コンテンツ

ホーム

サイト紹介

はれのくに

の旅

鉄の旅岡山

遍路歩き旅

海外旅行

統こけし

マイブログ

スケールのでかい寺

 

南光坊から次の56番札所・泰山寺までは、今治の中心地を外れ3キロほどの道程である。

再び予讃線の高架を潜り町中の賑わいを背に進むと、道筋は文教地帯なのか今治明徳高校、今治精華高校、今治西高校などの学び舎が連なって建っている。

 

国道196号バイパスの広い道を横切ると、道幅は少し狭くなり田畑の中に住宅の建つ長閑な道に変わり、そのまましばらく進むと右手前方、田圃の向こうに大きな甍が見えてくる。

 

3120101.JPG

3120102.JPG

3120103.JPG

 

56番札所・泰山寺は道路左側に広い駐車場を構えているが、門前の道は余り広くはない。

そんな道一杯に広がって参拝を終え戻ってくる団体の客に、入口のお土産屋さんが盛んにミカンの試食を進めている。

賑やかな光景を横目に進むと、大小の石を組み上げ見事に立ち上がる石垣の先に、15段ほどの石段が見える。

 

 それを上ると山裾を平らに切り開いたような広々とした境内に入る。

すぐ右手に大師堂が建ち、その先の一際目を引く大きな建物が本坊で、そこには宿坊も併設されている。

本堂はその左に建っていて、全体が圧倒されるようなスケールの大きなお寺である。

団体の参拝客が引くと広々とした境内は静けさを取り戻し、心地良い風だけが吹き抜けていた。

 

3120104.JPG

3120105.JPG

3120106.JPG

 

3120107.JPG

3120108.JPG

3120109.JPG

 

 

四国遍路無縁墓地

 

 元の通りに戻り、お寺の少し先で左折、実りの秋を迎えた田圃の中の道を進む。

まだ青いのに・・と思える田では既に稲刈りが始まっていた。

 

 20分ほど歩くと遍路小屋プロジェクト第41号の小屋が有りその横に、「四国遍路無縁墓地」の石碑の建つ一角に出くわした。

小石を積み上げた上に花に囲まれて何基かの古びた墓標も有るので、この辺りに点在していたものがここに集められたようにも見受けられる。昔の遍路は旅先で行き倒れればその地に葬られた。遍路の白装束は死に装束であり、金剛杖は卒塔婆であったようだ。

 

 

3120201.JPG

3120202.JPG

3120203.JPG

 

3120204.JPG

3120205.JPG

3120602.JPG

 

 その先で少し坂を上ると蒼社川の土手に行き当たる。

水の少ない時期にはそのまま川の中を遍路道が通っていたようだが、今はそこを右折暫く土手の県道を歩きその先の山手橋を渡る。

 

 橋を渡りその坂を下り100mほど先で右折、川幅の狭い谷山川の土手道を歩く。

桜並木の根元には彼岸花が今は盛りと真紅の花を広げ、黄金色に実った稲田とのコントラストが何とも秋らしく気持ち良い。

次第に山も近くなる。お寺の山号にもなっている府頭山の麓にある57番札所・栄福寺までは3キロ余りだ。

 

 

「八幡さん」と隣り合わせ

 

「伊予一国一社石清水八幡宮」の石柱を左折すると、急なアスファルトの参道が八幡宮に向け伸びていて、その坂の途中で右折すると修行大師像、お願い地蔵の建つ参道があり、それを進むと57番札所・栄福寺の境内が有る。

 

282.JPG

3120207.JPG

283.JPG

 

3120208.JPG

3120209.JPG

281.JPG

 

3120210.JPG

3120211.JPG

3120212.JPG

 

 正面に売店を併設した客殿・納経所があり、そこを振り返った位置に何段かの石段が有りそれを上がった正面に本堂が建っている。

そこは丁度八幡宮への参道を背にした辺りとなる。本堂右手に回廊、大師堂、薬師堂などの諸堂がコの字型に並んでいる。

本堂の回廊にはイザリ車と松葉杖が置かれている。

巡拝中この地に来て歩けるようになったと言う信者が、感謝をこめて昭和8年に奉納したものだと言う。

 

整然と配置された伽藍の背後を、豊かに茂った緑の木々が取り囲んでいる。

余り広くはない境内では、参拝を終えた団体客が三々五々売店を覗き、記念の撮影に余念がなく、結構な賑わいを見せていた。

 

 

聞きしに勝る難所

 

 「八幡さん」の参道を下り下の茶店で名物の「アイスクリン」を食べながら一休みの後、覚悟を決めて凡そ4キロの山登りに挑む。

向かう道すがら、絶えず前方に見える山の頂付近に、何か白っぽい建造物のようなものが見え隠れしている。

「あそこまで上るのだろうか?」「少し、遠すぎやしないか?」

 

 茶店から20分ほど上ると犬塚池と言う、悲しい犬の伝説が伝わる少し大きな池がある。

『昔、英福寺か仙遊寺で飼われていた犬がいた。悧巧な犬は、お寺の鐘が鳴るとそのお寺に駆け込んで用を受け、他方の寺に駆け込んでお互いの寺の、言わば飛脚の役目を果たしていた。ある日どうした手違いか二つのお寺の鐘が同時に鳴った。

どっちに駆け付けようか迷った犬は、散々右往左往した挙句、池に落ちて死んでしまった。』

 

3120301.JPG

3120302.JPG

3120303.JPG

 

3120304.JPG

3120305.JPG

3120306.JPG

 

3120309.JPG

3120308.JPG

3120401.JPG

 

 山道は途中から車道に合流する。振り返ると今治の市街地が一望で、豆粒のような屋並みの向こうに、碧い瀬戸内の海が広がり、しまなみ海道の橋脚が対岸の島に延びているのが遠望できる。

15分ほど車道を登ると真新しい山門に到着する。ここまで上り道に50分ほど要したが、聞いていたほどには厳しい上り道ではなかった。

近くでお参りをしていた男性に話を聞くと、本堂はここから石段を登ったところにあって、これが本来の遍路道だと言う。

見れば山門を潜った先に手すりの付いた、急な石段が鬱蒼とした森の中に延びている。

 

石段の途中には大師が錫杖で掘ったとされる「御加持水」が有る。

この登り坂は評判通りの急坂で、先の岩屋寺を彷彿させるものがある。曲りくねって上る不揃いの石段は、結構足に来るし、何よりも勾配がきついので息が上がる。

 

 

「おされさん」に登る

 

手持ちの地図で確認すると山門の辺りの標高は210mある。

58番札所・仙遊寺は「おされさん」の名で知られる海抜300mの作礼山の山頂近く、標高260m付近にある。

 

 息を荒げながら石段を登ること10分余りで石段の先に石垣が見えてきた。

どうやら、道中前方の山の頂上付近に見え隠れしていた建造物はこの石垣のようだ。

 

3120404.JPG

3120403.JPG

3120402.JPG

 

3120406.JPG

3120603.JPG

3120408.JPG

 

3120407.JPG

3120601.JPG

294.JPG

 

 境内は山肌を切り開いたような場所にある。弘法大師像の前に大師堂、空海像が並びその右手に本堂が建つ。

本堂の奥に前庭を従えたガラス張りの真新しい客殿があり、ここは多目的ホールを備えた100名ほど泊まれる宿坊にもなっていて、天然温泉(低張性アルカリ性冷鉱泉)と精進料理が楽しめるらしい。

その建物の前は舞台造りになっていて、そこからは今治の市街を流れる一筋の蒼社川、その向こうに広がる瀬戸内海と島々が展望でき、素晴らしい眺望が楽しめる。

 

 

五郎兵衛坂を下る

 

自動車道が本堂裏まで上っているので、ここを下るのも可能だが、納経所で「歩きの方は石段を下ってください」と言われたので、それに従い再び今来た石段を今晩の宿に向けて降りる。

 

山門を出て自動車道を少し歩いた後、標識に従い山に入り道を下る。

次の59番札所・国分寺までは6.2キロ余りだが、今日はその手前で遍路道から外れたところに宿を取っている。

その宿まではあと5キロほど、歩くことに成る。

 

3120501.JPG

3120307.JPG

3120502.JPG

 

3120504.JPG

3120505.JPG

3120506.JPG

 

3120507.JPG

296.JPG

3120508.JPG

 

 山道は木立の中に続いていて、途中「五郎兵衛坂」と言うお間白い名前の坂がある。

『昔、仙遊寺には伊予守から奉納された大きな音の出る大太鼓が有った。桜井の海岸の漁師・五郎兵衛は「大きな音で魚が逃げる」とその音に激高、仙遊寺に上り太鼓を破ってしまう。その帰り道五郎兵衛はこの坂で転び腰を打ちその怪我がもとでなくなってしまった。』そんな急坂を転ばないように、ゆっくりと下る。

 

 

コスモオサム

 

3120509.JPG

297.JPG

3120510.JPG

 

 今晩の宿コスモオサムは、国道196号線の脇に建つビジネスホテルだ。

ここはサウナと大浴場があり、料金が二食付きで6000円と安いのに、食事の評判も悪くない。

シングルの部屋もまあまあで、寝るだけなら問題はない。レストランには漫画コーナーも設けられていて、泊り客なら夜12時まで利用することも出来る。

一つ難を言えば風呂の脱衣所、レストラン、ランドリールームなど館内が分煙されていないので、至るところがタバコ臭いことだ。

唯一無料サービスのコーヒーが飲めるフロント脇のコーナーだけが禁煙となっているのが救いだ。

予約時「禁煙ルームを・・」とお願いしたら、「設定がないので、禁煙仕様にします」との事で、部屋に空気清浄機と消臭剤が置かれていた。

 

299.JPG

3120511.JPG

3120604.JPG

 

298.JPG

3120605.JPG

3120512.JPG

 

3120513.JPG

300.JPG

3120514.JPG

 




 

| ホーム | 遍路歩き旅 | このページの先頭 |

 

(c)2010 Sudare-M, All Rights Reserved.

 

inserted by FC2 system