コンテンツ

ホーム

サイト紹介

はれのくに

の旅

鉄の旅岡山

遍路歩き旅

海外旅行

統こけし

マイブログ

山の懐へ

 

温泉でしっかり身体を休め、美味しい食事でお腹を満たした翌日、石鎚山への登りに備え少し遅めに宿を発つ。

国道を1キロほど戻り、コンビニに立ち寄り昼食を購入する。

仙遊寺以降時々顔を合わす青年が、「昨夜は温泉に浸かり、近くの野球場で少年野球のナイターを見ながら寝た」と言いながら、美味しそうに朝食のお握りを頬張っている。どうやら野宿をしたようだ。

 

3140103.JPG

3140104.JPG

401.JPG

 

3140105.JPG

402.JPG

3140107.JPG

 

大頭の交差点を右折、ここから遍路道に戻ると、お札所までは9.5キロの道程だ。

すぐ右手の妙雲寺や、石土神社の珍しい型をした灯篭を見ながら高速道路を潜る。

 

道は妙之谷川に沿って緩やかに登り、所々で小さな集落を抜ける。

道沿いには、たわわに実った名産の柿の木畑も見られるが、人と出会うことはほとんどない。

 

403.JPG

404.JPG

3140108.JPG

 

3140109.JPG

3140110.JPG

3140111.JPG

 

3140112.JPG

405.JPG

406.JPG

 

大郷の部落を過ぎる。川のせせらぎが聞こえる静かな山道の緩やかな登りが続いている。

道中の川縁のこんな山の中にと思うようなところに、たった一軒ポツンと喫茶店が建っていた。

 

道は相変わらず上り坂だが、アスファルト道の勾配は僅かできつくはない。

緑濃い山並みに包まれた川幅の狭まった渓流を見ながら、車も通らない山里の歩きは快適である。

その先で湯浪の集落を超えると、いよいよ人家は見えなくなる。

 

3140114.JPG

3140115.JPG

3140116.JPG

 

407.JPG

3140117.JPG

3140118.JPG

 

3140119.JPG

3140120.JPG

3140121.JPG

 

コンビニから1時間半歩き続けて来たが、足元の勾配が少しきつくなってきた。

車をほとんど見ることもないアスファルト道だが、道端には上り勾配12%を示す標識が立っている。

カーブした道路の先に小さな滝が落ちていて、そこを曲がると道路はその先で通行止めとなり道路脇に駐車場と休憩所が設けてある。

そこは標高300mほどの地点にある登山道の入り口である。

 

 

石鎚の山登り

 

ここからお寺までは2.2キロ、標高745mまでの本格的な山道に差し掛かる。

鬱蒼とした木立の茂る中に続く山道は、急勾配の難路と言うよりは悪路そのものである。

何年か前の水害でここの遍路道にも大きな被害が出たらしく、今も修復は進んでいるようだが、それでもいたるところに被害の痕跡も残されたままになっている。

登り口には、“少しでも危険を感じたら直ぐに引き返すように”と大きく注意書きが出ていた。

 

3140201.JPG

408.JPG

3140202.JPG

 

3140203.JPG

3140204.JPG

409.JPG

 

410.JPG

3140207.JPG

411.JPG

 

3140208.JPG

3140209.JPG

3140301.JPG

 

登山道は昔からの遍路道なのか、霊場までの距離を示す丁石が立てられている。

しかしその距離以上に大変なのは半端ではないその勾配と悪路だ。それは「焼山寺道」に劣らぬ厳しさで立ち塞がり、己の体力に挑みかけてくる。

場所によっては湧水や沢水、湿り苔でぬかるむところもある。橋の壊れた小さな沢は、そのまま石伝いに飛んで超える。

露出した木の根は躓き易い。深くえぐれた赤土の道は急こう配で滑りやすい。不揃いの木製の階段は歩きにくい。

そんなこんなで、ガレ場あり、浮いた石あり、崩れた山道の足元は限りなく不安定で危なっかしい。

 

 

霊峰に建つお寺

 

役小角の開基と言われる60番札所・横峰寺は、悪いことをした人、邪心のある人は、これから先には進めなくなるとする四国遍路における三番目の関所である。湯浪の駐車場から登り始めて1時間半余り、息を切らしながら、足を引きずるように急坂を登りつめると、木立の中に赤い幟旗が立ち、その先に仁王門が見えてきた。

 

 最後の階段を上り、仁王門を潜る。ここに入れば関所も超えることが出来るであろう。

標高750m、四国霊場のうち第三番目の厳しい高所にあるお寺ではあるが、今では車やバスでも簡単に参拝が出来る。

しかし駐車場は境内の反対側に有るので、山登りの苦しさに耐え勝ったものしかこの山門を潜って境内に入ることは出来ない。

 

3140302.JPG

416.JPG

CIMG9624.JPG

 

3140303.JPG

CIMG9638.JPG

3140304.JPG

 

右手に圧倒されるような苔むした石垣が聳え、その前に客殿が建っている。

納経所のある客殿前の石段を登ると右手に権現造りの本堂が有り、反対側左手の奥まったところに大師堂が控え、その間を石楠花の大群落が取り持っている。観光寺らしく、境内にはことのほか参拝客が多い。

 

412.JPG

3140305.JPG

3140306.JPG

 

3140310.JPG

3140308.JPG

3140309.JPG

 

西日本の最高峰、1982m石鎚山の中腹にある横峰寺に至るルートは幾つもある。

一つ目は59番から道なりに進み、麓の妙雲寺から県道147号を進み湯浪から山に入るルート。

二つ目は61番を先に打って、その奥の院を経て山道を上るルート。普通はこの一つ目を上りに、二つ目を下りとするのが一般的で無難な道として知られている。

この他にも6163を先に打ち、黒瀬湖を見ながら有料林道を利用するルートがある。

更には64番まで打ち、石鎚登山口から星森峠を経るルートなど、その選択肢は実に多彩だ。

 

413.JPG

CIMG9633.JPG

3140311.JPG

 

3140307.JPG

3140312.JPG

414.JPG

 

 四日目の宿を予約する折、そこの女将は「6162を打って、荷物を置いて空身で上ると良い。近道の地図も用意しているから・・」と勧めてくれていた。

しかし前夜泊まった宿のフロント男性が、「大部分が舗装された県道で、この方が絶対楽だ・・」と、強く勧めてくれたので、ここでは一般的な道を無難に選択しここまでやって来た。

 




 

| ホーム | 遍路歩き旅 | このページの先頭 |

 

(c)2010 Sudare-M, All Rights Reserved.

 

inserted by FC2 system