誘われて

写真と文でつづる旅の思い出

 

 

 

 about50.jpgabout52.jpgabout57.jpgabout53.jpgabout59.jpgabout55.jpgabout56.jpgabout58.jpg

 

 

 

 

 

 

発心の道場(阿波の国・徳島)

 

 

■ ■ 第1番札所・霊山寺〜第23番札所・薬王寺 ■ ■

 

発心の道場.JPG

 

 

四国八十八ヵ所は、弘仁六年(815)弘法大師42歳の時に開創されたといわれている。

阿波の国から始まり土佐、伊予を経て讃岐の国を巡る「四国遍路」の遍路道は、

その道程三百六十余里(約1400Km)にも及ぶ。

 

大師入定後、大師への信仰から、弟子の修行僧がその縁の地を巡拝し、

やがてそれが一般庶民の間にも広がり、霊場が定められ、それらを結ぶ道が整備されたようだ。

 

近年では、こうした道を歩いて遍路をする人も増えていると聞く。

遍路とは歩くことであり、歩いて巡ることが修行そのものであり目的であるとされる。

お遍路となって四国の地を巡り、自身の心が遍路となると四国はお四国になる。

それは、心が変わると世界観もが変わるからだそうだ。

 

一度に全ての札所を回るのを「通し打ち」、何度かに分けて回るのを「区切り打ち」と言うらしい。

一般的に「通し打ち」は40日前後、余裕を見るならその人の歳の数だけの日数が必要と言われている。

歩いて巡る事は本当に大変な道中修行だ。

 

しかし時代の流れからか、今ではバスやマイカーで巡る人が圧倒的に多いそうだ。

厚い信仰心をもって巡る人もいれば、単なる観光旅行として訪れる人もいる。

それぞれの想いが有り、それぞれのスタイルが有り、それぞれのお四国巡礼が有るようだ。

何を思ったのか友と二人、そんなお四国を歩いて巡る遍路に旅発った。

 

 

■写真・旅行記はこちら

 

 → 歩き遍路の旅が、うどん腹で大丈夫だろうか(第 1番〜第番札所)  この街道も昔は多くの歩き遍路が行き・・・

 

 → 途中一台の車がハザードランプをつけ路肩に(第番〜第11番札所)  窓から顔を出した少年が話しかけて・・・

 

 → お四国最大の難所は、遍路泣かせの焼山寺道(第11番〜第12番札所)  この道は途中、四国三郎を跨ぐ・・・

 

 → ある日、門前に立った乞食僧を煩わしがり(第13番〜第18番札所)  お目にかかって懺悔したいと後を追い・・・

 

 → 一難去ってまた一難、再び厳しい山道を歩く(第19番〜第20番札所)  何よりもあめ色に照り輝く菅笠が・・・

 

 → ここら辺りまで来ると大きなイセエビの踊る(第21番〜第23番札所)  晩飯にイセエビが出るかもと期待が・・・

 

 → 阿波の国発心の区切り 鯖大師本坊に泊まる(番外札所)  天気はこれから崩れ大荒れになると言うが、今風は・・・

 

 

 

修行の道場(土佐の国・高知)

 

 

■ ■ 第24番札所・最御崎寺〜第39番札所・延光寺 ■ ■

 

修行の道場.JPG

 

土佐路は、「修行の道場」と言われている。

それは相対的に札所間の距離が長い事も有るが、その昔、波の恐怖にさらされながら、

多くは石のごろごろとした海沿いの道を、また足元の不安定な砂浜の道を、

ただひたすら歩き続ける厳しさに由来している。

 

加えて山に構える札所も多く、山門に至る遍路道は、厳しい登り道が行く手を阻んでいる。

丸々一日、いや二日歩き続けても目指す札所に行き着けない事も、決して珍しくは無い。

たった一つの札所を打つのに、余りにも大きな艱難辛苦が待っている。

耐えて忍んで、唯ひたすらに前を向いて、一歩、叉一歩と歩くよりいたしかたない。

 

しかし、苦しいことだけでは決して無い。

多くは海岸線を歩くので、その絶景をゆっくりと堪能することが出来る。

あの海の広さ、碧さには心が洗われるし、心地良い潮風は、ひと時の安らぎを与えてくれる。

 

苦しんで、山道に挑んだ先に開ける眺望は、疲れた身体を癒してくれる。

土佐路は、ただひたすら歩く、歩く、歩く、歩く・・・そんな旅だけではなさそうだ。

 

 

■写真・旅行記はこちら

 

 → 室戸に向けて、歩く海岸線はどこまで行っても変化は 今日の泊は尾崎の旅館そこまで42キロただひたすら歩く・・・

 

 → バスで訪ねた懐かしい岬のお寺(第24番〜第26番札所) 20代の初めの頃田宮虎彦の小説を読んでこの目で確かめ・・・

 

 → 真っ縦と言われる山道土佐の難所は雨模様 (第27番札所) 暫くは田畑の中を緩やかに登るが、やがて道は・・・

 

 → こんな夜中に何所からか聞こえてくる鈴の音 (第29番〜第30番札所)  寝静まった宿に鈴の音が、これは・・

 

 → ひたすらあの山の、赤い鉄塔を目指して行け (第31番〜第33番札所)  宿の女将に教えられた鉄塔が遥か・・・

 

 → 塚地峠を越えると、そこにはアイスクリンが (第34番〜第35番札所)  右に入ると道は標高200メートル・・・

 

 → 納経所から延びる石の階は、横綱育てた(第36番札所)  本堂は見上げるような石段を登った遥か先に佇ん・・

 

 → 参拝の信者を悩殺するモンローの肖像画 (第37番札所)  松本の堂守男性が言っていた、「モンロー」を捜し・・・

 

 → 温泉で英気を養い札所間の最長距離足摺を目指  岩本寺から金剛福寺までその距離何と87キロもあると・・・

 

 → 清きを滔々と流す最後の清流四万十川を越えて 漁師であろうか、小舟が一艘エンジン音を響かせて川中に・・・

 

 → 昼なお暗い道を進むといよいよ足摺が近づいて来た(第38番札所) 岬に向け、曲がりくねった細い道が・・・

 

 → 豊かな森林帯を抜ける県道は全てが山の中 (第39番札所) やがて人家が途絶えると道は少しずつ上り・・

 

 

 

菩提の道場(伊予の国・愛媛)

 

 

■ ■ 第40番札所・観自在寺〜第65番札所・三角寺 ■ ■

 

菩提の道場.JPG

 

旧宿毛街道は、標高300メートルの松尾峠で、土佐の国境を超え伊予路に入る。

 

この峠は、ここから香川県境の川之江市まで、

県内465キロに及ぶ「四国のみち」愛媛県ルートの起点であり、

これより「菩提の道場・伊予路」の始まりでもある

 

伊予路の最初の札所・第40番・観自在寺は、霊山寺からは一番遠く離れた札所で、

「裏の関所」とも言われ、遍路にとってもようやく折り返し点に来たか、と感慨深く感じられるところでもある。

しかし、そんな安堵感も吹っ飛ぶような、久万高原の上り下りや、

石鎚山系の懐深く入り込む難路など、厳しい山岳地の遍路道も控えているらしい。

 

「菩提」とは、「悟り」の事、「悟り」とは「気付く」事。

厳しい自然の中に身を晒し、自らの判断で進むべき道、歩むべき道を見つけて進む。

時には迷いとの遭遇も有るだろう。

しかし少しぐらい迷っても良いと思う。そして迷ったら暫く立ち止まれば良い。時には少し遠回りすれば良い。

「悟りとは、迷いの道に咲く 一輪の花である」と言うから、それで得られるものも有るのだから。

さて、菩提の道場には、どんな迷い道が待ち構えているのであろう。

 

■写真・旅行記はこちら

 

→ 伊予の国と土佐の国を結ぶ難所松尾峠を越えて(第40番札所) 貞享年間に建てられた二本の国境の碑が・・

 

→ 酒饅頭で力付け峠越えれば六とオオウナギ(第41番〜第42番札所)  ここは昭和を代表するユーモア

 

→ まるで屋根に掛けた梯子のようで鎖を掴んで(第43番札所) きついのは最初だけ 峠まで20書かれ・・

 

→ 伊予大洲・内子の町並みをみてノーベル賞作家の故郷へ  町中にはかつて木蝋や生糸で栄えた商家や民家も多く・・

 

→ 西の軽井沢・久万高原から鴇田峠を超えヘソ寺へ(第44番札所) さらに勾配の増した上り道を歩くこと10・・・

 

→ 頭上に覆い被さる小岩のような巨岩にアッと息を(第45番札所) まるで巨岩をくりぬいてそこに包み込まれる・・

 

→ 衛門三郎ゆかりの地から松山郊外の遍路道(第46番〜第50所) 遍路の祖と言われるこの地方の

 

→ 石手川に架かる橋を渡ると、正面に緑鮮やかな(第51番と松山市内) さすがに道後温泉も近いだけあり・・

 

→ お遍路さ〜ん、と学生さんが声を掛けるお接待瀬戸大橋と第52番札所) 休んでいきませんか?食事は?・・

 

→ 何となく懐かしい花へんろの町と元祖鯛めしの老舗宿第53番札所) 聞き覚えのある言葉だと思ったら・・

 

→ 鬼瓦や屋根瓦、工芸瓦など700年の伝統を受け継ぐ(第54番〜第55番札所) 国道沿いにも瓦工場の・・

 

→ 聞きしに勝る難所を登れば碧い瀬戸内の海が(第56番〜第58番札所) 見れば山門を潜った先に手すりの

 

→ 願いは一つだけに、お大師さんの手を握り(第59番札所) あれもこれもはいけません、お大師様は忙しい・・

 

→ 水害で荒れた遍路道石鎚の中腹目指して(第60番) 木立の茂る山道は急勾配の難路と言うより悪路そのもの・・

 

→ 山を下り奥の院から安産競う町中の寺(第61番〜第62番札所) 小松の町内に有る二つのお寺が安産を

 

→ 本堂前の植え込みの中の成就石と吉祥天(第63番〜第64番札所)  目を瞑り願い事を念じながら歩きだし・

 

→ やっとたどり着いた先の聳え立つ壁のような石段は(第65番札所) これが伊予路最後の試練だと挑みかけ・・

 

 

 

 

涅槃の道場(讃岐の国・香川)

 

 

■ ■ 第66番札所・雲辺寺〜第88番札所・大窪寺 ■ ■

 

涅槃の道場.JPG

 

讃岐の国・香川県は、南部に千メートル程度の讃岐山脈が東西に延び、

北部は瀬戸内海に望んでいて、面積が全国で一番狭い県でもある。

瀬戸内式気候で、年間を通じて気温は温暖、極めて少雨である。

そのため讃岐路では、いたるところで大小の溜池を目にしながら歩くことに成る。

 

讃岐路の札所は、その間の距離が比較的短くて、一日に何か所もの札所を打つことも可能で、

これは歩きにとってはありがたい。

この地の札所が、三豊・丸亀・高松の主要な平野に代表される、

讃岐平野と呼ばれる狭い範囲に集中して配置されているからである。

 

しかし一方では、讃岐特有の地勢である火山性の出塊群と言われる、

台地状、円鋳状のお椀を伏せたような、又お握りを置いたような小山が沢山あり、

そんな中、札所はその山麓や中腹に構えていることが往々にある。

そのために最後の最後で、苦しい山道や石段上りが待ち構えていて、苦しめられるということもある。

しかし、苦しい登りを終えれば、必ず楽な下り坂というご褒美も頂けるので、それはそれで良くしたものでもある。

 

66番札所は、行政上は徳島県に位置している。

これを打ち、雲辺寺山を下れば、遍路道はいよいよ讃岐路に入り、満願に向けた「涅槃の道場」の始まりである。

 

■写真・旅行記はこちら

 

→ 長い長い下り道、険しい悪路難所として(第66番〜第67番札所) 迷いやすいので敬遠されていた下り・・

 

→ 四国88カ所の中では唯一ここだけと言う(第68番〜第70番札所) 同一境内に二つの札所が隣接する珍しい

 

→ 岩肌には摩崖仏、死霊の集う山と言われる(第71番〜第75番札所) そ雰囲気は幽暗で、神秘的で独特な・・

 

→ この寺は、明治時代の中頃、第11師団長の(第76番〜第78番札所) 本坊客殿の四室で暮らした将軍は本部へ・・

 

→ 深い怒り嘆き恨みを残し又の名を天皇寺と(第79番〜第80番札所) 800年の昔当地に配流された崇徳上皇・・

 

→ 再び三度の遍路転がし、もう一息あと少し(第81番〜第82番札所) 登山道を覆う木々に下げられた札に・・

 

→ 薬師如来を祀る薬師堂はお堂と言うよりも(第83番〜第85番札所) 地獄の釜の煮え滾る音が聞こえると・・

 

→ 地蔵尊像の横静御前の剃髪塚がひっそり(第86番〜第87番札所) 吉野で義経と別れた静は、捕えられ・・

 

→ 感動の瞬間が、納経帳の最後の頁に朱印(第88番結願所に向け さすがに回り終えたのだと言う実感も・・

 

→ 足取りも軽やかに、歩き遍路はお礼参りにそして第1番札所 歩き遍路を始めた頃はただがむしゃらに・・

 

 

 

 

結願成就の道(高野山・奥の院へ)

 

■ ■ 羅城門から鳥羽・高野街道 そして高野山へ ■ ■

 

sikoku500.JPG

 

平成二十七(2015)年、高野山は開創1200年を迎えた。

遣唐使として派遣先の唐より帰朝した空海は、弘仁七(816)年嵯峨天皇に高野山の開創を願い出た。

およそ一か月で許しの勅許がおり、下賜された標高900メートルともいわれる山上の盆地に、

真言密教の根本道場を開くべく決意を固めるのである。

 

しかしその構想はあまりにも遠大で、難儀を極めた。

まず建築材料の調達、それを山上まで運び上げる手間暇、何れも膨大な時間と、

何よりも莫大な費用が掛かったが、それらは思うように集まらず事業は難航した。

そして着手して20年も得ず、志も半ばで空海は、むなしく高野山に入定することとなったのである。

 

伽藍の造営は、その後継者たちに引き継がれることとなったが、

密教思想に基づく金堂、大塔、西塔、僧房などの建立は遅々として進まず、

一応の伽藍が整い、西塔が完成したのは空海の着手からおよそ70年の歳月を要していたと言う。

 

その後これだけの長い歳月をかけ、幾多の危機を乗り越えた高野山は、

真言密教の根本道場として、山上の宗教都市として神秘を秘めながら栄えてきた。

「紀伊山地の霊場と参詣道」が世界遺産の指定を受け、

ミシュラン旅ガイド日本版で三ツ星の評価を得、

そしていま1200年を迎えた高野山は優れた観光地として、

国内の善男善女のみならず多くの外国人からも注目を集め、連日賑わいを見せているという。

 

 

■写真・旅行記はこちら

 

 天皇より東寺を下賜された空海は直ちに鳥羽街道・教王護国寺 教義の純粋さを保ち真言密教の道場

 

 慙愧の余り痛涙に咽盛遠は逐電し姿を鳥羽街道羅城門〜 その後都で見た人はなく、やがて歴史を変える・・

 

 振り返れば遥か町並みの中に京都タワー鳥羽街道・恋塚寺 川風に火照った体を冷ましながら、塔を見つけ・・

 

→ あの発明王エジソンは発熱電球の実用化に東高野街道八幡 竹を使い試す日々を続け苦心を重ねていた・・

 

→ 五月の初頭野崎参りは屋形船で参ろ東高野街道・洞ヶ峠 大阪天満橋から船を仕立て川を伝い・・

 

→ 美味しいですよと呼びかけるお姉さんの東高野街道・瓢箪山〜) 疲れた身体には何時ものことながら甘い・・

 

→ 江戸期、自治的特権を得た寺内町に入って(東高野街道・譽田〜) 町内は領主が無税と制定したため商人が・・

 

→ 酒林が吊下がる酒蔵通りを抜け西條橋を高野街道河内長野〜 別久坂と呼ばれる急坂を上る古い神社が・・

 

→ 橋本の町から紀ノ川を渡って高野山領へ高野街道・橋本 最初の宿場町として賑わった清水の集落を後に・・

 

→ 女人堂で飽き足らない女性たち外八葉の大門〜奥の院 結界の外を行く女人道を息を切らし上り下り・・

 

→ 空海は香川県の善通寺で生まれ、唐に渡り修行大門〜奥の院 これらの三カ所は不思議なことにすべて同じ・・

 

→ 墓原と言われる辺りは鬱蒼と茂る木立(大門〜奥の院) 静寂に包まれ、霧をかけたように微かに霞み何やら・・

 

 



 

ホーム はれのくに 鉄の旅岡山 国内の旅行 遍路歩き旅 東海道歩き旅 海外の旅行 伝統こけし マイブログ

 

 

(c)2010 Sudare-M, All Rights Reserved.

 

 

inserted by FC2 system