旅の思い出

ホーム

サイト紹介

国内の旅

岡山

遍路歩き旅

旅行

伝統こけし

マイブログ

再び野市へ

 

朝早く岡山で土讃線の特急・南風1号に乗り換えると2時間半足らずで後免に到着する。

この地はその昔、町の繁栄をはかって色々な税を免除したので「御免」の名が生まれ、それが後に町名として「後免」に改められたと言われているところだ。ここで土佐くろしお鉄道に10分ほどの連絡で乗り換え、ここから野市までは更に10分ほどかかる。

 

2031001.JPG

2031002.JPG

2031003.JPG

 

1000010.JPG

2031004.JPG

2031005.JPG

 

前回無念のリタイアをした野市に再び戻ってきた。駅の構内で行われていた産直市で、お弁当を仕入れ歩き始める。

9月も半ばと言うのに四国は連日の30度越えの日が続いている。今日もまだお昼前だと言うのに結構日差しがきついが、竜馬歴史館を左に見て進む町中の道は歩きやすい。この辺りは、高知県内でも温かい土地柄らしく、農家では色々な作物が作られ、豊かな収穫をもたらしているらしい。

 

そんな風景を見ながら、1.5キロ程進むと市街地を離れ、遍路道らしい地道のちょっとした登り道が現れる。

暫く登るとやがて車道に合流し、その先に門前の茶店が右手に見えてくる。その前に境内に続く石段があり、その途中に構える仁王門を潜ると28番札所・大日寺だ。市街地の小高い山の上に有る。

 

2031006.JPG

2031007.JPG

2031008.JPG

 

2032001.JPG

2031009.JPG

1000026.JPG

 

正面に本堂、その右手に大師堂、その前がチョッとした広場に成っている。納経を済ませ、この小さな山を下る。

ここから右手、さらに5キロ程山に向かうと、あの有名な龍河洞が有るが寄り道もならず、駅前から続く県道を横切り29番札所・国分寺を目指す。

 

 

松本の大師堂

 

28番札所・大日寺の山門を抜け、次の札所に向かう途中で物部川に架かる戸板島橋を目指す。

向こうからやって来た逆打ちの遍路に出会う。風体から察するに野宿覚悟の歩きらしい。

聞けばこの猛暑の夏の間も、歩き続けていたと言う、顔の黒さがそれを物語っている。

 

昔から稲の二期作が行われている豊かな田園の中の道を歩くが、この道中は日影が無いから暑くて辛い。

橋を渡り、2キロ半程歩くとやがて前方に小さな丘の木立が見えてくる。松本大師堂・へんろ小屋だ。

前を通りかかると、お堂を掃除していた男性に「休んでいけ」と勧められ、丁度お昼も近いので、言われるまま腰をかけ、駅で求めた弁当を食べることにした。

 

1000023.JPG

2032003.JPG

 

檜か何かで有ろう、立派な建物で、まだ木の香も新しい堂々としたものである。以前あった大師堂が老朽し、朽ちかけたのを、800人余りもの寄進によって建て変えられたお堂らしい。堂の横に、寄進者の銘板が張ってある。

堂内の天井には、旧大師堂で使われていた梁と彫り物が掛けられている。

 

1000034.JPG

2032004.jpg

2033004.JPG

 

その向かい側には土地の有力者の墓が有り、その脇に墓主の名前が付けられている、一本の堂々とした桜の古木がある。

他にも木が茂っているから、この辺りだけがひんやりと冷たい風が吹き抜け、涼しくて気持ち良い。

この辺り一面をコスモス畑にする計画も有るらしい。

 

堂守の男性が弁当を食べる間中、仕事の手を休めこの先の札所の見どころを親切に教えてくれる。

32番に行ったら、本堂前のお不動さんは必ず拝んで、その背後を良く見て・・・」「37番は本堂内陣の天井画を見て」「マリリンモンローが有るから・・・」「竹林寺では・・・」などと、有りがたいが、沢山あり過ぎてとても覚え切れない。

 

 

へんろいしまんじゅう

 

国分寺に向かうバス道は車も多く、叉道の両側には商いの店も多い。その途中“へんろいしまんじゅう”と書かれた茶色い暖簾を下げたお店に出会う。甘いもの好きには“まんじゅう”と聞いて、このままやり過ごす訳にもいかず、店を訪ねて見る。お店の建物は比較的新しく最近出来たように思えるが、暖簾には明治25年創業と書かれていたから、100年以上も続く、歴史のある饅頭屋さんらしい。

 

バラ売りも大丈夫と言うので、休憩がてら食べてみる事にする。一つ74円の、薄茶色の割れた皮が特徴的なまんじゅうで、中のさっぱりした小豆あんが美味しい。なんだか懐かしい香りのするまんじゅうで、もう一つ二つ欲しいところだがそこは我慢だ。昔から国分寺に向かうお遍路さんに愛され、育てられてきた伝統のまんじゅうなのであろう。

 

2033001.JPG

2033002.JPG

2033003.JPG

 

へんろいしとは、遍路道に立つ石の道しるべの事で、この辺りの地名でもあるらしい。

店のすぐ先のバス停には、へんろ石と書かれていた。

 

まんじゅうのあまい余韻が口の中から消える頃、レジャーセンターを左に見て、国分川に架かる橋を渡り左折、川沿いの土手道に出ると、前方のこんもりとした木立の中に国分寺が見えてくる。

昔、国分川にまだ橋が架かっていなかったころ、この辺りに「地蔵渡し」と呼ばれる渡し船があり、遍路を渡していたらしい。

その名残を今に伝える地蔵堂が川辺に立っている。その手前で土手を下り、田の畔道を行くと29番札所・国分寺は目の前だ。

 

2033005.JPG

2034001.JPG

2034003.JPG

 

 

ヒッチハイクの青年

 

大日寺からは12キロ余りの道のり、3時間足らずで到着しているから、まだまだ足取りは軽い。

天平の頃、聖武天皇の命で全国に一ケ寺ずつ開かれたのが国分寺。白塀で囲まれた森の中に佇む、しっとりとした感じのお寺だ。

 

2034002.JPG

2034004.JPG

2034005.JPG

 

寺の門前に「善楽寺方面」と書いた、小さなボードを掲げた青年が立っていた。訝って聞いてみると「ヒッチハイク」だと言う。

すでに歩きでは何回も周っているから、今回はヒッチハイクだと言っていた。

この青年とは、この先色々なところで出会うことになる。

 

仁王門をくぐると、正面に珍しい杮葺き寄棟造りの端正で美しい本堂が見えてくる。国の重要文化財で、由緒ある建物らしい。

ここは“土佐の苔寺“とも言われ、本坊前の庭は余り広くはないが、青い苔が一面に植えられている。

樹木も良く手入れされており、静かでなかなか趣のある良いお寺だ。

 

2034006.JPG

1001012.JPG

 

納経を終え仁王門を出ると、件の青年はまだドライバーが見つからないのか、笑いながらまだ立ち続けている。

次の札所善楽寺への道を訪ねると、「こちらからでも行ける」と言った後、彼が何か言ったような気がしたが、ろくに聞きもせずお礼を言って歩き始めたのがそもそもの間違いで有った。

道順をその都度地図で確認をすれば良いものを、ザックから出す手間を惜しむばかりに、とんでもない間違いを犯す。

 

1002012.JPG

2034007.JPG

2034008.JPG

 

寺の裏側から出て、集落の中の細い道を進み、国道32号に出た。それを横切りその先の旧道を左折、そのまま直進したところで国分川の橋に出る。ここまで4キロ程を歩き1時間要していた。

 

何のためらいも無くこの橋を渡る。暑くてやりきれないので、橋を渡ったところで木陰を見つけて休憩をとりながらふと川の向こう岸を見ると、先ほど行った国分寺の森が目の前に見える。

急いで地図を出して確認してみると、何の事は無い国分川に沿って遍路道が有るではないか。

ここまで1.2キロと表示があるから、我々は2キロ以上も遠回りをして、余分に歩いてきたことになる。

 

 

遍路迷わせの三十番

 

しかも本来なら橋の手前で、右に折れなければならないのに、橋を渡り直進してしまっている。

このまま行ったら、とんでもない事になっていた。川の向こう岸を一人の遍路が歩いていたがあれが正規の遍路道なのだ。

 

気を取り直し橋を戻り左折して歩くこと3.5キロ、途中畑仕事のお父さんに励まされながら、やっとの思いで県道384号線に出る。その車が激しく行き交う県道の角に、一軒の小さな茶店が有った。

店先のかき氷の小旗に引かれ、中に入り、暑さで身体も火照り、喉も渇いていたので、一杯150円のかき氷を注文する。

 

「高知の夏の2時から4時頃は一番暑いし紫外線も強い。こんな時間帯に遍路さんは歩かん方が良い」と忠告をくれる店主に宿の場所を訪ねると、もう1キロも無いだろうとのこと。

このかき氷で、一時体力も回復したような気がしているので、ここはもう暑くても行くしかない。

 

2035001.JPG

2035002.JPG

2035006.JPG

 

県道は緩やかに登り、やがて逢坂峠を迎える。峠を越え、ゆるく曲がりながら坂を下ると今晩の宿の看板が見えて来た。

宿に荷物を預け、30番札所・善楽寺に向かう。このお寺については出発前、ガイドブックを読んでいて気になる記述に出会った。

 

『つい数年前までは、30番札所といえば、「遍路迷わせの三十番」と言われてきた。明治初めの廃仏毀釈により、善楽寺の本尊は安楽寺に移され、一時は廃寺となっていた。昭和四年に寺は再興したものの、本尊はそのまま安楽寺に安置されていたため、・・・。』

(「四国八十八箇所を歩く」(20004月 山と渓谷社))らしい。

 

2035004.JPG

1004011.JPG

 

興味が湧いたので、手元に有る昭和四十八年に刊行された「札所の旅(谷村俊郎 講談社)」を見てみると、第三十番札所は「妙色山・安楽寺」となっていた。それによると『・・・長い札所争いの末、“どちらの寺も三十番。巡拝者はどちらなと勝手に好きな寺へ参ったらよろしい”という結着をつけ、両寺とも三十番を名乗って・・・』とある。

『八対二ぐらいの割合で、善楽寺の方に同情しているが、多くの一般巡拝者は、地の利のいい設備の整った安楽寺の方にお参りしているようである』とこの体験記は述べている。

 

1004015.JPG

2035005.JPG

 

 

その後廃仏令が改まり、一時国分寺にあった善楽寺のご本尊を安楽寺に移し、30番を復活させた折、“三年後にはご本尊を善楽寺に返し、安楽寺は善楽寺の奥の院にする”という約束の公文書が作成された。

その善楽寺が復興し約束の履行を迫ったが、ご本尊を握った安楽寺はそれを放さず、争いが続いたらしい。

平成六年に本尊が戻され、現在では札所が善楽寺、安楽寺はその奥の院として統一され、この間百年余りに渡って遍路を悩ませてきた札所争いは決着を見たという。お寺さんにしては、なんとも俗人的な血なまぐさい争いが繰り広げられてものだ。

 

 

遍路宿での出来ごと

 

宿に入り、洗濯と夕食が済んでしまうともう何もすることも無いので、ここは早々と寝るしかない。

布団に潜り込み寝返りを打とうと足を捻ったその時、突然左足に激痛が走った。ふくらはぎが、“こむら返り”を起こしたのだ。

激痛に耐えながらユックリと身体を起こし、足の親指の先を握って身体の方にそらし曲げてみる。

暫くそんな事をしていたら“こむら返り”は治まったので、今度は布団の上に起きて膝を曲げ伸ばししたり足首を回したりしてみる。

 

2035007.JPG

2035008.JPG

こんなことを何分くらい繰り返していたであろうか。

どうやら治まったものの、ふくらはぎには痛みが残っている。この次不自然な動きで何時再び起きるかも知れないとの不安が頭の中をよぎり、なかなか眠れない。その時この宿に入る時、玄関先に「気導術整体」の看板が掲げられていた事に気付いた。女将に相談すると、「先生に整えてもらうのが良いだろう」と取り次いでくれた。

 

「気導術整体」がどんなものかは知らないが、この際この痛みが取れるなら何でも良い。30分程の施術で痛みが相当和らいだ。

これで安心して休めそうだと布団にもぐりこむ、が心配なのか、興奮しているのかなかなか寝付けない。

 

眠れなくて寝返りを繰り返す。そんなとき、辺りが静かになると、どこかでかすかな鈴の音が聞こえてくる。

それは暫くすると止むが、また暫くすると微かに聞こえてくる。遠くで鳴っているようだが、すぐ近くで鳴っているような気もする。

こんな夜中に鈴の音が・・・・何だろう?遍路宿に鈴の音、もしかしたら・・・・これは・・・。

 



 

| ホーム | 遍路歩き旅 | このページの先頭 |

 

(c)2010 Sudare-M, All Rights Reserved.

 

inserted by FC2 system