旅の思い出

ホーム

サイト紹介

国内の旅

鉄の旅岡山

遍路歩き旅

海外旅行

伝統こけし

マイブログ

四国遍路歩き旅の始まり

 

 長年勤め上げた会社を定年退職し人生80年時代の余生を健康に楽しく過ごせるようにと始めたのが、週三回のジムでの軽い筋トレと、これまた週三回近所を徘徊のように歩き回る一回一万歩目標のウオーキングである。

何しろ時間は有り余るほどあるので、これらを一日おき交互に実行するに何の支障もない。

 

 しかし歩き始めてみるとどうせ歩くなら・・・何か目的を持って、何か達成感の有る歩きをしたいと考えるようになるには、左程時間を擁すことでもなかった。

幸い時を同じくして同じ思いの相棒も見つかり、話はとんとん拍子に進み、「四国八十八カ所」を歩いて回ろうと相成った。

 

1000000.JPG

 

 今から1200年余前、弘法大師・空海は、ほぼ四国の外周に沿った八十八の霊場巡りを整備されたとされている。

それらを一回で一気に回るのが「通し打ち」だが、その距離何と1200キロとも1400キロとも言われる遍路道を巡るには40日余りを要するとされている。しかし一般的には巡る人の歳の数と同じ日数を見るのが良いと言われるほどにそれは過酷な道のりだ。

 

101.jpg

188.jpg

999.jpg

 

 「通し打ち」をするだけの健脚を持ち合わせない身には、何回かに分ける「区切り打ち」しか術はなく、一年に春と秋の二回、五年かけて都合十回で周ろうとの目論見で、およそ信仰心もない二人の遍路が歩き始めることになった。

これはその記録である。

 

 

始まりは板東駅から

 

気温も暑からず寒からず、日も段々と長くなってくる春が遍路には最敵期とされている。

高松から高徳線の徳島行に乗車し、坂東駅で降りる。遍路の第一歩はこの駅から始まる。

 

余り大きくない駅のホームには、赤い鳥居と“四国一番 霊山寺” の標柱が立っている。

さぞかし遍路が多いのだろうと思って駅に降り立った。しかしそこには土地の人らしき老人と、数名のグループ連れ、それに我々を合わせて10名余りで些か肩透かしだ。

何はともあれ、まずは鳥居の前で記念撮影。少し遅れて駅舎を出れば、駅前広場には既に人影は無く閑散としている。

 

1100011.JPG

1100012.JPG

1100013.JPG

 

sikoku0101

sikoku0102

sikoku0103

 

sikoku0104

1101092.JPG

sikoku0105

 

駅を後に街道に出る。この街道も昔は多くの歩き遍路が行き交ったのかと思いながら人通りも無い道を歩く。

廃館となった映画館であろうか、板戸の締められた建物を見遣りながら1番札所を目指す。

やがて四国第一番と書かれた石柱に導かれ角を曲がると正面彼方に堂々とした山門が眼に飛び込んでくる。

 

 

まずは遍路拵え

 

まずは何をおいても腹ごしらえ。

讃岐に来たのだから(正確には阿波の国)、ここはうどんしか無いだろうと門前のうどん屋に飛び込む。

これから先何キロも歩く身に、うどん腹では何となく心もとない気がしないでも無いが・・。

 

腹具合も落ち着き、山門脇の遍路用具店で、遍路用品を求める。

幾ら信仰心が無いとは言え、四国の遍路道を遍路として歩くのだ。

歩き遍路としてある程度の体裁は整え、それと一目で分かる服装は最低限だけでもしておきたい。

 

sikoku0132.JPG

sikoku0107

sikoku0108

 

「弘法大師の化身」ともされる“金剛杖”と、遍路のシンボル“白衣”は外せない。

“金剛杖”は随分と種類も多いし、値段も様々だ。納経掛軸に心が動かされるが先ずは財布との相談だ。

“菅笠”や“輪袈裟”は大仰になるし、“頭陀袋”は多少邪魔になるだろうから・・・などと除外に心が動く。

こんな風に値札を見ながらの品定めも結構楽しいものだ。 “線香”と “ローソク”は持参したからいらない。

後は、“納め札”、“ 納経帖”などを揃えれば何処から見ても立派なお遍路である。

 

 

始まりの寺 霊山寺

 

第一番札所・霊山寺。始めて見る山門ではない。

以前、何度もドライブで訪れているお寺の山門である。しかし今日は今まで見て来た霊山寺とは違う。僅かな距離ではあるが最寄り駅から歩いて来たのだ。

山門を見据え、一歩一歩、歩を進めると、歩みの数だけ山門が段々に大きく迫ってくる。

「いよいよ始まるのだ」と思うと何か胸の高鳴りを覚える不思議な感覚が湧き上がってくる。

殊勝な信仰心など無かった筈なのに、これがお四国の力、信仰の力であろうか。

 

1101098.JPG

sikoku0106

1101102.JPG

 

1102631.JPG

sikoku0109

sikoku0126

 

1101141.JPG

1101143.JPG

1101144.JPG

 

門前の店で装備を整える。初めての白衣を着ることに多少の気恥ずかしさは有るが、回りを見ればみな同じものを着ている。

これから先、歩き遍路として一目でわかるための必需品と有れば肝も据わる。

のりの効いた白衣に袖を通し、“金剛杖”を手に本堂の前に立ち、静かに手を合わせる。

いよいよお四国、歩き遍路の始まりだ。道中の無事、家族の無病息災を祈る。

 

 

長命杉の極楽寺

 

次の札所2番・極楽寺までは1キロ程と近い。

向かう道には思ったより歩き遍路の姿が多く、多くは同じ方向へ向う者たちが、後先になりながら次の札所を目指している。

これほど近ければ霊山寺境内の延長のような感覚で、まだまだ意気込みの方が勝っているだけに、どの遍路の足取りも軽やかで、賑やかな話し声さえ聞くことが出来る。

 

sikoku0110

sikoku0111

1102023.JPG

 

1102024.JPG

sikoku0134.JPG

sikoku0112

 

1102632.JPG

1102025.JPG

sikoku0133.JPG

 

 ここは行基が開祖と伝わる朱塗りの仁王門が印象的な札所である。

周りを山に囲まれているせいか、静かな境内には四十段余りの石段があり、それを上ると正面に本堂が構えている。

境内の一角に弘法大師のお手植えとされる杉が一際威容を誇って伸び、境内に大きな日影を作っている。

「長命杉」と呼ばれる、樹齢1200年、高さ31m、幹回り6mの霊木である。

 

 

3番・金泉寺

 

3番・金泉寺までは大して距離が無い。

朱塗りの二階建ての仁王門は、かつては京都の三十三間堂の伽藍を模した堂宇を誇ったと言われるお寺の権勢を彷彿させるに足る堂々としたものである。

ここには源平屋島の合戦前、源義経が戦勝祈願をしたとの言い伝えが残されていると言う。

 

sikoku0113

03007.JPG

03008.JPG

 

03001.JPG

03002.JPG

03003.JPG

 

03005.JPG

sikoku0135.JPG

03004.JPG

 

ここら辺りは道も平坦で厳しくは無いので歩く遍路の姿にも余裕が感じられる。逆打ちの遍路であろうか、時折前から来る歩き遍路とすれ違う。随分な荷物を入れたトランクを引いて歩く仙人のような風体の遍路がいた。

相棒が珍しいものでも見るかのように、すかさずカメラに収めている。

 

 

4番・大日寺

 

 これまでの市街地から、多少遍路道らしい山に向う道を行くと、前方の山裾に甍が見えてきた。

4番札所・大日寺の山門である。どういうわけか、ここも立派な朱塗りの山門を構えていて、その上部は鐘楼となっている。

良く手入れされた庭園のような参道を進むと正面に本堂が建っている。

境内は余り広くはないが山を背後にして、まとまり良く伽藍が配置され、幽玄な雰囲気の感じられるお寺である。

 

04001.JPG

sikoku0114

 

04008.JPG

04004.JPG

04003.JPG

 

04006.JPG

04005.JPG

04007.JPG

 

ここを過ぎると撫養街道は、徳島自動車道をくぐり5番・地蔵寺へと至る。

一番からここまでの道のりはおよそ12キロ、さほど厳しい上り下りも無く、長閑な春の市街地続きの道でとても歩きやすい。

だけに、此れなら歩き続けられそうだ・・・等と思うのは早計で落とし穴はまだまだ先に待っている。

 

 

5番・地蔵寺

 

 

05002.JPG

05009.JPG

05003.JPG

 

05006.JPG

05007.JPG

05004.JPG

 

05005.JPG

05008.JPG

 

遍路道とは言え、多くは幹線道路の車道や歩道を歩く事が多い。

自動車が行きかう歩道の歩きだけなら次第に飽きが来てしまうが、所々で遍路道は緑の木立の中に入ったりもする。

それは木の根道であったり、草の茂る地道であったり、時には民家の庇をかすめ、庭先を通り抜けるような道も有ったりする。

意図的なのかどうかは知らないが、単調な中にも変化に富んだ道があるのは、よく考えられていると思う。

 

 


 

| ホーム | 遍路歩き旅 | このページの先頭 |

 

(c)2010 Sudare-M, All Rights Reserved.

 

inserted by FC2 system