山頂に至るコースだ。

登り口に近い処には、気軽に泊まれる「近鉄山の家」が有り、半ドンの日(当時多くの企業・工場は土曜日の午後は休業としていた)などは大いに賑わっていた。

ここからは途中、鎌ケ岳を経て、武平峠を越えるルートも有った。

また表登山道と同様、比較的健脚向きとされる一の谷登山道も整備されていたと記憶している。

 

温泉街の外れの名勝・蒼滝を下に見て、途中ロッククライミングのメッカ、クライマーの聖地と言われる藤内壁を仰ぎ、ゆっくりと登る裏登山道は、距離は長いが木陰も多く勾配もゆるくて歩きやすく、一番好きなルートであった。

 

9020406.JPG

9020407.JPG

9020408.JPG

 

9020410.JPG

9020411.JPG

9020409.JPG

 

ロープウェイの直下には中登山道があり、開放的で眺望の開けた道は、距離は短いが、荒れ地や岩場の続く勾配の厳しい登り道で健脚向きと言われていたが、結構人気が有った。

山頂からは各峰を目指す尾根道や、滋賀県側に下山するルートも幾つかあった。

 

これらの登山道は今でも残されているようだが、そんな中で表登山道は鈴鹿スカイラインの完成で、随所で寸断され昔とは随分と変わったらしい。さらに何年か前の集中豪雨ではこれらの登山道も被害をうけ、特に裏登山道では土砂崩れが起き、道は荒れてしまい昔の面影がなくなったと聞いた。

 


 

御在所ロープウェイ

 

 温泉街の麓駅から赤いゴンドラに乗り込めば、千メートルを超える山頂まで気軽に登ることが出来る。

ゴンドラからは高度が上がるほどに眼下に広がる温泉街が一望で、その先を見やれば四日市市街地の広がりや、さらに目を凝らせば雲に霞んで伊勢湾が僅かに望まれる。

 

9020201.JPG

9020202.JPG

9020203.JPG

 

9020204.JPG

9020205.JPG

9020206.JPG

 

9020207.JPG

9020208.JPG

9020209.JPG

 

9020210.JPG

9020224.JPG

9020225.JPG

 

9020211.JPG

9020212.JPG

9020226.JPG

 

途中に建つ白く塗られた6号支柱は、標高1,004mの位置にあり、麓からも良く目に付くここのシンボルだ。 

運が良ければ眼下の岩場で遊ぶ天然記念物のニホンカモシカの姿を見かけることも有ると言う。

さらに「鷹見岩」「大黒岩」など、花崗岩で出来た山らしく奇岩・巨岩の出迎えを受けるとしばらくして山頂駅に到着だ。

全長2161m、高低差780mのロープウェイは、僅か12分の空中散歩で一気に山頂まで登る。

 

9020213.JPG

9020214.JPG

9020215.JPG

 

9020216.JPG

9020217.JPG

9020218.jpg

 

降り立った一帯は山上公園になっている。

昔はこの付近に、世界的にも珍しかったカモシカ専門の動物園「日本カモシカセンター」や「御在所ユースホステル」があったはずであるが、辺りを見回してみるがどこにもその姿は見当たらない。

聞けばカモシカセンターは2006年に閉園し、ユースホステルは廃止されその建物も解体されたと言う。

 

9020219.JPG

9020220.JPG

9020223.JPG

 

9020227.JPG

9020229.JPG

9020228.JPG

 

ロープウェイの山頂駅の横手には観光リフト(冬季はスキー用のリフト)があり、それに乗って8分ほど登ると、三重県と滋賀県の県境にある一等三角点・山頂に向かうことが出来る。

ここからは鈴鹿の山並みが一望で、晴れていれば遠く知多・渥美半島から富士山まで望むことが出来る。

 



 

| ホーム | 国内の旅行 | このページの先頭 |

 

(c)2010 Sudare-M, All Rights Reserved.

 

inserted by FC2 system