コンテンツ

ホーム

サイト紹介

はれのくに

の旅

鉄の旅岡山

遍路歩き旅

海外旅行

統こけし

マイブログ

活魚料理旅館・旭屋

 

雨の降り始めは、少し遅く成ったようだ。

テレビの天気予報が「お昼前頃より降り始め、午後は本降りになる」と言う朝、今にも降り出しそうな鉛色の雲が一面に広がり、どんよりと暗く重くのしかかっている。

この日泊まった内海町の活魚料理旅館・旭屋の女将さんに見送られ、6時半過ぎ早々と宿を発った。

二食付き6500円と言う料金の割には、新鮮な魚の刺身や煮つけをメインに品数も多く満足できる内容であった。

 

3020103.JPG

2051.JPG

2055.JPG

 

2052.JPG

2053.JPG

2054.JPG

 

3020102.JPG

3020101.JPG

3011.JPG

 

 

柏峠越え?

 

 内海町から41番に至るルートは、かつては三通りも有ったようだが、今では観音連峰越えの道が廃れ、二通りが残っている。

その一つは、昔からの遍路道として定着している、柏峠を越えて行くルートである。4キロ程の山道は、標高500m近くまで登り、その後緩やかな下り道が5キロほど続く。

もう一つは、整備された国道56号線を歩くルートだ。厳しいアップダウンは無い代わり、距離は2キロほど長く成り、途中自動車の排ガスに悩まされるトンネルを何か所か抜けることに成る。

 

 昨夜同宿の男性遍路は「何事も大師の導きのままに」「清水大師は捨てがたい」と雨を覚悟で、峠道を選択し早々と出て行った。

峠に至る途中に水の湧き出るところがあり、そこはどうしても外せないと言う。しかしその峠越え辺りの山には、すでに黒い雲が覆いつくしていて、ここから見ても雨は既に降り始めているようにも見える。

 

3020104.JPG

3012.JPG

2056.JPG

 

3020107.JPG

3020108.JPG

3020109.JPG

 

 国道のルートを選択し宿を出ると、いきなり長さ1000m程の内海ふれあいトンネルに出くわした。

途中コンビニか薬局が有れば、マスクを・・と思っていた矢先だったが、幸いなことに車用のトンネルの脇に、真新しい歩行者用のトンネルが掘られている。

トンネルの壁面の所々に地元の子達が書いたものであろうか、絵が描かれている。

中は換気が無い分多少むっとする暑さを感じるが、排ガスの心配は全くなく明るく快適そのもので、安心して歩く事が出来る。

 

 

酒まんじゅう

 

トンネルを抜けると、目の前に宇和の海が広がった。

空一面黒い雲が塞いでいるが、それでも沖合には僅かばかりの雲の切れ目も有り、その部分だけが少し青く輝き薄日が差している。

海は静かな凪で、遠い由良半島が黒いシルエットに成って浮かんでいる。

 

足摺宇和海国立公園の須ノ川海岸やすのかわオートキャンプ場を見て、その先で鳥越・大場の鼻と二つのトンネルを抜ける。

左手に小さな漁港を見ると、国道はここ嵐の集落で宇和の海と別れ、山道へと向かい峠を越えることになる。

 

3013.JPG

3014.JPG

3015.JPG

 

3020201.JPG

3016.JPG

3020202.JPG

 

3020203.JPG

3020204.JPG

3017.JPG

 

3018.JPG

3020205.JPG

3020206.JPG

 

嵐坂トンネルの歩行者用道を抜け、柏峠越え道との合流がある、大門の集落を目指す道すがらほんの僅かながら雨粒を感じる。

まだ本降りに成ると言う程のことは無さそうだが、この時気に成って柏峠の方向を振り返ると山には雨雲が低く垂れこめていた。

 

途中「酒まんじゅう」の看板を見つけ、休憩を兼ねて立ち寄ってみる。

地元の蔵元が自社の酒粕を使って作る「酒まんじゅう」が自慢の店で、この「酒まんじゅう」だけで、何年もやっていると言う。

「学校の統廃合で、自転車通学が増えた子供たちの安全のために、歩行者用のトンネルが出来た」と教えてくれた店員が「お接待です」といいながら、注文したコーヒーセットに「酒まんじゅう」を一つ余分に付けてくれた。

 

3020207.JPG

3020208.JPG

3021.JPG

 

3020209.JPG

3022.JPG

3023.JPG

 

3020210.JPG

3020211.JPG

3020212.JPG

 

 

文六とオオウナギの町

 

 柏峠越えの下り合流点からしばらくして国道を離れ、山際を流れる芳原川の土手道を歩き、1時間程で大きく湾曲した岩松川に架かる津島大橋を渡る。

町の中央を流れる川は、過去には長さ2メートル、重さ21キロものオオウナギ(県指定天然記念物)が捕獲されたと言う記録が残っているらしいが、現在では絶滅危惧種に指定されその姿を見ることは殆どないと言う。

川を挟み込むように両岸に街並みが延びていて、市の支所や大きな病院、スーパー、飲食店、旅館等が連なり、賑やかな中にもなかなか風情が有る町である。

 

3020301.JPG

3020302.JPG

3020303.JPG

 

3020304.JPG

3020305.JPG

3020307.JPG

 

 ここは、昭和を代表するユーモア作家、獅子文六ゆかりの町でもある。

妻の実家が有るこの町に疎開をした折の様子を題材にした、「てんやわんや」の舞台として知られている。

川の畔に文六の文学碑も建てられていた。また町中では、小説に因んだお菓子を売る店の看板も多く目にする。

 

お昼前長さが1.9キロの松尾トンネルの手前1キロのところまでやって来たら、予報通り急に雨が激しく降ってきた。

トンネルの手前には山越えの旧道が左手に分かれていて、トンネルを行くより距離は長く成り、多少の登りと下りがあるようだ。

トンネルの排ガスを嫌って遍路の殆どは旧道を歩くと聞いていたが、ここは雨のぬかるみ道を避けトンネルを抜けることにする。

ここで休憩を兼ね見つけた食堂に逃れ、早めの昼食を済ませることにした。

 

3020306.JPG

3024.JPG

3020309.JPG

 

排ガスを嫌って随分と速足で歩いたものの20分以上もかかって松尾トンネルを抜けた。

雨は本降りに成り国道の歩道とは言え、これだけ降ると水たまりが出来、歩き辛く靴の中も少しぬれ始めてきた。

今晩の宿が有る宇和島の町までは、まだ10キロ以上も残っているが、少し肌寒く成って来た。

 

 

宇和島の町中を抜けて

 

 打って変わって今日は朝から快晴、昨日の雨に洗われたお城山の緑が一際輝いて見える。

今日はもう雨の心配はなさそうだ。冷気を含んだ朝の空気が気持ち良い。

宿から41番札所までは、10キロ程の行程である。

今日は町中を抜け、JR宇和島駅を見て、ここからはほぼJR予土線に沿って県道57号を歩くことになる。

 

4011.JPG

4012.JPG

4013.JPG

 

3020401.JPG

4014.JPG

3020402.JPG

 

3020403.JPG

4021.JPG

4022.JPG

 

3020404.JPG

4024.JPG

 

3020405.JPG

4025.JPG

3020406.JPG

 

計画中の松山自動車道の工事現場を見ながら歩く事約2時間、JR予土線の務田駅の手前で左折する。

ここら辺りを三間平野と言うらしいが、既に稲刈りは終わっている。

そんな田圃道から小さな集落を抜け、山際にある第41番札所・龍光寺に到着した。

 

 

41番札所・龍光寺

 

道際の鳥居から山門下まで、百メートルばかりの細い参道が続いている。

両側には、饅頭やみかんを売る店も有り、小さいながらも鄙びた門前町を形成している。

 

急な石段を登ると左に本堂、右に大師堂が有る。

更にその間に延びる石段を登りつめると赤い鳥居の建つ稲荷神社がある。

ここには今でも神仏混淆が残り、地元では「三間のお稲荷さん」の通り名で、商売繁盛、開運出世を願う人々の信仰が篤いと聞いた。

 

3020407.JPG

4030.JPG

3020408.JPG

 

3020409.JPG

4032.JPG

3020411.JPG

 

3020410.JPG

3020412.JPG

4036.JPG

 

3020601.JPG

3020602.JPG

4040.JPG

 

 この先遍路道には食事処も無いと言うので、当座の腹拵えに門前のまんじゅう屋さんに飛び込む。

餡のギッシリ詰まった大ぶりの「福印まんじゅう」で当分のエネルギーを補給し、近くの「道の駅・みま」立ち寄り、お昼ごはんを仕入れ、備えも万端に次の札所へ向かう。

 

 

42番札所・仏木寺

 

3020501.JPG

3020502.JPG

3020509.JPG

 

 41番札所から42番札所までは3キロほど、珍しく距離が短い。

県道31号は、コスモス街道として知られたところらしいが沿道にコスモスの花は見当たらない。

門前にアイスクリンを売るおじさんが手持無沙汰に座っていた。

 

4060.JPG

3020503.JPG

3020504.JPG

 

3020505.JPG

3020507.JPG

3020506.JPG

 

3020508.JPG

4064.JPG

4065.JPG

 

真新しい仁王門を潜って、僅かばかりの石段上がると、右手に珍しい茅葺の鐘楼が見える。なかなかに重厚で風格があり、境内にあっては存在感を出している。 そのまま進むと納経所が有り、左手奥に進むと正面に大師堂と本堂が有る。

本堂の脇には、古びた家畜慰霊碑が建っている。大師と牛に纏わる伝説が寺の縁起に残されていることから、この寺が牛馬の守り仏として信仰を集めて来たものらしいが、最近ではそんな信仰も薄らいでいるようだ。

 

 ここから第43番札所・明石寺までは、およそ11キロの道のりで暫くは県道を歩くが、途中で山道に入り標高400メートル程の厳しい歯長峠越えの道が待っている。

 



 

| ホーム | 遍路歩き旅 | このページの先頭 |

 

(c)2010 Sudare-M, All Rights Reserved.

 

inserted by FC2 system