旅の思い出

ホーム

サイト紹介

国内の旅

旅岡山

遍路歩き旅

旅行

伝統こけし

マイブログ

ドタキャン

 

霧のような雨の降る7時過ぎ、宿坊を後に、35キロ余り先の27番札所・神峰寺を目指す。

40分ほどで山を下り、国道55号に出て、暫く国道を歩くとバス停があった。

とても歩けそうにないので、バスが有るのなら乗ろうかと、時刻表を見ていると、タイミング良くバスが通りかかった。

急いで手を上げ、バスを止め乗り込んだ。

 

雨は次第に激しくなり、バスの窓を激しく打っている。8時過ぎ、奈半利の駅前でバスを降りる。

遍路道を目指すと目の前を二人の女性遍路が歩いていたのでその後を追うように27番を目指して歩き始めた。

この頃になると雨は本降り、気温も上がらず、肌寒い最悪の天気に成っていた。国道を走るトラックが、風を巻き上げ、水しぶき振りまいて通り過ぎていく。そのたびにポンチョが捲れ上がるので始末が悪い。既に靴の中が濡れ始めている。

 

307032.JPG

400021.JPG

 

400031.JPG

400032.JPG

400041.JPG

 

痛い足を引きづって、奈半利から5キロ余り、1時間10分ほど歩いて安田の集落に到着した。

安田川を越えたところに屋根付きのバス停を見付け、そこで暫く休憩をする。

相棒は、マメは出来ていないものの、右足小指の爪を痛め、足の疲れもあるようだ。

 

お互いの足の状態から、この先何処まで歩けるかは全く解らない。相談した結果、ここは無理をせず、バスか電車で明日予定している宿まで行こうと言うことになった。急遽野市に予定した宿に「一日早く泊まれないか」と変更の電話を入れると幸い空いていた。

部屋が確保出来たのを確認して、今度は今晩予定した宿にキャンセルの電話だ。「足を痛めたので計画を変更したい」、キャンセルを申出ると、先方も心得たものだ。「大変ですね。気をつけて。また次の機会に使って」と快い。

これで宿の始末は付いたものの、初めてのドタキャンに気分も沈みがちだ。

 

 

真っ縦「神峰寺」

 

安田のバス停で雨への備えを固め、神峯寺まで残り4キロ余りの山登りに挑む。薬師の集落で国道を離れ、町中の道を山に向って緩やかに登り始める。鉄道の高架橋を過ぎ、暫く行くと27番札所・神峯寺の鳥居があり神域に入る。

これを潜り、いよいよ最後の力を振り絞り、標高430メートルの山上りにかかる。

 

400053.JPG

401011.JPG

 

 

暫くは田畑の中を緩やかに登るが、道は次第にカーブも大きく勾配もきつくなり、ところどころで車道と分かれる遍路道があるが、そこは距離が短い変わり登りの角度はことのほか大きく厳しい山登り道だ。

それもそのはず息を切らし登る急坂は、「真っ縦」と呼ばれ、土佐の難所として知られている。

 

雨は激しさを増し、寒い日にも関わらずカッパの中は蒸れるから汗まみれだ。

休もうにも雨を避ける所も無く、ただただ下を向いて黙々と登るのみで、足の痛さと、冷たい雨と、厳しい道で息も上がり写真を撮る気力も沸いては来ない。

 

401012.JPG

401013.JPG

 

401017.JPG

401021.JPG

401023.JPG

 

40分ほどで、ようやく山門にたどり着いた。

山の斜面に建てられた本堂や大師堂にお参りするためには、まだこの先急な150段余りの階段を上り下りしなければ成らない。

やっとの思いで納経を済ませ、その前の小部屋を借りる。

 

奈半利の駅から、我々の少し前を歩いていた女性二人連れの遍路が、「どうぞ使ってください」と言って、入れ違いに出て行った。

彼女たちに比べると、どうやら1時間近くも遅れて到着したようだ。シャツを着替え、遅い昼食を摂り、ヤットどうにか生き返った。

振り返ってみると雨が一番激しいときに登ってきたようだ。幸い今は雨も小康状態で小降りになってきた。

 

 

ママチャリ遍路

 

神峯寺からの下り道の途中、自転車を押して登ってくる青年と出会う。聞けば東京から1週間ほどかけて自転車で来たと言う。

フェリーで四国に入り、順打ちで八十八箇所を廻り、その後東京に戻るのだと言う。

「この自転車で・・?学生さん?」と聞くと「いや、普段はトラックの運転手をしている、休みを取ってきた」と言う。

「これから登りは益々きつくなるから・・自転車を置いて登ったら?」と勧めて見ると、「帰りはこの方が楽だから・・」と屈託もなく笑って答えてきた。

「結構自動車、多いから気をつけて」と励ますと「頑張ります」と疲れている様子も見せず元気に力強く笑顔で答えた。

ねじり鉢巻に、寒いのに半そでのシャツ一枚姿で、前籠に荷物を満載した赤い“ママチャリ”を再び押しながら、坂を登って行った。

 

401031.JPG

402011.JPG

402012.JPG

 

402013.JPG

402014.JPG

402015.JPG

 

1時間ほどで山を下り、土佐くろしお鉄道の高架を潜る頃、雨はまた降り出していた。

今日キャンセルした東谷の民宿を横に見ながら、その先の唐浜駅に向う。

一日予定を早めた宿は、野市にある。ここから電車に乗れば40分ほどで到着する筈だ。

 

 

高知黒潮ホテルと竜馬の湯

 

電車が野市の駅に到着する少し前、右手に今晩泊るホテルが見えていたので駅からはそんなに遠くは無く、本来なら充分に歩ける距離である。しかし、足の裏の痛さはさすがにもう限界を超えている。この寒さと、本降りになった雨もあり、今は歩く気力が完全に萎えている。タクシーの空車が一台停まって居たのでそれに乗り込んだ。

「近くて申し訳ないが、足にマメが出来て歩けないので・・・」と断りを入れ、ホテル名を告げると運転手は愛想よく応えてくれた。

 

403011.JPG

C403012.JPG

403015.JPG

 

タクシーは、5分もするかしないうちに「高知黒潮ホテル」の玄関前に到着した。本当なら明日泊まる予定の宿だ。

ここは予約時に遍路を名乗ればお得なパック料金で宿泊が出来、その上ありがたいことに、併設する「黒潮温泉・龍馬の湯」の無料券も付いてくる。

 

疲れた身体に、広々とした温泉は有りがたい。

地下1300mから湧き出る、アルカリ性のミネラルたっぷりの天然温泉にドップリと、ゆっくり首まで浸かり疲れを癒す。

時を忘れ、静かに目を閉じていると、気持ち良くて身体がとろけそうになる。しかしいくら長いこと湯に浸かっていても、残念ながら足の痛みまでは取ってくれない。

 

 

無念のリタイア

 

折角ここまできているのだから、天気さえ良ければ、予定の札所までバスで廻ると言う選択肢も有った。

しかし平地ばかりなら兎も角、山道や階段の昇り降りがあれば間違いなく難儀を来たすからここに来て無理をすることも無いだろう。

 

翌日になっても雨は止んで居なかったので、ここに来てリタイアを決断した。

雨の降る中、痛い足を引きずるように野市の駅まで歩き、そこから電車に乗り、昼少し前、高知に着いた。

 

500011.JPG

500015.JPG

 

501011.JPG

501022.JPG

501023.JPG

 

駅は、「土佐・龍馬 であい博」で賑わっていたが歩いてみて回る元気は残っていない。

昼食を済ませ喫茶店に入り、列車待ちの時間を潰していると、大阪から来たと言う一人歩きの男性とバッタリ出くわした。

26番・金剛頂寺の宿坊で、夕食時一緒に円卓を囲んだ男性だ。聞けばやはり足が痛くて歩けなくなったと言う。

26番からバスと電車を乗り継いで、取り敢えず27番と28番を済ませてきた。これから帰るところだが、バスが満員で3時の便しか取れなかった」と言う。食事の時足にマメが出来、痛くて適わないと言っていたがやはり彼も駄目だったようだ。

 



 

| ホーム | 遍路歩き旅 | このページの先頭 |

 

(c)2010 Sudare-M, All Rights Reserved.

 

inserted by FC2 system