コンテンツ

ホーム

サイト紹介

はれのくに

の旅

岡山

遍路歩き旅

海外旅行

伝統こけし

マイブログ

鳥羽の大石

 

 旧鳥羽街道は、鴨川の左岸に固められた堤防の上に築かれたものだと言うが、そのことは歩いてみると成程と実感できる。街道の西側には鴨川が迫っていて、その僅かの隙間に家並みが続いている。

東側に行くほど下がり、街道沿いの家並みは道路よりも一段と低いところに建てられている。

更にこの地は緩やかな傾斜で下り、そんな底のようなところを南北に国道1号線が貫いている。

 

 旧街道は下鳥羽の「恋塚寺」を過ぎた辺りで大きく曲がり、鴨川により近づいていく。

そんな地に「月の桂」醸造元・増田徳兵衛商店の大きな建物が、黒瓦葺・白壁の良い雰囲気で街道に溶け込んで建っている。

1675年の創業と言う造り酒屋である。

 

6030101.JPG

6030102.JPG

6030103.JPG

 

6030111.JPG

6030112.JPG

6030113.JPG

 

6030121.JPG

6030122.JPG

6030123.JPG

 

 この先で千本通りは堤防に突き当たる。

鴨川と西高瀬川は丁度この辺りで合流していて、昔はこの辺りに鳥羽の港が有ったと伝えられている。

そんな河川敷に下りてみると、河原に綺麗に切り刻まれた大きな石が無造作に置かれているのが目に入る。

 

 近くに建てられた説明板によると、二条城の石垣修理に使われるはずの大石らしく、瀬戸内の石切り場からはるばる運ばれ、この鳥羽の港で陸揚げされるものが何らかのトラブルで川底に沈み、今に残されたものだと言う。

何百年もの間川底に有った物が、市民の手により引き上げられたのだとか。

 


 

「はしり」の語源 草津の湊

 

 旧鳥羽街道、現在の千本通りは鴨川の左岸堤防の下をそれに沿うように南に下っている。

ここらあたりでは、鴨川と西高瀬側が合流し、さらにその西側には桂川も流れていて、この少し下流で合流する。

堤防の上にはサイクリング・歩行者専用道路が整備されていて、ここは堤防下の旧街道よりも見晴らしがよく、川風も気持ちの良い歩きやすい道である。

 

 右岸の堤防まで数百メートルも有るのだろうかと思えるほどに、遮るものも無い広々とした空間が広がっている。

堤防下の街道沿いには、本光寺、天然寺、法伝寺、一念寺など、小さなお寺だが意外と多い。

 

6030201.JPG

6030202.JPG

6030203.JPG

 

6030211.JPG

6030212.JPG

6030213.JPG

 

振り返れば、京都タワーらしき姿も望まれる。京都のもう一つのランドマーク、東寺の五重塔は・・・と探してみるが、さすがにこれはビルに埋もれ、見つけることが出来ない。古の旅人もここら辺りで体を休め、川風に火照った体を冷ましながら振り返り、遠い緑の中に塔を見つけ、自らの足取りを確かめたのではと、そんなことを偲ばせる場所である。

 

 そんなお寺に混じって建つ、お城のような城壁の門を構えた民家の玄関先に、「鳥羽伏見の戦跡」の石碑が建てられている。

その先で街道は左にカーブし堤防からは離れて行くが、そのままサイクリングロードここを直進すると、羽束師橋の下に「草津みなと 鱧海道 由来」と書かれた看板が建てられている。それによるとここにはその昔、草津湊が有ったと言う。

 

6030221.JPG

6030222.JPG

6030223.JPG

 

6030231.JPG

6030232.JPG

6030233.JPG

 

瀬戸内海や四国、和歌山などで水揚げされた魚を積んで、大型の曳き舟がこの川を行き来していた。

この湊で陸揚げされた魚は、鮮度を落とさないために走って京の都に運ばれたという。

そのため野菜や魚の初物を「はしり」と言う語源になったとされている。

ここには魚市場も有ったらしく、近くには「魚市場遺跡」の石碑も建てられている。

海から40キロも離れた内陸に、魚市場が開かれたことは、当時では大変に珍しいことで有ったらしい。

 


 

淀の納所(のうそ)

 

 途中堤防道で、「戊辰役東軍戦死者埋骨地」の墓石を見ながら、古い町並みの中に入ってきた。

なんだか曰くの有りそうな五番橋と書かれた石の欄干の有る小さな橋を渡ると、街道沿いの民家の前に、「納所村道路元標」と書かれた石柱が建っている。近くには船着き場の跡を示す「唐人雁木旧跡」の碑もある。

鳥羽街道の終点、六差路の広い交差点の「淀の納所」の町に入って来た。

 

6030301.JPG

6030302.JPG

6030303.JPG

 

6030311.JPG

6030312.JPG

6030313.JPG

 

 ここらあたりは標高が低く、幾つにも分流した川が合流する場所で、流れがいつも澱んでいたことから「淀」と呼ばれるようになったのが地名の由来とされている。

その淀の納所は「のうそ」と読む、中々に難しい地名であるが、その昔水揚げされ平安京へ運ぶ様々な物資を「納」める倉庫が立ち並んでいた「所」で、かつては水陸の交通の要所として多いに栄えたところだ。

 

6030321.JPG

6030322.JPG

6030323.JPG

 

6030330.JPG

6030331.JPG

6030332.JPG

 

ここは淀城の城下町でもある。

交差点を背に、八幡の町に向け暫く歩くと、左手に淀城址公園の緑濃い森が見えて来る。

二代将軍・徳川秀忠の命により築かれた城らしく、鬱蒼とした森の中に、石垣やお堀が残されている。

この途中の道路脇には、「淀川瀬水車旧跡」も建てられていて、この付近には大きな水車が有り、昔は淀川の水を淀城の泉水に引いていたらしい。城跡には淀の産土神を祀る「與杼神社」も有る。

 

 

街道の結節点 八幡の町

 

その先の京阪電車の車両基地を左に見ながら、国道478号線を潜ると、道は左にカーブしながら緩く宇治川の堤防へと登って行く。

左手から京阪電車の本線が近付き、その鉄橋と国道の石清水大橋、淀川御幸橋の三本が並ぶようにして宇治川を渡ると、右手に「背割堤」と呼ばれる桜の名所が見えてくる。

1.4キロほどの堤に植えられた249本のソメイヨシノが咲くころは大勢の花見客で賑わうと言う。

 

6030401.JPG

6030402.JPG

6030403.JPG

 

6030411.JPG

6030412.JPG

6030413.JPG

 

6030421.JPG

6030422.JPG

6030423.JPG

 

 道なりに進み、続いて木津川御幸橋を渡る。やがてその正面には、どっかと居座る八幡の男山が迫って来る。

多くの物の本では、右手前方に見える男山に鎮座する「石清水八幡宮」を「東高野街道」の起点としているが、中にはこの橋を起点と記しているものもある。

 

6030431.JPG

6030432.JPG

6030433.JPG

 

橋を渡り終えると道端には、「東高野街道」と言う道標も現れるから、この辺りが街道の起点であることには間違いがなさそうだ。

既に「高野街道」に入ったということか。八幡科手の交差点を超えると、道は堤防を緩やかに下り、八幡の町に入っていく。

その先で京阪本線を踏切で超えると、右手には京阪電鉄の八幡市駅、その奥にケーブル駅が見えて来る。

そのまままっすぐ進めば「石清水八幡宮」の深い森で、その前の道が「東高野街道」である。

 



 

| ホーム | 遍路歩き旅 | このページの先頭 |

 

(c)2010 Sudare-M, All Rights Reserved.

 

inserted by FC2 system