コンテンツ

ホーム

サイト紹介

はれのくに

の旅

岡山

遍路歩き旅

海外旅行

伝統こけし

マイブログ

鳥羽街道

 

「鳥羽街道」は平安京の造営に伴い、羅城門から真っ直ぐ南に途中鳥羽を抜け淀の納所へと至る道で、古くは「鳥羽作り道」と呼ばれていたそうだ。大坂・難波からの外国人使節団の入洛路であり、魚や野菜などの物資の輸送路であり、天皇の鳥羽離宮への行幸路で有ったと考えられている。

伏見街道や竹田街道とともに、京・大阪を往来する主要な街道であり、「京・大阪街道」と総称されていた。

 

6020101.JPG

6020102.JPG

6020103.JPG

 

元々大阪と淀を結ぶ間は、淀川を利用した舟運が発達していたことから、淀には港も開けていた。

この淀を結節点として、その対岸の八幡(石清水八幡宮)から東高野街道が延びていても不思議ではない。

こんなことから、京都から淀を経て高野山に到る道を「高野街道・京大阪道」と呼んでいたようだ。

 

 東寺から「鳥羽街道(旧千本通り)」を通り、淀を経て、宇治川と木津川を渡り対岸の石清水八幡宮まで、その距離は15キロメートルほどである。ここから「東高野街道」と呼ばれる河内長野までは、56キロメートル、ここで「西高野街道」と合流し、「高野街道」と呼ばれる道となり、高野山下の九度山までが25キロメートルほどの道程である。

 

6020511.JPG

6020512.JPG

6020513.JPG

6020514.JPG

 

 ここから高野山に上るルートは幾つも有り、その代表的な道が世界遺産にもなった「町石道」で有り、江戸時代の主要な登山道であった「不動坂道」である。何れも高低差数百メートル、距離凡そ20数キロメートルの登山道である。

 

 

葬送の道

 

 平安京の中心を貫く朱雀大路から羅城門を潜ると、その前を西国街道が通っていた。

その東寺口の分岐点から南に向け、下鳥羽を経て鴨川の堤防を伝い、淀の納所まで延びるのが鳥羽街道である。

 

空海雨乞い伝説の残る矢取地蔵寺と言う小さな堂宇の前で国道171号線を渡ると、その街道の入り口だ。

ここは現在の千本通りに重なっている。

この通りは、現在でも京都の町を南北に貫く主要な通りの一つで、北は鷹が峯から南は淀の納所まで伸びていて、その内の二条から南が平安京の朱雀大路に相当し、九条通りから南がかつての鳥羽街道と言うことに成る。

 

6020201.JPG

6020202.JPG

6020203.JPG

 

 色々な説が有るらしいが有力なのが、その昔送葬の地であった船岡山西麓に向け、千本の卒塔婆を立て、送り人を供養したのがその名の由来らしいから、この道は送葬の道でもあったと言う事だろうか。

現在の通りはそんな古を感じさせない明るい通りで、道幅は余り広くはなく狭いながらも歩道も整備されているので歩きやすい道だ。

 

6020211.JPG

6020212.JPG

6020213.JPG

 

 十条通りの交差点の角に、古い常夜灯と石碑が立っていた。

見れば石碑には、正徳六(1716)年の銘が入り、梅鉢の紋様が掘られている。

ここから800mほど西にある、菅原道真公ご誕生の旧地として知られる「吉祥院天満宮」の常夜灯と道標らしい。

菅公と言えば学問の神様として知られているが、脇に立つ看板には、「雷除祭 ゴルフ・登山 安全桑の葉のお守」と書かれていて、どうやらここは雷除けにもご利益があるようだ。

 

6020221.JPG

6020222.JPG

6020223.JPG

 

街道筋のところどころには、一階に千本格子・犬矢来を構え、二階に虫籠窓などの有る旧家が佇み、旧街道の雰囲気を少しだけ醸し出している。そんな旧家は、石の階段を数段上がったところに築かれている。

これはこの地がすぐ西を流れる西高瀬川と、東を流れる鴨川に挟まれた低湿地で、洪水を避けての措置だと窺い知れる。

 


 

儚い悲恋・恋塚淨禅寺

 

 街道を左に曲がると、すぐに右に折れる変則的な交差点の角に「恋塚淨禅寺」が建っている。

入り口脇にある案内板によると、開基は文覚上人とある。

文覚と言えば、平安時代末期の北面の武士・遠藤盛遠その人である。

 

 『・・・ぜひもありませぬ。十四日の夜の戌刻、良人の寝屋へ、さきに忍んでください。その宵、良人にふろをすすめ、髪のよごれも洗わせて、酒などあげて寝ませておきます。・・・どう仰っしやっても、良人が生きているうちでは、あなたのお心に従えもいたしません。わたくしは、遠い部屋で、あなたが、ことをすませるのを、眼をつぶって待っておりましょう。』

(新・平家物語(一)ちげくさの巻 鬼影 吉川英治著 講談社・昭和42年)

 

6020301.JPG

6020302.JPG

6020303.JPG

 

やはり物語のこの一節が思い出される。

盛遠は、同僚である渡辺渡(わたる)の妻・袈裟御前に恋し、渡るとの縁を切ることを迫ったところ、袈裟がそれに応える下りである。

夫を殺してくれと盛遠に持ちかけ、その実、己の操を守るため、自分が夫の身代わりとなり盛遠の手に掛り殺されてしまう。それは執拗を極めた一徹で、脇見を知らぬ男の横恋慕の挙句のことであった。

 

6020321.JPG

6020311.JPG

6020322.JPG

 

6020312.JPG

6020313.JPG

6020323.JPG

 

 恋する人を手にかけ、首を手にした盛遠の驚愕は如何ばかりであったのか・・・。

慙愧の余り痛涙に咽びながら逐電した盛遠の姿を、その後都で見た人はいなかったと言う。

 

 盛遠は悔恨の念からその後出家し、文覚と名乗り、その後伊豆の頼朝の蜂起を導く重要な役割を担うのであるが、この儚い悲恋がその後の歴史を大きく動かしたのである。

 

6020331.JPG

6020332.JPG

6020333.JPG

 

6020341.JPG

6020342.JPG

6020343.jpg

 

「恋塚淨禅寺」から旧街道を暫く歩くと、白粉を塗ったようなかわいい女の子風のお地蔵さんを祀る小さな祠が有り、そこをさらに進むと、その先に茅葺の山門がチョコンと建つ小さなお寺が有る。下鳥羽の「恋塚寺」である。

門前に謂れの書かれた看板が建てられていたが、ほとんど文字が消えかかり、苦労してもなかなか読み取ることが出来ないが、ここも袈裟御前の菩提を弔うために文覚が建てたとの言い伝えが残る伝説の寺である。

 


 

城南宮とおせきもち そして鳥羽離宮

 

 名神高速道の高架下を潜り、その先で鴨川に架かる小枝橋を渡り、すぐに右折し堤防道に出ると道は、大きく左にカーブしながら下って行く。

鴨川の堤防を下りた最初の交差点の角に、「城南離宮 右 よど やわた」と書かれた古い石柱と、その横に「鳥羽伏見戦跡」の真新しい石碑が、白いガードレールに隠れるように立っている。

 

この道を真っ直ぐに進めば城南宮道で、突当りには「城南宮」が有る。

右に折れ、街道をそのまま行けば、左手が「鳥羽離宮の跡」の鳥羽離宮跡公園である。

 

6020401.JPG

6020402.JPG

6020403.JPG

 

6020421.JPG

6020422.JPG

6020423.JPG

 

 幕末の慶応四年、薩摩を中心とする新政府軍と、幕府軍との間で繰り広げられた鳥羽伏見の戦いの火蓋がここで切られた。

丁度この辺りには旧小枝橋が架かっていて、あたりは戦場となり、橋をめぐって両軍が激しく衝突した。

しかし、敗戦を重ねた幕府軍はこの橋を渡り入洛することが出来ず、大阪道への退却を余儀なくされたのである。

 

 「城南宮」は、鳥羽作り道が開かれた折、都の南の鎮守として創建された古社だ。

旧街道を逸れ城南宮道を進むと道の両側に常夜灯が立ち、その先国道1号線の向こうに大きな石の鳥居が見えて来る。

 

6020431.JPG

6020432.JPG

6020433.JPG

 

一方「鳥羽離宮」は、平安時代白河上皇が造営した離宮で、淀川に繋がる池泉を配した庭園の岸辺に、数々の御殿を回らし、同時代に創建された城南宮を組み込んだ離宮は壮大な敷地を有していて、ここは歌会や曲水の宴など数々の宴、船遊びに競い馬など華麗な王朝文化の舞台となった。また白河上皇に始まり、鳥羽、後白河、後鳥羽上皇などと、135年に渡る院政が行われた場所でもある

 

6020441.JPG

6020442.JPG

6020443.JPG

 

 城南宮の前に「おせき餅」を売る店がある。

江戸時代、店に「せき女」と言う娘がいて、編み笠の裏に餅を並べ、道行く旅人に食べさせていたのが大評判になり、「おせきもち」と言う名を残したという。この店の名物「おせきもち」は、一口サイズの腰の強い白餅とよもぎ餅が有り、それに丹波大納言のあっさりとした甘さの小豆餡をたっぷりと惜しげも無く絡めた和菓子である。

450年の歴史を誇る街道の名物には、鳥羽伏見の戦いではお店が焼けたとか、新選組の近藤勇も来店して食べたとか、歴史を感じさせるエピソードが残されている。

 



 

| ホーム | 遍路歩き旅 | このページの先頭 |

 

(c)2010 Sudare-M, All Rights Reserved.

 

inserted by FC2 system